コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

電子回路シミュレータ LTspice を使って電子回路を勉強する(2)

こんばんは(^^)/

さて、ソフトが起動しましたので、次はシミュレーションですね(・・)

1.「New Schetch」を選んで、新しいファイルを作成します。
2.ギザギザマークの「抵抗」を選んで置いて、右クリックで抵抗値を決める。
 (今回は、100Ω)
3.次は「電源」を置く。
 コンポーネントアイコン > Misc > battery
 右クリックで、電圧を設定する(5V)。
 鉛筆アイコンで、電源と抵抗を接続する。
4.基準電圧である「Ground」アイコンを置く。
 もちろん、鉛筆アイコンで、接続。
5.シミュレーション開始。
 Simulation > Run >Stop TIme : 1m
6.解析後は、抵抗のところにマウスを持っていくと「電流」が分かり、電線のところでは「電圧」が分かるようです。

抵抗50mA

抵抗5V

思ってたよりも、今のところは (^^)ok
スポンサーサイト
[ 2015/04/13 20:58 ] 電子回路 | TB(0) | CM(4)

電子回路シミュレータ LTspice を使って電子回路を勉強する(1)

おはようです(^^)

さて、本格的に電子系を勉強しなくてはならない状況になってしまいました(^^;
考えた結果。
シミュレーション屋らしく、電子回路シミュレーションソフトを使って、電子回路を理解しよう!と考えました(・・)

まぁ、この本が、最初の一歩を助けてくれたようなものです。
図解&シム 電子回路の基礎のキソ 回路シミュレータで初めてでも簡単! [サイエンス・アイ新書]図解&シム 電子回路の基礎のキソ 回路シミュレータで初めてでも簡単! [サイエンス・アイ新書]
(2007/05/16)
米田 聡

商品詳細を見る


ということで、今日はソフトのインストール作業を(^^)b

1.リニアテクノロジー日本法人のHPへ
 http://www.linear-tech.co.jp/
2.右側上方の「ダウンロード LTspice IV」をクリック(本には左側と記述)
3.「LTspice IV(Windows用)をダウンロード(2014年5月5日更新)」をクリック。
 登録するかどうか聞かれたのですが、今回は「No thanks, just download the software.」を選択しました。
 で、ファイル保存。
4.さて、保存したファイルを実行して、インストール作業ですね(^^)
5.最初は「Accept」でライセンスを受け入れ、「Install Now」でインストール作業を始めます。

スタートメニューにも登録されましたが、今回、私の環境では、ソフトも起動しました(^^)/
[ 2015/04/13 06:42 ] 電子回路 | TB(0) | CM(0)

電子回路の勉強 第3回 トランジスタ

基本的に、スイッチとして使用したいと思ってます(^^)
今回は下図のNPN型を取り上げさせてもらいます。

トランジスタ

実際の素子は、印字面を正面にすると E C B の順に
足が並ぶそうです(^^)

トランジスタ ECB

今回は、トランジスタをスイッチとして使います。
下図のような感じです(^^;

トランジスタによるスイッチ

このとき、流れる電流は次式となります。
  E = B + C

さて、LEDを接続した下図の回路を考えます。
Tr_basic.jpg
電圧 EB = 5V とすると、
  EB = E(LED) + E(R1) + E(Tr)
となります。直列繋ぎなので、それぞれの電圧の和が5Vと等しくなります。
ここで、LEDとトランジスタ動作電圧をそれぞれ 2V、0.7V と考えると
抵抗の電圧は 2.2V。
トランジスタのベース電流を 1mA とする抵抗値を オームの法則で定めます。
  R1 = E(R1)/ I = 2.2 / 0.001 = 2200 Ω
次はR2の抵抗です。
  EC = E(LED) + E(R2)
となります。直列繋ぎなので、それぞれの電圧の和が5Vと等しくなります。
ここで、LEDにかかる電圧を 2V と考えると
抵抗の電圧は 3V。
LEDに流れる電流を 10mA とする抵抗値を オームの法則で定めます。
  R2 = E(R2)/ I = 3 / 0.01 = 300 Ω = 330 Ω

。。。なるほど(・・)
今まで、トランジスタが入って来ると分からなくなったのは、
トランジスタのベース電流などを考えていなかったため、かぁ(^^;
[ 2011/03/04 04:04 ] 電子回路 | TB(0) | CM(2)

電子回路の勉強 第2回 LED

トランジスタの記事を書いていたのですが、回路にLEDを
使うので、トランジスタの先に書きたいと思います(^^)

LEDcircuit.jpeg

LEDの電気特性
1。LEDには極性があり、アノード側にプラス(+)の電圧を
 かける(順方向)と発光します。
2。発光するためには、約2V程度の電圧が必要です。
3。電流は、だいたい 10~20mA で動作させます。
[ 2011/03/03 03:03 ] 電子回路 | TB(0) | CM(4)

電子回路の勉強 第1回 抵抗

高校の時、電気回路の基礎としてオームの法則などを勉強しました。
でも。。。電子回路は全く未知の分野(^^;

できるだけ近寄らないようにしてきたのですが、今回、とうとう
正面から取り組まなければならない状況になりました(・・)

とりあえず、電気回路でも出てきた抵抗あたりから、復習を兼ねて
進めてみたいと思います♪

1.抵抗の図記号
抵抗 R

2.4本表示の場合の カラーコード
   0:黒 1:茶 2:赤 3:橙 4:黄 5:緑 6:青 7:紫 8:灰 9:白
 で -[||||_]- のように狭くなっている方から順に読む。
 4色目の金色は許容差5%を表す。
 例1 -[緑青黒金_]- は -[560_]- なので 56×10^0 [Ω]。
 例2 -[茶緑黒金_]- は -[150_]- なので 15×10^0 [Ω]。
 例3 -[茶黒赤金_]- は -[102_]- なので 10×10^2 [Ω]。

3.定格電力
 抵抗の消費電力Pの2~4倍のものを使用するらしい(^^;
   P = E I = I^2 R = E^2 / R
 例1 5V,50Ωの場合、P = 5^2/50 = 0.5W
 例2 5V,1kΩの場合、P = 5^2/1000 = 0.025W
 例3 5V,15Ωの場合、P = 5^2/15 = 1.7W
 例4 50V,100Ωの場合、P = 50^2/100 = 25W

[ 2011/01/26 20:20 ] 電子回路 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。