FC2ブログ

コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AIプログラミングの練習

こんばんは(・・)

昨日に引き続きまして、以前に購入した以下の本を試したいと思っています。
AIプログラマーを目指す人のための Pythonプログラミング パーフェクトマスター

でも、これ。。。GUIなのですよねぇ(・・)
GUIで操作できるように設定しようとしたのですが、失敗しました(・・)ナイショ
参考は以下。
https://qiita.com/tmikada/items/be27df3affc56eeffd8b
https://qiita.com/sugiyasu-qr/items/ea1948a29940bc0d674c
https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/connect-to-linux-desktop-from-windows/
https://stackoverflow.com/questions/18705042/install-and-make-tkinter-work-on-aws-ec2-instance

まぁ、いいでしょう。
CUIで操作てきるように、ちょっと変更してみますか(^^;

5章
・prototype.pyのprompt関数を変更
def prompt(obj):
p = obj.name
p += ':' + obj.responder.name
return p + '> '
・ptna.pyのL46。print(self.emotion.mood)の代わりに以下を挿入
if self.emotion.mood >= 5:
print("(*^^*) ", end = '')
elif self.emotion.mood >= -5:
print(" (^^) ", end = '')
elif self.emotion.mood >= -10:
print("(*_*) ", end = '')
else:
print("(T_T) ", end = '')

すると、以下のように実行できました(*^^*)

ubuntu@ip-hoge:~/chap05$ python3 prototype.py
Ptna System prototype : ptna
> hello
(^^) ptna:Random> それな
> キレイ
(*^^*) ptna:Pattern> キレイってホント!?ホントに!?
> ばか
(^^) ptna:Pattern> ぷんすか!
> ばか
(^^) ptna:Pattern> ばかじゃないもん!
> ばか
(*_*) ptna:Pattern> ばかって言うやつがばかなんだよ!
> ばか
(T_T) ptna:Random> テンション下がる~
> きれい
(*_*) ptna:Random> それな
>
バイバイ

まぁ、とりあえず、良しとしますか(・・)
# 本を持っていない方へお伝えしておきます。
# このプログラムは、辞書ファイルをチェックして、特定の単語で気分(感情)が変動し、
# その気分を顔文字で表現しています。本では、女の子のイラストなのですが、
# 変更してCUI版としました。
スポンサーサイト
[ 2018/06/26 21:46 ] AWS | TB(0) | CM(2)

AWS(EC2)

こんばんは(・・)

目の前の仕事から、ちょっとだけ目を逸らすため。
ちょっとだけ、AWSを設定してみました(・・;

以下のHPを参考にさせていただきました。
ありがとうございます<(・・)>
 ・AWS EC2を使って無料枠でWebサーバを立ててみた
  https://sil.hatenablog.com/entry/aws-ec2-free-webserver

で、無事にWebサーバをお手本通りに作成することができたのですが、CentOS系列だったのですよ。
たしか、RedHat系列だったと記憶しており、最近はRaspberryPiのお陰?で、ほとんど使ったことのないOSです(・・)

ということで。
一度「停止」して、新しく作成しなおしました(^^)
もちろん、Ubuntuで。

便利かも、しれません(^^)
[ 2018/06/25 20:38 ] AWS | TB(0) | CM(0)

AWS無料枠と最初の設定

専門外の部署への異動が3年前(^^;
来年度も、たぶん、このまま(・・)

そして、このままだと、AWSを使うことになるらしい。。。(^^;

ということで、AWSのアカウントを作成しました(・・)ハイ
AWSを知らない方のために、簡単に説明します。

<AWSとは>
Amazon 社内のビジネス課題を解決するために生まれたアマゾン ウェブ サービス(AWS)です。AWSでは、AWS 無料利用枠で実行できる無料および有料のソフトウェア製品を提供しているとのことです。ウェブアプリケーションがバンドルされた Amazon EC2 環境を数分で起動することができ、これらの Amazon EC2 t2.micro インスタンスの製品を 1 か月あたり最大 750 時間の範囲内で 1 年間使用できる。。。(・・)ナルホド

まぁ、自宅で稼働していたサーバをAWS内に置くことができ、無料枠内で使用すれば \0 らしいです。クレジットカードは登録しなくちゃいけないようですけど(^^;

とりあえず、今日は、
  1.アカウントを作成しました
  2.料金発生の確認方法
くらいかな。2については、以下を参考にさせていただきました(o・・o)
  https://www.skyarch.net/blog/?p=8798

参考HPには、確認方法について、以下のように書かれています。
・ マネジメントコンソールの”請求ダッシュボード”を都度確認する
  → コンソールへログイン → コストの管理:今すぐ開始 → ダッシュボード

早速、確認しました。
もちろん、サービスを利用していないので \0 でした(・・)良かった
無料枠を超えたときに、連絡してくれるサービスがあるらしいので、次回に紹介します<(。。)>
[ 2018/03/12 17:40 ] AWS | TB(0) | CM(0)
プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。