コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もうすぐ寒冷前線が通過

気圧や気温の分布図を作成していたのは、寒冷前線のときに気温や気圧がどのように変化しているか、確かめたかったからなのです。速報天気図(10/28, 21:00)をみたら、温帯低気圧がありました(^^) さて、25ktで移動しているようなので明日の昼頃ですかね。


本日(10/29)、13時から14時にかけて、寒冷前線が通過したようです。無事、画像として記録を残せました。気象庁さん、ありがとうございました(^^)
当然、山形は急な土砂降りでした。今、現在 17:40 ですが、雨の音はしません。降っているとしても、かなりの小雨のようです。
スポンサーサイト
[ 2005/10/29 00:11 ] 天気日記 | TB(0) | CM(2)

朝の降水

今朝,降水がありました.道路がはっきりと濡れていました.

天気予報を確認すると,降水確率10%.
速報天気図をみても,たしかに雨が降る要因が見付かりません.
アメダスの降水をみても,検出されていないようです.

あ,気象衛星画像を見てみると,ちょっと濃い色の雲が通過しています.4時から7時の間くらいなので,時間的にぴったりです.

それにしても,アメダスに引っかからないなんて かなり局地的な降水ですね.気圧や気温センサーを置いて,時系列的にみれば 予測が可能なのかな? 今回は惨敗でした(^^;
[ 2005/10/28 09:36 ] 天気日記 | TB(0) | CM(1)

気象図の整理方法

少し,気象図を整理して見ようかと思いました(^^;
なぜって,自動受信をしているのですが ほとんどみない気象図があふれかえっていて,CDRにバックアップを取るのが辛くなってきたのです.
容量が大きい順に

1.東北電力さんの,落雷情報
2.気象衛星画像
3.アメダスの降水,風,気温 画像

他は,たいしたことはありません.今回は,リンクにある気圧と気温の図に気象衛星画像と速報天気図,アメダス画像を加えて ひとまとめにしてみました(^^)
アップロードするには大きかったので,半分の大きさにしてみました.実際の容量は700KB弱です.

気象図をひとまとめ


さて,あとは,落雷情報とASASや500hPa,300Pa面の気象図などをどうやってまとめようか? 考え中です.


引用:気象庁HP
[ 2005/10/27 11:02 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(8)

積雪深

アメダスのデータを見ていたら,

北海道:
[宗谷(稚内市)・留萌(留萌市)]
[石狩(札幌市)・後志(倶知安町)]
[空知(岩見沢市)]

本州:
甲信地方 [山梨](甲府)

の場所に「積雪深」の項目が加わっていることに気づきました.
でも,なんで 甲府?
良く分かりません.
[ 2005/10/26 18:30 ] 天気日記 | TB(0) | CM(4)

画像の合成

画像の合成を行って、まとめてみました(^^)
3つの画像をまとめるには

montage -geometry +4+4 gra1.jpg gra2.jpg gra3.jpg all.jpg

のコマンドで可能でした。
合成図デス。

3画像の合成


これで、整理しやすくなり、また、画像を縮小しているのでディスクスペースも有効利用できそうです。
基本的に、自分の勉強として毎時間ごとに更新を行いたいと思います。見たい方は、リンクに登録してありますので どうぞ(^^) ただし、著作権は私にありますので 御注意です。
[ 2005/10/26 11:16 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

日付の表示

少しずつ、ほぼリアルタイムに気圧の分布を表示するプログラムができてきました(^^) 今回は 日付を表示できるようになりました。

日付の表示


051025 は 2005年 10月 25日。11 は 11時を表しています。
[ 2005/10/25 13:31 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

気象庁:速報値の書式

今まで、古い方の速報値を見ていました(^^; ブックマーク(お気に入り)を変更し忘れていたのですね。先ほど確認してみたら、×印が記載されていて、「あれ? アメダスの故障かな」と思い 他の地点も見てみたら ×だらけ。とうとう、リンク先の更新をしなくてはならなくなりました。

新しい速報値との変更点は
1。日照時間と湿度の場所が交換
2。風速の表記が、「風弱く」から「静穏」に変更
3。「風弱く」のときは風速の表示が無かったが、「静穏」でも風速は表示
4。日照時間が無い場合は 空白
5。場所を表す番号が変更

同時に、地衡風速の計算プログラムをこれから変更したいと思います(^^;
[ 2005/10/25 13:26 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)

エマグラムの勉強

局地気象の理解にはエマグラムが必要だな、と考えながら昨日はエマグラムの勉強をしていました。で、そのとき思ったことが一つ。海陸風、山谷風は気温の上昇・下降によって発生します。気温が上がると上昇気流ができて山の斜面に沿って空気が移動したら...と考えてみました。

気温分布図と山谷風


高度と気温分布を考えるときにエマグラムが必要になってきます。気象庁による観測点が●で、地上気温から乾燥断熱変化そして湿潤断熱変化をすると細線のような気温の変化をしますね。

エマグラム


山の斜面に沿って空気が移動するなら、ある高さまでは斜面付近の気温は低くてその後の気温は高くなる。そうすると、山の辺りでは熱性低気圧が発生する。と、つながってきました。

大雑把には、こんな考えで良いのでしょうか。もし、「それ、違うよ」という意見がありましたら、教えてくださいませ(^^)
[ 2005/10/24 13:06 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)

vi エディタ

以前は、vi と Emacs のどちらでもなかったのです。ところが、最近の vi はとても使い勝手が良くなったので、vi の操作方法を良く調べてみようと思いました。調べた結果、以下の便利なコマンドがあることを知りました(Vine3.2で確認)。

[u].........................アンドゥ
[.].........................リドゥ
[/文字].....................検索
[/]or[n]....................次を検索

[:%s/検索文字/置換文字/g]...置換
[:set nu]...................行番号の表示
[:set nonu].................行番号非表示
[:<]........................タブを一段浅く
[:>]........................タブを一段深く

[Ctrl+W][s].................ウインドウを2分割
[Ctrl+W][o].................ウインドウを1つに戻す
[Ctrl+W][Ctrl+W]............次のウインドウに移動
[Ctrl+W][+].................ウインドウを大きく
[Ctrl+W][-].................ウインドウを小さく
[ 2005/10/21 09:21 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

画像の装飾

ImageMagickのconvertを用いて文字を少し、縁どりも少し、入れてみました。大きさも ちょっと大きいかな、と思っていたので多少リサイズ。

convert -fill white で白色の文字を画像に入れることができました。
convert -border 10x10 で縁どりすることができました。
convert -resize 60%x60% で60%の大きさにリサイズすることができました。

リサイズ後の画像


問題点は、Vine3.2 では動作したのですが、Vine2.1.5では
convert -fill white
が使えませんでした。どうやら古いバージョンだったらしいのです。Vineのサイトでは、すでに Vine2.1.5 のメンテナンスは終了しているらしいので、ImageMagickのHPをさがしました。
http://www.imagemagick.org
最新のものをダウンロードし、コンパイル、インストールしたのですが、どうもうまく動作しません(泣)
[ 2005/10/19 11:17 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

速報値による等圧線図

現在、どの程度の大きさまで広げたら使いやすいかを検討中です(^^; とりあえず、青森県から愛知県あたりまでを対象にデータを作りなおしてみました。図は今日の9:00のデータを使用しています。ちょうど、東北地方の東側に高気圧がありますね。でも、内陸側は大き目に計算されているのですね。補正をするとしたら、気温で補正かな? 面倒そうです。思い切って内陸側を外すのも良いかも知れません。

こんな感じのグラフを、気圧、気温、(風速?) で作成するとどうだろうか、と思案中です。気圧データはそのまま使うとして、気温データは高度補正をしなくてはいけませんよね。今、読んでいる本には 0.6度/100m 程度の補正量が書かれていました。

図の大きさは、気圧データはこのくらいで良いかも知れません。が、気温だとこの前くらい小さいと良いかも。アメダスデータを使用できるので データ数は増加しますからネ。

局地気圧図の拡張

[ 2005/10/17 16:31 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(10)

局地天気図

局地予報の勉強を始めました(^^)
ところが、流線の書きかたからちょっとつまってしまいました。分かっていたようで、実はあいまいに解いていたことがはっきりしましたので、局地天気図の勉強の基礎から始めようかと思っています。

で、今日の仕事の合間に作成したプログラムによる図です。
局地気圧図


番号は地名を表していて、色は各地の気圧を基に割り付けたものです(赤が高くて、青が低い)。1が酒田で、4が新潟、6が仙台という感じです。使用したデータは、今日の9:00のデータです(^^) ちょうど、太平洋側が高気圧なので、色で分かるかと。作成して思ったことは、気圧データは思ったほどないのですネ(泣)

もうちょっと、自動的に気圧データを収集できれば 面白いかな? と思っています。でも、流線はあきらめました。アメダスの図に 手で描いた方が 良さそうだったので(^^;
[ 2005/10/14 18:12 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(4)

布団を干した後

「布団を干した後に布団を叩くのは布団の繊維を傷める」

このような事を言っていたTV番組を見たことがあります。実際に布団の繊維を拡大して、比較実験も行っていたので信憑性はありました。でも、これって、布団を大事にしているのですが、人間には優しくないようです。
ハウスダスト対策としては、

「布団を干した後、叩いた後に掃除機」

が良いようなのです。なぜなら、ハウスダストの原因にダニなどの屍骸があるからです。

今の季節は「秋」です。喘息気味(ハウスダストアレルギーの可能性あり)の私としては、ちょっと、気になる話でした(^^)


参考文献:村山、病は気象から、実業之日本社

[ 2005/10/13 18:12 ] 気象病と小児医療 | TB(0) | CM(6)

気象病 : 気温・気圧の急激な低下

気温が急激に低下すると、リウマチや関節痛がひどくなることがあるそうですね。文献によると、だいたい 3度/H 程度の気温の変化があるとき、特に激しい痛みを伴うようです。

こんなとき、少しでも緩和したいと思っているでしょう。
薬も良いですが、あまり使いたくない人も多いと思います。
急激な変化によって引き起こされるのであれば、対策をとって変化を緩和させれば良いことも想像できるのではないでしょうか。

気温の急激な低下には、通常よりも少し暖かい服装で皮膚の温度が下がるのを防ぐことが大切だそうです。首筋などを冷たいタオルで拭くのも効果があるそうです。

気圧の急激な低下に対しては、前線通過の時間前後の外出をなるべく控え、家の中では機密性の高い部屋で過ごすことにより、気圧の変化が緩和されるようです。例としては、アルミサッシの窓などで外気と遮断された部屋や、空気循環を内気循環にした車の中。
[ 2005/10/13 17:58 ] 気象病と小児医療 | TB(0) | CM(2)

PC-AE30J

やっと、購入したパソコンの設定を始めることができました(^^) 今回購入した ノートパソコンは、Sharp のものでした。
購入して分かったことは、

1. ハードディスクが始めから分割されている。
/dev/hda1 : Windows C ドライブ
/dev/hda5 : D ドライブ
/dev/hda2 : マウントされていない
2. リストアイメージが /dev/hda2 に入っており、
ハードディスクからリストアできる。
3. やっぱり、Vine3.1はインストール不可

ということで、/dev/hda5 に Vine3.2 をインストールしました。
インストール後、PCカードスロットが使用できることを確認。
(Epson NT2700 では PCカードが使えなかった)
ちょっと、うれしくなりました(^^)

で、本日設定したのが、CD-R と 動画再生ソフト gmplayer です。
# cdrecord -scanbus
を実行したのですが、ドライブを認識しませんでした。ところが
# xcdroast
を実行したところ、始めの起動時に検索してくれたようです(^^)

gmplayer は、synapticでインストールしようと思っていました。
設定 > リポジトリ
から 新規 を選んで、

URI : http://ftp.icm.edu.pl/pub/linux/mplayer-rpms/apt/
ディストリビューション : all
セクション : stable testing unstable

URI : http://ftp.icm.edu.pl/pub/linux/mplayer-rpms/apt/
ディストリビューション : 7.3
セクション : stable testing unstable

と、これで以前はインストール可能な状態になったのですが...、あれ? mplayer 本体が無いようです(泣)。さらに 検索してみると別の設定が書かれている場所を見付けました。

URI : http://rpm.greysector.net/apt/
ディストリビューション : all
セクション : stable testing

URI : http://rpm.greysector.net/apt/
ディストリビューション : fc1
セクション : stable testing

無事、インストールが完了できました。適当な MPEG ファイルを再生しようと思ったのですが、エラーメッセージが...!
結局、以下の設定を追加しました。

# ln -s /dev/hdc /dev/dvd
gmplayer を起動後、preferences > Video > x11 に変更

再生することを確認。本日の設定は無事に終了しました。
ソフトを作成された皆様、情報を公開されている皆様、ありがとうございます。
[ 2005/10/12 17:19 ] リナックス | TB(0) | CM(1)

第25回気象予報士試験に向けて

とうとう、発表されました。今日は第24回試験結果の発表日。
予想通りだったのですが、ちょっとは期待していたのですが、残念でした。でも、学科はこれで2つとも合格なので、次回は実技試験に集中できそうです(^^;

当面はまだ時間的な余裕がある(これがいけないのかもしれません)ので、局地予測に関する本を読んでみたいと思ってます。

  中田、天気予報のための局地気象のみかた、東京堂出版

を読んでみようかと(^^; 期待はずれなら仕方ありません。そのときは、過去問題を解きながら、実際に予測する練習をするだけです...が、うーん、これはちょっと考えたいと思います。準備がどのくらいかかるかですね。
[ 2005/10/07 15:38 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(13)

熱中症

今年の夏は、特に「熱中症」に関する話題が多かったように思えました。で、季節外れですが調べてみました。

熱中症とは、周囲の気温が体温と同じかそれ以上になると、身体の熱が外に逃げなくなって、体温が上昇し、吐き気、めまい、脱水症状になる。
気温が31度くらいから発症者が増加する。これは現場の気温が気象台より高くなっていることが考えられる。また、湿度が60%以上になると汗が蒸発しにくくなるため同じ気温でも、より危険度が上がる。

一般的には、以下の症状があるそうです。

○ 汗の量が体重の4%を超えた場合(50Kgの人で2ℓ)は、
  口や喉がカラカラの状態になる。
○ 体重の6%を超えた場合(50Kgの人で3ℓ)は、唾液が止まり、
  言葉をしゃべることができなるなる。
○ 体重の20%を超えた場合は、死亡につながる恐れがある。

TVでも見たことがあるのですが、1ℓの汗には2gの塩分があるので塩分補給をする必要があります。スポーツドリンクがいいようですね(^^)

これらを調べて、「なっとく」したことは、
○ 現場の気温は、高くなっている。
○ 外気温と体温が同程度なら、熱の移動が無くなる。
○ 湿度が高いと、汗をかきにくくなる
ですね。一つ一つは、分かっていてもつなげて考えると「熱中症」が少し分かった気がしてきました。


参考文献:村山、病は気象から、実業之日本社 
[ 2005/10/07 10:32 ] 気象病と小児医療 | TB(0) | CM(1)

パソコン、買っちゃいました(^^)

2か月前、7年間愛用していたノートパソコンが起動しなくなってしまいました(泣) 本体から、「カラカラ」と、たまーに嫌な音がなるようになって...そろそろかな、と思いながら使っていたのですが とうとう。

それにしても、以前購入したときは 40万円程したノートPCが今は安いのですね。9万円弱で購入できました。その分、壊れやすいのかな? 気を付けなくちゃ。
[ 2005/10/04 22:30 ] その他 | TB(0) | CM(10)

花粉症と寄生虫

この間、花粉症に似た症状がでたときにいろいろ検索しました。そこには、
 「サナダムシのような寄生虫を飼うことで、免疫力が上がり、
  花粉症になりにくい体を作ることができる。」
という恐ろしいものもありました。ちょっとだけ、本気で考えてしまいましたが(^^; 軽度だったので自分の免疫力を上げようと思い、高麗人参とニンニクを積極的に摂取することで決着がつきました。

さて、本を読んでいたら、「寄生虫に感染していても花粉症にならない」という説は、科学技術省の「スギ花粉症克服に向けた総合研究」による調査で否定された、と書かれていました...

危なかったです(^^;
でも、花粉症ではないですが、海外では積極的に「ダイエット」のために飼っているらしいですよね。


参考文献:村山、病は気象から、実業之日本社
[ 2005/10/03 17:47 ] 気象病と小児医療 | TB(0) | CM(9)
プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。