コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今日の天気

現在の天気は「曇り」ですが、太陽が少し見えて来ました(^^)
天気予報では、午前に20%の降水確率があるようですが、午後は0%となっています。

低気圧は過ぎ去り、全国的に(北海道を除く)晴れが多い中、20%の降水確率について見て行きたいと思います。

1.25度間隔のGrADS画像では、この辺りは...晴れですね。朝方の降水も予測されていません。今日の朝に入手したMSMを見てみますと、
MSM(T03)→ 6時:降水あり、特に庄内南部
MSM(T06)→ 9時:1mm以下の降水
MSM(T09)→12時:庄内南部に1mm以下の降水
となっているようです。
降水の大きさは多少ズレていますが、シナリオとしての傾向としては十分にあっています。風は北西ですので、こちらにはたぶんこないでしょう。

RSM画像も見てみましたが、こちらでは山の影響が不十分のようで、降水域が結構ズレています。MSMよりもメッシュは粗いので、より大きな概略をみると言う意味では正しいのでしょうね。

スポンサーサイト
[ 2006/09/28 09:59 ] 天気日記 | TB(0) | CM(16)

RSMモデルとMSMモデルの降水画像

こんにちは。
はじめに、地球流体電脳倶楽部さん、ありがとうございます。
最近のデータはNetCDFに変換されており、すぐにGrADS画像を作成きるので、とても助かります。

ということで、試行的にRSMとMSMの降水画像を作成してみました。
MSMはデータが大きく、とても驚いています。
2ファイルに分割されているのですが、1ファイル当たり90MB程度となっています(^^;

とりあえず、いつもの場所からみれます(^^)
[ 2006/09/20 16:03 ] GrADS | TB(0) | CM(0)

台風13号、温帯低気圧化による降水?

昨日19時頃、強い降水がありました。下図は18時(たぶん)のMSMモデルの解析結果です。T03が21時の気圧分布と前3時間降水量となっています。さすがは、MSMです。局所的な降水がきちんと描画されていました。

MSM-T03


0.5mm/3Hでシアン。その後は1mm/3H間隔で色を変えてあります(5mm/3Hまで)。

MSM-T06


GrADS画像(1.25度間隔)では降水の影はありませんでした。天気図を見ると台風が温帯低気圧となり、前線が伸びて来ていたので「これか?」と思いました。
しかし、850hPa面の鉛直p速度、気温、風速を見てもそれらしいものは見当たりません...
時間とともに、等温線が混んできているので、寒冷前線の通過ではなく、発生? と考えるべきなのでしょうか。
[ 2006/09/20 13:04 ] 天気日記 | TB(0) | CM(3)

続:GPVデータの入手

別の入手先を見付けました。地球流体電脳倶楽部です。
データがGSM、RSM、MSMと入っています。
どうやら、HITのようです(^^)

さて、自動的にデータをDLするのはいつものようにスクリプトを組めば良いのですが...
GSM→GRIB
RSM→国内2進
MSM→GRIB2
という、データ形式であるそうです。とりあえず、RSMのデータを読むためのツールを探しました。
...どうやら、NetCDFというファイルを読むためのツールをDLすればなんとかなりそうらしい(^^;
$ wget http://www.gfd-dennou.org/arch/netcdf/unidata-mirror/netcdf.tar.Z
で入手して、解凍。
$ ./configure
$ make
# make install
と、とりあえず、インストール成功か?
(f90が見当たらないから、関連のコンパイルはしなかったらしい)

------------------------------------------

いろいろ試行錯誤しながら準備しようとしたのですが、エラーが出て進みません(^^;
もう一度電脳さんのHPを良く見ると、
http://ruby.gfd-dennou.org/
にVine3.2用のデータがあるではないですか。Synapticを準備し、書いてある通りにしたところ、gpv2ncのコマンドが現れました。電脳さん、ありがとうございます。

では、これから、データの変換作業と作図練習を行って行きます。
[ 2006/09/13 15:05 ] GrADS | TB(0) | CM(0)

GPVデータの入手(筑波大学から)

気象シミュレーション研究会のHPを見付けました。
http://gpvjma.ccs.hpcc.jp/~gpvjma/index.html

どうやら、非商用で利用するならば気象庁さんから提供されるGPVデータを使用できるらしい。登録は以下の(*)マークが必須項目で、メールアドレス、名前、名字、所属(たぶん)を半角英数字で入力してみました。

E-mail Address (*)
First Name (*)
Family Name (*)
Affiliation (*)
Title
Nationality

次のページに進むと、このデータの使用条件が書いてあって(たぶん非商用に限るとか)、条件を守れるならば「チェック」して次のページへ。使用条件は長い英文だったので、見たい方は、この本文の下の方に載せておきますのでどうぞ(^^;

さて、これでデータを見れるそうだが、返信メールが来てません。続きは、また。


...まだ、メールは来ていないのですが、期待していたサービスでは無かったようです。アーカイブをちょっと見たのですが、2005年のリストしかありませんでした。
[ 2006/09/12 15:34 ] GrADS | TB(0) | CM(15)

気になる「9月9日」の天気

今度の土曜日は、ちょっとしたイベントがあります(^^)
そろそろ、傾向がわかるかな? とGrADS画像を見てみました。

...ちょっとあやしいけど、なんとかなりそうな気も。

気になるのは、当日、東経126度、北緯23度付近にある低気圧。
降水を伴っている。
前日より気圧が下がっている。
地上風はもちろん反時計回りに回転。
あまり資料はないけど、これって熱帯低気圧かな。

台風に化けるのでしょうか?

[ 2006/09/05 18:48 ] 天気日記 | TB(0) | CM(6)

DVDドライブの使用

今日はVineLinux3.2でDVDドライブが使用できるかどうか試してみました。噂では、使用できるらしい...ということだったので(^^;

今回使用したドライブは、BUFFALO さんの DVM-RXH16U2 というものです。添付ソフトでできなかったのは、DVDビデオの作成ですかね(^^; これについては、こんど気が向いたときにでも。

で、結果ですが、ちゃんと認識しました。
使えそうです(^^)
手順を以下に書いておきます。参考にしたHPは
http://park15.wakwak.com/~unixlife/linux/app-prodvd.html
です。

1. ftp://ftp.berlios.de/pub/cdrecord/ProDVD/ にいく。
2. cdrecord-prodvd-2.01b31-i686-pc-linux-gnu をゲット。
3. README をゲット。
4. # cp cdrecord-prodvd-2.01b31-i686-pc-linux-gnu /usr/lib/xcdroast-0.98/bin/cdrecord.prodvd
5. #chmod 755 /usr/lib/xcdroast-0.98/bin/cdrecord.prodvd
6. xcdroast を起動して、[設定] > [付加機能] > [CDR_SECURITYキー] にREADMEファイルにあるkeyを入力します。
CDR_SECURITY= の先に書いてある、ながーいトコロをコピーして張り付けます。

これで、終了してから、もう一度 xcdroast と起動すれば、ワーニングも出ませんし、もう一度デバイスを自動認識させれば、リストの中にDVDも追加されてます(^^)

[ 2006/09/01 02:44 ] リナックス | TB(0) | CM(0)
プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。