コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

wacomタブレットの設定

チェックしたこと。

(1) # cat /proc/bus/input/devices に以下を確認
I: Bus=0003 Vendor=056a Product=0014 Version=0314
N: Name="Wacom Graphire3 6x8"
P: Phys=
S: Sysfs=/class/input/input5
H: Handlers=mouse2 event3
B: EV=f
B: KEY=1c43 0 70000 0 0 0 0 0 0 0 0
B: REL=100
B: ABS=3000003

(2) /etc/X11/xorg.conf の設定
Section "ServerLayout"に追加
InputDevice "Cursor" "SendCoreEvents"
InputDevice "Stylus" "SendCoreEvents"
InputDevice "Eraser" "SendCoreEvents"

Section "Module"に追加
Load "wacom" # Wacom Device Driver

そして、マウスの後の"InputDevice"の後に追加
Section "InputDevice"
Identifier "Stylus"
Driver "wacom"
Option "Device" "/dev/input/event3"
Option "Mode" "Absolute"
Option "Type" "stylus"
Option "USB" "on"
Option "Threshold" "10"
EndSection

Section "InputDevice"
Identifier "Eraser"
Driver "wacom"
Option "Device" "/dev/input/event3"
Option "Mode" "Absolute"
Option "Type" "eraser"
Option "USB" "on"
Option "Threshold" "10"
EndSection

Section "InputDevice"
Identifier "cursor"
Driver "wacom"
Option "Device" "/dev/input/event3"
Option "Mode" "relative"
Option "Type" "cursor"
Option "USB" "on"
Option "Threshold" "10"
EndSection

そして、最後に gimp を起動して。
環境設定から Stylus を画面に設定。
どうやら、筆圧感知は OK っぽい(^^)
...あれ? こんどはツールが変更できない。フリーズ気味です。
まだまだ設定は終わらないようです(^^;
[ 2007/01/31 00:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

wacomタブレット on Vine4.0

ワコムタブレットを持っているので、Linuxでも使えたらいいなぁと思いためしてみました。

つないだところ、普通に認識するようです。
マウスの代わりにはなるかな?

問題は、筆圧感知です。
Gimp2.2が入っているので起動してみます(^^)
...(^^; どうやら、筆圧感知はされないようですネ。

...
...
...
どうやら、その他に設定することがあるようです。
では、また明日(^^)
[ 2007/01/30 20:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

久々の鳥海山(^^)

おはようございます(^^)

今日は久しぶりに鳥海山と出会うことが出来ました。
本当に久しぶりという感じです(^^)
鳥海山20070129

# Zoomがないカメラだったので、鳥海山は小さく写って
# いますが、しっかりと顔を出しています(^^)
# 皆さんのこれから。良い方に進むと良いですネ。

今日はこれから出張、です...(^^;
月山の様子を見ながら、山越えをしていきたいと思います。
ちょっと疲れ気味なので、ドリンク剤を飲んで、と。
さて、出発しますか。

いってきまーす。
[ 2007/01/29 07:00 ] 天気日記 | TB(0) | CM(0)

1ヶ月予報:平年並の範囲

1ヶ月予報の勉強を始めたのですが、検証をしようとしたらすぐにつまずいてしまいました。原因は「平年並ってどのくらい」かが分からなかったからです。

始めにチェックしたのは「アンサンブル予報」の本。
でも、それについては書かれていませんでした。

次にチェックしたのは「1ヶ月予報ガイド」です。
...でも、ない。

そんな ある日。
気象庁さんのHPで季節予報をみていたら、「参考資料」の文字を見付けました。今まで気にしていなかったのですが、今回は何げにクリック。そう、ここだったのです(^^)

東北地方の場合は以下のURLです。
http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/102_00.html

つまり、毎回「このHPを見てください」ということなのですね。...過去の検証をしたいときにはどうすれば良いのでしょう(^^;
# 過去のデータって入手できるのでしょうか?

これからは、たまに見にこなくちゃ(^^)
...でも、面倒になると思うので、いつもの通りコンピュータさんにお願いしておきます...。
[ 2007/01/26 18:00 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(13)

気象予報による意思決定

気象に関わっているのですが、直接予報を行う立場にいないため、もともと工学系の人間であるため、数値的に判断をしたいと考えていました。ただ、今まで、どのようにまとめたら良いのか...(^^;

そんなとき、この本に出会うことができました。
気象予報による意思決定―不確実情報の経済価値 気象予報による意思決定―不確実情報の経済価値
立平 良三 (1999/09)
東京堂出版

この商品の詳細を見る

この本は、以下の6章からなっています。
第1章:予報精度の検証
第2章:予報による意思決定
第3章:ベイズの定理と意思決定
第4章:気象予報の経済価値
第5章:動的意思決定
第6章:確率予報の基礎

現在読んでいるのは、第1章(^^)。

そして、予報精度の検証をExcelとかで試して見たくなりました。うまく試せたら(気が向いたら)、公開するかも知れません。

# 昨日書いたと思った日記が消えていました(^^;
# どうやら、保存し忘れていたようです...
[ 2007/01/25 12:30 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(2)

音楽CDの整理

皆さん、音楽CDって邪魔ではありませんか?
邪魔といっても、場所的に(^^;

私は最近整理を行いました。
ケースから外して、CDのみを保管する方法にしました。
すると、あんなにあった「邪魔なケース」たちは一つのスリムなケースにすっぽりと。

そう、スリムなケースを見付けたのです。
電気やさんで売っている布製のものは 分厚くてダメ。
# かさばってしまいます...
アルミケースも見付けたのですがちょっと小さい。

で、お薦めはTUTAYAで売っているケースです(^^)
こんな感じのです。
CDケース


この面でCD4枚しまえます(^^)
全部で 120枚入るのに 厚さが 5.5cm だけ!
皆さんの近くのTUTAYAにはありますか?
[ 2007/01/23 00:00 ] コンピュータ一般 | TB(0) | CM(9)

さらに、設定です(Vine4.0)

音がでていないようです。
前回、sndconfigがあったのですが、インストールしていないようなので、synapticにお願いしました(ktermも)。
...実行してみたのですが、soundcore.oがないと注意をうけてしまいました。...なるほど。
今度は /usr/sbin/alsaconf で設定してみます。
(alsamixer, gamix で音量を変えられるそうです ^^)
設定が完了しました。
alsamixer はコンソールなので、aumix-X11 をインストールします。

動画再生は、totemというソフトがあるようですね。

プリンタは、今回CUPSを利用してみます。
ネットワーク上の LPD を利用しています。
私のネットワーク上のキューの名前は「lpt1」。
使用しているプリンタは LP-1800 なのですが、ドライバは LP-xx00 を使用します。
そうしないと、罫線の印刷が出来ないのです(^^;

忘れてはいけないです。AdobeReaderもインストールします。
解凍して、移動して、suして、./INSTALL、と。
プラグインは失敗したみたいなので、2の手動にして、2のユーザ指定インストールにしたらOKのようです。
...あ、ダメか。とりあえず、標準ソフトでいいか(^^;


削除するソフトもあります(^^)
emacs, TrueType-sazanami

さて、ファイルの整理しましょうかネ(^^;
LiveCDを作成したいしね(^^)
[ 2007/01/22 00:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

VineLinux4.0 作業環境の構築

さて、基本パッケージのインストールは終了したので追加インストールなのですが、さっき間違えて消してしまいました(^^;
...憶えている範囲で、インストールしたファイルを書きます。

synapticを起動します。
1.xfceで検索し、task-xfceを選択。
2.glで検索し、XOrg-gl, XOrg-gl-devel, Xgl, freeglut, freeglut-devel, t1lib, t1lib-progs, vis5d+, vtk, vtk-tclを選択。
3.gccで検索し、gcc-g77, gcc295, gcc295-c++, gcc-cpp, gcc4, gcc-cpp, gcc4-gfortranを選択。
4.motifで検索し、openMotif, openMotif-develを選択。
5.anthyで検索し、anthy-elを選択。
6.fluxbox
7.canna, uim-canna, canfep
8.xemacs, xemacs-sumo
9.aumix-X11
10.gv
11.uim-xim, uim-tomeo-gtk, uim-gtk, uim-fep, uim-el, kinput2, kterm
12.gqview
で、「適用」を押してインストール。
...だったと思います(^^; 一応、/var/cache/apt/archives を見てみると...そんな感じかな、うん。

次は、フォントですね。
TeXファイルをコンパイルして、...あ、gvが入っていないので、gv をインストール。うん、標準フォントも結構キレイになったようです。
さて、Vine3.2のフォントをいれてみます(Disk 1)。
# CDROMは /media に自動認識されました。
rpm -Uvh TrueType-dynafont-1.0-0vl1.noarch.rpm
rpm -Uvh TrueType-ricohlx-4.5-0vl1.noarch.rpm
...使えるかなぁ...あ、ダメっぽい。

そうそう、Vine3.2でリコーフォントを使うttf.confだっけ? あれがアップデートされていたっけ。...ダメですネ。
...そういえば、サザナミフォント(TrueType-sazanami)を削除すればいいっていってたっけ。...削除、と。...OKのようです(^^)

さて、前回設定していた、Emacsの設定をしますか。
.emacs.elを編集します。
(setq emacs-ime "anthy-el")とし、以下を追加します。
(define-key anthy-mode-map "$" 'YaTeX-insert-dollar-or-anthy-insert)
(defun YaTeX-insert-dollar-or-anthy-insert ()
(interactive)
(if (eq major-mode 'yatex-mode)
(YaTeX-insert-dollar)
(anthy-insert)))

ランチャの登録です(^^)
uim-toolbar-gtk # 日本語入力ツールバー
tkaddwdcv2.tcl # Canna辞書登録ツール


[ 2007/01/21 00:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

VineLinux4.0のインストール

前回インストールしたのですが、/home を3.2のときのままにしておいたら tgif というドロー系のソフトで日本語入力ができなかったのでもう一度インストールします(^^;

○ 前回(Vine3.2)の設定項目
/dev/hda5 5GB /
/dev/hda6 6GB /home

Generic VGA Card : VESA driver, RAM 16384
→ 16 Depth, 1024×768

○ 今回のインストール
1.モニター未検出
→ Generic LCD Display 1024×768, 31.5-48.5kHz, 40-70 Hz
2.インストール(1)
3.カスタム
4.Disk Druidを使用して手動パーティション設定
5.今回、/dev/hda3 の vfat 領域をLinux用にします(^^)
/dev/hda1 : 20002 MB
/dev/hda2 : 4996 MB /
/dev/hda3 : 4996 MB /tmp
/dev/hda5 : 8157 MB /home
/tmpを作成したのは、CD起動のLiveCDを作成したいから(^^)
6.ブートローダは GRUB
7.ネットワークの設定
8.ファイアウォールは無し
9.パッケージの選択(追加したもの)
エディタ
グラフィカルインターネット(gftp)
テキストベースのインターネット(w3m-img)
オフィスツール(gpdf, xdvik)
サウンドとビデオ(xcdroast)
TeXドキュメント処理(全て)
FTPサーバ
NFSサーバ
開発ツール
管理ツール(synapticなどはココでした^^;)
印刷サポート(eplaser-cups)


[ 2007/01/20 00:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

ホームとビスタ

忘れないうちに書いておきます(^^;

まず、Winなビスタ(Vista)ですがかなり重いらしいですね。知人がインストールしたらしいのですが、今までのWinと比較してかなり重いと言っていました。しかも、メインメモリが1GBが推奨される標準メモリらしいです(^^;

そして、Win Xp Homeのサポート期間が延長されました。これは、私にはうれしい話です。Win 98もかなり延長されていましたよね。
[ 2007/01/19 00:00 ] コンピュータ一般 | TB(0) | CM(3)

ソフトのインストール作業

ウイルスセキュリティZEROをインストールしようとしたら、McAfreeというアンチウイルスソフトが入っているとメッセージがでました。
どうやら、プリインストールされていたようです。
なので、削除方法がわからず...(^^;
検索した結果、削除ツールを見付けました!
http://www.mcafee.com/Japan/mcafee/faq/howtodownload.asp
です。

コンパイラの情報を新しくGETしました(^^)
borland社のbccは知っていたのですが、fortran77コンパイラは無料のものが無く困っていたところです。
ありがたく使わせていただきます。
http://www.salfordsoftware.co.uk/
ここから、
Software > Downloads > Compilers
とメニューをいくと、fortran77コンパイラが出てきます。
使い方は、ちょっとクセがあるようです。
コマンドラインから、file.forというファイルの場合
> ftn77 file /lgo
とすると実行ファイルの作成、そして実行となります。
その他の使い方は、説明書をお読みください(^^)

そして、購入されたDVDですが...(^^; PCで鑑賞するときに毎回入れ換えするのが大変だとは思いませんか? そんなときに、あらかじめHDにいれておくソフト(仮想化ソフト)があります。今回紹介するのは、最近FREEになったものです。
ソフト名は「Alcohol 52%」というそうです。検索すると、使い方などいろいろ出てきます。私は、普通にインストールした後、ツールバーだけUnInstallしました。とても便利みたいですヨ。
[ 2007/01/18 00:00 ] コンピュータ一般 | TB(0) | CM(1)

再インストール

フリーのアンチウイルスソフト(AVG Free 7)をインストールしていたのだが、元のソフト(K7 ウイスルセキュリティ ZERO)にしてみた。ところが、謎のエラーメッセージによりインストールが不可となってしまった。

...なぜ?

現在、メーカーに問い合わせている(現在1日経過)が、どうにも待てない性格なので、再インストールを決断した。

CドライブとDドライブに分かれていて、CにWin、DにLinuxを導入している。このPCはハードディスクからリカバリできるタイプなのだが、Linuxを入れているためハードディスクからは不可能になっていた。
しようがないため、一応作成しておいたCDからのインストールとなった。

手順。
1.起動中、F2を押してバイオスメニューへ。
2.CDからブートするように設定し、リカバリCDを入れる。
あとは、CDのいれかえをするのみ(^^)

さて、ソフトのインストールをこれから始めます。
[ 2007/01/17 00:00 ] コンピュータ一般 | TB(0) | CM(2)

雨なのに雪

現在 8時30分。
急に外が賑やかになってきた...と思ったら「あられ」です。
天気予報をみると「雨」^^;
7時の気温は 1.0 ℃。
8時の気温は 1.7 ℃。

それにしても、ここ庄内では雪らしい雪は少ないです。
ほとんどが、「あられ」か「ひょう」。
降り始めると 痛い のです(^^;
道路では、元気に飛び跳ねています...。

あ、そろそろ止むかな?

(昨日の)GrADSでは、9時までに1mmの降水が予測。
後は、最新の予想データを入手しますか(^^)

ということで、現在天気「くもり」。
レーダーを見たら、1-4mmの領域の他に4-16mmが。
そんなに降ってませんヨ、たぶん。
ブライトバンドですね(^^)
[ 2007/01/16 08:49 ] 天気日記 | TB(0) | CM(0)

基本は晴れ

今日は久しぶりに良いほうの天気でした。
んー、晴れといえるかな?
ちょっと記憶が怪しいのですが、それだけ太陽の光が差したということで(^^)

でも夕方5時頃でしょうか。
ちょっとパラパラと雪が降ったようです。
外はもう暗く、はっきりとは見えないのですが、窓ガラスに存在を示す影が見えました。

久しぶりに、寝不足 & パソコンのしすぎ で目の前がクラクラです。空腹も手伝って、ちょっと...。早く暖かい食べ物を取らないといけないようです(^^; ということで、早めに帰ります(^^)
[ 2007/01/15 18:00 ] 天気日記 | TB(0) | CM(0)

Latex on VineLinux4.0

Vine4.0でもLatex(今はtetexか)を使いたいと思い、設定を確認してみました。まずは、emacsを起動して、日本語...。やっぱり、これからか(^^;
Vine4.0では、Anthyが導入されているのですが、emacs上では標準でAnthyにならないようです。

これは、「.emacs.el」に日本語変換を規定している部分があるのですが、そこを
(setq emacs-ime "anthy-el")
とします。
# 標準のtamagoは使いにくくて嫌いです。

次に、数式の入力です。通常、yatexモードでは$記号を入れると数式モードに入るのですが、...ならない!
で、.emacs.elに追加します。
(define-key anthy-mode-map "$" 'YaTeX-insert-dollar-or-anthy-insert)
(defun YaTeX-insert-dollar-or-anthy-insert ()
(interactive)
(if (eq major-mode 'yatex-mode)
(YaTeX-insert-dollar)
(anthy-insert)))

うん(^^) いい感じです。
[ 2007/01/14 00:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

エラーの原因はフォントではない?

昨日の続きです。

フォントを現在あるフォントに修正し、再度コンパイル。
...あれ? 直っていない。
どうやら、フォントはメニューなどに使われているフォントだったようです。

今度は、MesaのライブラリにスタティックにリンクしていたMakefileをシェアードなライブラリに再度変更しました。
前回は、エラーがでたはず。

.....
ViewerController/ColorSelectionClass.o ViewerController/ConvertRGB_HSBClass.o -L/usr/X11R6/lib -lGLw -lOSMesa -lGLU -lGL -lXm -lXt -lX11 -lXext -lpthread -lm

うん、ここまでは良し(^^)

/usr/X11R6/lib/libOSMesa.so: undefined reference to `driDispatchRemapTable'
collect2: ld returned 1 exit status
make[1]: *** [advvis] エラー 1

どうやら、エラーのキーワードは「driDispatchRemapTable」に関係しているよう。
そして、MesaのファイルにDRI関係のドライバが付属していないことが原因らしい。

さて、
http://dri.freedesktop.org/wiki/Download
にいって、それらしいファイルを見付けた。
デビアンではないので、パッケージは無いようだが手順がかかれている。これから、試して見ます(^^)

.....
試してみました(^^;
皆さん、絶対に試さないでくださいネ。Xが起動しなくなります。手順通りに作業すればバックアップがありますので、別PCからtelnetかsshでログインし、復旧してください。

んー、じゃ どうすればいいんだろ?
[ 2007/01/13 00:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

ADVENTURE on VineLinux4.0

CAEソフトである「ADVENTURE」をVineLinux4.0にインストールしてます。一通り、動くようになったのですが、AdvVisualがヘンなのです。

結果のグラフも出ます。図も出ます。
でも、文字が出ないのです。
図だから、文字は入らないって? 違いますヨ。
んー、なんて言えば良いのでしょうか。
等高線をプロットしますよね。そしたら、その間隔が分からないと意味無いですよネ(^^;

調べているのですが、どうやらフォントかな?
起動すると、フォントについてメッセージが出るようです。
-*-helvetica-bold-o-normal-*-14-100-100-100-p-82-iso8859-1
というフォントを使用しているらしいです。

xfontsel
でVineLinux4.0に使用されているフォントを確認すると上記のフォントはありませんでした。

grep helvetica ./Render/*
によって、以下のファイルにhelveticaが使用されていることが分かりました。
Render/mkfont.cpp
Visualizer/Visualizer.cpp

さて、修正してみようかな(^^;
[ 2007/01/12 00:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

VineLinux4.0と1CD化

先月号の雑誌だったと思います。
私はVineLinuxというOSをメイン環境にしていますが、バージョンアップしたそうです。しかも、1CD化もできるとか。

Winな皆さんは分からないと思いますので、ちょっとだけ説明させていただきます。1CD化とは、CDROMにWindowsが入っていて、ハードディスクがなくても、いつもと同じ作業ができるという優れものです。データだけ、USBに入れれば良いですからネ。

で、やっと出張も終了したので、チャレンジしてみました(^^)

雑誌に書いてある通りなのですが、1箇所だけ誤植が(^^;
日経Linux1月号のP.74です。

EXTRACFLAGS=-DUNIONFS_NDEBUG
UNIONFS_DEGUG_CFLAG=

と書いてあるのですが、この2行目です。

UNIONFS_DEBUG_CFLAG=

と「DEBUG」の間違いのようです。後は、雑誌の通りに操作するとCDイメージができあがりました。USBブートは、私のPCは対応していないので残念ながら試せず、です(^^;

でも、これで、いろいろ遊べそうです\(^^)/
[ 2007/01/11 00:00 ] リナックス | TB(0) | CM(3)

重たいデスクトップ

職場で使用しているWinXPですが、私用のノートPCよりも重たいのです。はじめの頃は、そんなじゃ無かったはずです。
# どのくらいって、マウス右クリックでメニューが出てくる
# はずなのですが、2秒くらいかかるのです(^^;

もしかしたら、と思い、あるソフトを使用してみました。
そしたら、サクサク動くではないですか(^^)

ということで、重たくなったWinをお持ちなあなた。
試してみませんか?

使用したソフトは、「スパイウェア駆除ソフト」です。
私は、LavasoftのAd-awareを使用しました。

使用方法は簡単です(英語ですけど...)。
日本語で解説しているサイトもあるようです。検索してみてください。

1. 「check for updates now」をクリック
# 下から2番目くらいの場所です。

2. 「connect」して、ダウンロードするファイルがあったらゲットします。そして「finish」

3. 「start」します。「next」を押すと始まります。
# たぶん、一番下にあります。

4. スキャンが終了したら、ページを「next」で進めます。

5. 怪しいファイルが見付かっていたら「チェック」します。
で、とりあえず、復活できるように「Quarantine」でセーブします。

6. さらに「next」を押して進めて、「ok」をクリックすれば削除終了です。

以下のサイトにも画像つきで操作方法が書いてありました(^^)
http://www.higaitaisaku.com/adaware.html
再起動すると、かなり軽くなっていると思います。
なっていない方は、メインメモリが256MB以上あるかどうかを確認してください。少なすぎると、効果がありません(^^;
[ 2007/01/10 00:00 ] コンピュータ一般 | TB(0) | CM(2)

今週の天気

今週の天気はどうなのかな?
と思い、GrADS画像を見てみました(5日分しかないですけど)。
冬型は緩くなって来ているのですが、降水がちらほら。
気温も0℃前後なので、低め。

等高線の幅はそんなに狭くないのですが、冬型ですからネ。
「現在の海面温度12℃」
ということなので、その影響のあるのでしょうネ(^^;
西風なので、不安定な成層が降水を呼ぶのでしょう。

今、ウェザーニューズ社の気象情報をみているのですが、実況カメラ、面白いですネ。米沢と仙台は、ホントに対称的です。太平洋側は安定しているんだな、とつくづく思います。
[ 2007/01/09 07:59 ] 天気日記 | TB(0) | CM(4)

初売り

昨日は購入した本の紹介を行いましたが、実は電気屋さんにも顔を出しました。購入したものは、2GBのSDカード。
安くなりましたね(^^) 初売りだったせいもありますが、3000円で購入してきました。驚いたのは、2GBのUSBメモリも5000円を切っていたこと、ですね。

つい1年前。
1GBのUSBメモリを1万円弱程度で購入したと思ったのですが(^^;

みなさん、データの整理、大変ではないですか?
私は、購入したSDカードにデジカメデータを入れようかと考えています。...気象データは、毎月CDに焼いているのですけどね。
[ 2007/01/05 23:14 ] リナックス | TB(0) | CM(7)

明けましておめでとうございます

ひよこぴよさん、冬ソノさん、年始さっそくのコメントありがとうございます(^^) そして、このブログを見にきてくれている皆さん、ありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします...。

さて、今回はわずかでしたが実家に行ってきました。
初売りと重なってしまい、ちょっと大変な本の購入作業でしたが、無事に帰ってくることができました。

今回、御紹介する本は、
虹―その文化と科学 虹―その文化と科学
西條 敏美 (1999/11)
恒星社厚生閣

この商品の詳細を見る

です。前半部分の虹に関する読みものは まだ全然手をつけていないのですが、後半の虹の幾何学的な解析から始まって、人工虹の作り方まで、パラパラと読みました(^^)

人工虹、作って見たいな...。
面白そうだと、おもいませんか?
[ 2007/01/04 07:07 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(8)
プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)