コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

KNOPPIXの再構成(2)

出来ました(^^)。

とりあえず、少しだけソフトを削除して、もう一度CDにするところまで、ですけど。でも、これで、さらに進めることができそうです。

今回、細かい所は適当にする予定です。
細かい所...例えばメニューの内容とか。

使いたいソフトが使える程度に再構成できたらと思っています。
スポンサーサイト
[ 2007/02/28 07:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

KNOPPIXの再構成

おはようございます(^^)

最近、1CDで起動するLinuxの作成にハマっていました。
Vine4.1を基本としたものはできたのですが、他のPCでの起動がうまくいかず、結局KNOPPIXにもどってきた感じです(^^;

で、現在ですが...

1. 資料から、v3.9はUNIONFS関係のエラーがあるらしく不適格
2. v3.8.x、v3.7では 圧縮cloopファイルの作成がうまくいかない
3. 昔のLinux雑誌を探した結果、v3.2を見付けたが rootのパスワードが分からず断念
4. さらに探した結果、v3.6を発見(^^)。NTT資料と同じものであることを確認。

ということで、v3.6を用いて、NTT資料を元に作成をチャレンジしています。で、どうやら 圧縮cloopファイルができそうな雰囲気です(*^_^*)

うまくいけば、このあと CD用のイメージを作成し、焼くだけなのですが...(^^;
[ 2007/02/27 07:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

インフルエンザ

ちょっと休ませていただいています(^^)
インフルエンザとかいう、たちの悪い風邪に負けてしまいました。タミフルをいただいたのですが、解熱剤を一緒に出してくれなかったので、近くのドラックストアへ。

さて、ここで、みなさんはどのような解熱剤を購入されますか?

(^^)/

詳しい成分とかは聞いたのですが忘れました。でも、
× バファリン
○ イブA錠
です。一応、電話で確認してみてよかったです。
家にはバファリンしかなかったので、それを飲むところでした...。

やっと、37度程度の熱になってきたので、落ち着いてきました。それにしても、このお腹の調子が悪いのは、年齢のせいなのか、タミフルのせいなのか...
[ 2007/02/15 23:16 ] その他 | TB(0) | CM(10)

今度は KNOPPIX ?

困っていたところに、KNOPPIXの情報が入って来ました。
http://plaza.rakuten.co.jp/yakushiji/diary/200505240000/
です。これによるとクノーピクスの再構築(リマスタリング)が可能だとか。

これから、読んでみます(^^)
[ 2007/02/10 00:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

1CD化に必要なファイル

カーネルの再構築はどうやら大丈夫そう...、とりあえず、起動はするようです(^^; さて、1CDにするためには、linux-live-5.5.0を利用しようと思っていました。そのために必要なファイルが、unionfs と squashfs らしいです。squashfs は README(INSTALL?) の通りに作業すればOKで、さらにカーネルの再構築が必要なようです。unionfs にはもう一つ必要なファイルがあったのですが、無事インストール完了。良く見たら、Vine3.2のRPMファイルにもありました。

準備は整ったということで、linux-live-5.5.0 に入り、作業しようとしたのですが、...動きません(^^; どうやら、ダメなようです。...なぜ?
[ 2007/02/09 00:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

久々のカーネル再構築 on Vine3.2

かなり、久々です。
以前、記事を読みながらお遊びで再構築をしたことはあったのですが(一応、起動はしました)、あのころって Kernel2.2 くらいだったような...(^^;

もう、そのころの資料はあまり使えないだろうし。
で、検索して、以下のURLを参考にしました。

http://park15.wakwak.com/~unixlife/linux/kernel.html
http://www.usupi.org/info/linux26.html

で、途中困ったのが、カーネルのコンフィグファイル。
i386, i586, i686 とあったのですが、どれにしたらよいのか?
再び、検索。

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/642opt686.html

結局、Pentium pro 以降のCPUを扱うので、i686を選択。
カーネルの再構築(バージョンアップ)です。
[ 2007/02/08 00:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

結局、Vineに(^^;

考えに考えた末、Vine3.2を採用することにしました。
でも、3.2では 1CD にすることはできません...。

1CDにするためには、UNIONFSというものを使うとすると、カーネルが2.6以上であることが条件となります。ということで、カーネルのバージョンアップに挑戦してみます(^^;

とりあえず、今回のインストールの手順です。
[ 2007/02/07 20:00 ] リナックス | TB(0) | CM(2)

Linuxの種類って

今までVineLinuxを利用してきました。
とても、とても使いやすかったからです(^^)
でも、今回の4.0はちょっといまいち...
仕事で使うには、使いたいソフトのコンパイルが通らなかったので、どうしようかと考えています。仕事で使うための仕様は

○ 1CDのLinuxで使える(UNIONFSを利用するとカーネル2.6以上)
○ XOrg6.9以外
○ g++2.95が使える
○ MPIかLAMをインストールできる

最低限の条件はこんな所でしょうか。
候補は、

○ KNOPPIX(1CDだけど、カスタマイズできるのか?)
○ Ubuntu Linux(1CDは可能。パッケージ以外の追加は可能か?)
○ demo Linux
○ Berry Linux
[ 2007/02/06 00:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

長期予報の境界条件

長期予報の境界条件ですが、ひよこぴよさんに教えていただいた通り、「アンサンブル...」の本に記載されていました。3ヶ月予報の場所だったのですね(^^;

で、結果としては、「下部境界条件は平年値の変化+初期温度」ということで、偏差の変化までは考慮されていないようです。つまり、エルニーニョ予測モデルはあるのですが、直接的には1ヶ月予報モデルに組み込まれてはいないということ、なのかな。
ガイダンスでは含まれているのでしょう。

どの程度、海水面温度が変化しているのか見てみたくなってきましたので、以下のURLを見てみました。
http://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/db/kaikyo/jun/sst_pac.html
...取りあえず、10日間隔の平年偏差でいいかな(^^;

エルニーニョ監視速報で変化のグラフは見ていたのですが、あまり実感はなかったのですよね。でもこのように見てみると、グラフって特徴を良くつかんでいるのだな、と思います。数値解析の精度って、もちろん方程式をどのように組み込むかも必要なのですが、境界条件の取扱いが一番難しいのです。
[ 2007/02/05 07:00 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)

1ヶ月予報の検証:偏差と予測気温

平均気温と平年値のグラフを作成して思ったこと。
「どのくらい平年より高いのか低いのかが見にくい」

平年値を基準に(気温の0に)すると、縦軸がそのまま平年値との差になるので傾向が見やすいのですネ。偏差って重要だな、と思うのですが、偏差って言葉に拒否感を感じる人も多いのでしょうネ(^^; やはり、最低限の一般知識って重要だなと思います。

さて、平年値を基準に平均気温をプロットしてみると、より傾向が明確に見えて来ました(^^)
「12日で平年値に近付いている」
その前後をみると、周期関数...? 時間があったら、その前後もプロットして周期を確認して見たいですネ。

今回は、ガイダンスの予測との比較です。
ガイダンスは偏差で予測値を記述してあるので、折れ線で追加してみました(^^)

分かったこと。
予測している偏差より平均気温はより高い値を示している。
1月下旬の急な平均気温の上昇はホントに直前の1/11に予測されている。

...宿題ができたようです(^^;
なんで、急に気温の上昇となったのでしょうネ。
とりあえず、エルニーニョを調べようかな?
あと、1ヶ月予報の境界条件も。

気温の実況と予測200701

[ 2007/02/04 00:00 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(2)

1ヶ月予報の検証:平均気温と平年値

気温といっても、平均気温、最高気温、最低気温とあります。
とりあえずは、平均気温をチェック。

1月の平均気温を時系列でプロットしてみました。
...これだけでは、変動しかわからない...ですね。
そう、「平年値」があるといいのかな?

気象庁さんから、1月の平年値をゲット(^^)
一緒にプロットしてみると、全ての平均気温は平年値より大きい値でした。しかも、上旬は気温が上昇してもその後下降して平年値に近付こうという努力がみられるのですが、中旬以降はひたすら離れるばかりです(^^;
...どおりで、あたたかく感じるわけですね...。

平年値を知ったので、これで、偏差からどの程度の予想気温かが分かるようになりました。実は、今まで平年値ってどこを調べれば良いのか...分からなかったのです...(^^;

だから、天気予報をみても「平年より...」と言われてもピンとこなくて。多いと思いますけどネ。皆さんは、「平年より...」と言われてすぐに「このくらいの気温」だと分かりますか?普通の人は"昨年"の気温とか"昨日"の気温を思い浮かべますよね?
[ 2007/02/03 00:00 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)

1ヶ月予報の検証:資料7ガイダンス

一時期、3ヶ月予報資料10枚、エルニーニョ監視速報、1ヶ月予報資料...と複数の資料を一気に読もうとして挫折した経緯があります(^^;
そこで、反省。
出来ることから、積み上げて行こうと思いました。

で、今回は、1ヶ月予報資料(7)ガイダンス(北・東)だけを見ることにしました。ただし、時系列で見たかったので、6枚程度準備しようかと。

...そうですね。
(かなりの)過去は後で検証するとして、とりあえず目先の2月を予想したいので 12/21~1/25までの資料を印刷しました。ウェザーニューズのWEBは使いやすいですね。資料の選択ができたら、あとは矢印だけで過去の資料にたどり着きます。
(...もっとも、かなり過去の資料を検索するときには手間か?)

あとは、アメダスデータの1ヶ月データを取得して。

とりあえずは、気温、かな。
ここから、始めたいと思います(^^)


ところで(^^;
このガイダンスなのですが、小さい注意書きに
「上段:期間平均予測式による確率ガイダンス」
「中段:日別予測式によるガイダンスと出現率」
「下段:期間平均予測式によるガイダンスと出現率」
と書かれています。で、例えば北日本日本海側(初期値1月4日)に

_気_温___確率/出現率(%)
(℃)___低:並:高
_________36:22:42
-0.1__並_28:56:16
+0.1__並_26:48:26

とあります。今回の偏差は「下段」を利用しました。でも分からないことがあります。
1. 中段と下段の利用を区別する基準が全然分からないことが一つ。
2.上段の確率ガイダンスですが、たぶん、下段と対応していると思うのですが、下段では並の出現率が高いのに確率は低いのです。これは、資料気候値など過去のデータを含めた総合的な確率だから、なのでしょうか?

うーん、難しいです(^^;
[ 2007/02/02 07:00 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(11)

1ヶ月予報の検証

今、1ヶ月予報の検証を...始めました。
言葉の通り、始めたばかりです(^^;

どんな風にまとめたらよいのか?
考えているだけでも、時間が過ぎてしまいます(^^;

問題は、Excelで作成しているので画像(図)を紹介できない、かもしれませんって所でしょうか。ひよこぴよさんの場所とかですと、当分まだまだ暖冬のようですね。でも、どうやらこの辺りは少しずつ寒くなっていくのだとか(気象庁さんより)。

さて、もう一頑張りしてみます(^^)
[ 2007/02/01 18:11 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。