コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サーバーの停止

諸事情により、3月31日から当分の間
・エマグラム
・GrADS画像
を停止させていただきます。


開始いたしました(^^)
確認していませんので、不具合などありましたらお知らせください。
スポンサーサイト
[ 2008/03/26 17:41 ] その他 | TB(0) | CM(0)

パピーリナックス( Puppy Linux )

久しぶりに、Linuxの雑誌を購入しました(^^)
「Linux 100%」という雑誌です。

気になった記事は、「Puppy Linux」という軽いリナックスがあるということ。
どうやら、USBメモリにもいれることができ、自分でカスタマイズも可能だとか。

自分の欲しい機能。
結構、限定されて来ているんですよね(^^;
そんな中、Vineを使い続けて来ているんですが、最近、ちょっと肥大化しているかな?
そんな風に感じてきていました。

でも、BSDには入れないし(^^;
[ 2008/03/21 12:10 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

VineLinux4.2のライブCDを作成(3)

1. 1CD化するツール mol-suite0.6.3 をインストール
2. コンパイル済みのファイルを rpm -Uvh hoge.rpm でインストール
  ・LAM
  ・gktgl
  ・xemacs、xemacs-sumo-el( yatexはsynapticで )
  ・WINE
3. 個人で使用していたファイルをUSBメモリからコピー
  ・usr_local
  ・home_hoge
  ・
4。 rshの設定
  ・vi /etc/inetd.conf
  rsh,rlogin,rcp,telnetのコメントを外す
  /etc/rc.d/init.d/inetd restart
  ・vi /etc/hosts.equiv
  localhost
5。 漢字変換の設定
  setime status で確認。
  setime canna で設定、再度ログインしなおす。
  バックアップしていたcanna辞書を登録。
[ 2008/03/11 06:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

VineLinux4.2のライブCDを作成(2)

今回の作成では、VineLinux4.2のFTP版を利用させていただきました。
開発された皆さま、ありがとうございます。

1. CDを入れて起動したあと、リターンキーを押してグラフィカルインストールを行いました。
  ・VideoCard:S3 Unichrome
  ・モニタ設定:Generic LCD Display 1024x768
2. カスタムインストール
  ・Disk Druidの利用
  /dev/hda1  10GB  /
  /dev/hda2  10GB  /home
  /dev/hda3  10GB  /tmp
3. ネットワーク設定(手動)
4. ファイアウォールなし
5. パッケージ
  ・Xウインドウ
  ・Gnome
  ・エディタ
  ・インターネット(GUI):削除(xgaim、xchat)
  ・インターネット(CUI):追加(w3m-img)
  ・Texツール
  ・オフィスツール
  ・サウンドとビデオ
  ・グラフィクス
  ・開発ツール
  ・管理ツール
  ・印刷サポート
6. 起動後、デスクトップ>CUPS印刷マネージャ
  ネットワークプリンタ(LPD)、lpt1、EPSON-LPxx00
7. パスワードファイルの削除
  vi /etc/shadow
  ログイン名:削除する:13942......
8. デスクトップ画面の表示がおかしかったので、Xconfigureを実行
  カスタム
  非インターレースSVGA:1024x768@60Hz
  50-60Hz
  VRAM:4MB
  ・この設定では、最終的に表示できず途中でやめたが、その後は良好♪(再起動)
9. デスクトップ > デスクトップ背景
10. ログイン画面
  ・ログインマネージャの設定
  ・ユーザ > パスワードファイルのユーザを全て対象とする
  ・自動ログイン > ログイン名
11. Synapticでインストール(リポジトリを設定)
  ・XOrg-gl-devel、Xgl、freeglut、freeglut-devel(glで検索)
  ・gcc-g77、gcc295、gcc295-c++(gccで検索)
  ・openMotif、openMotif-devel(motifで検索)
  ・canna、aumix-X11、kinput2、tgif、kterm、gqview
  ・tcl、tk
  ・syslinux、squashfs-tools、unionfs-utils
  ・checkinstall
  ・gtkglext、t1lib
  ・rsh、rshserver、inetd、telnetserver
  ・maxima、texmacs、xmaxima
  ・xcdroast
[ 2008/03/10 06:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

小児医療を守る運動

小児医療を行う診療所が減ってきています。
( 救急医療など、その他もそうですけどね(^^; )

3月7日の朝日新聞に小児医療についての記事がありました。

医療現場の負担が大きくなる原因として、「コンビニ受診」があると考えた母親達が勉強会を行ったり、救急の受診が必要かどうかを確認するためのチャートを作成したらしい。
http://www.mamorusyounika.com

「とにかく病院」と焦る前に、基礎知識をもったり、チャートを見て判断していかないと、今後医療現場はさらに混乱し、結果的に私達が不便になると思われます。

勉強会を東京以外で行う予定もあるとのこと。

43都道府県では、電話「#8000」にかければ、医師らのいる相談窓口につながるとのこと。
[ 2008/03/09 12:00 ] 気象病と小児医療 | TB(0) | CM(2)

VineLinux4.2のライブCDを作成(1)

ここ最近、VineLinux4.2が出ていたので、インストール作業などを行っていました。
実は、以前から、HDレスのPCを構築し、データはUSBメモリに保存するようなシステムが欲しくてライブCD作成についても調べていました。

とりあえず、基本となるライブCDを作成して行きたいと思います。
その後、GrADSなど、自動で保存してくれるように再設定しながら、いらない機能を削除していき、また追加もしていきたいですね(^^)v
[ 2008/03/08 12:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

雪崩や地吹雪の局地予測

3月4日の朝日新聞からです。

現在、雪崩注意報などがありますが、
○ 最高気温
○ 平均気温
○ 24時間降雪量
などの基準のどれかに当てはまると発令されるようです。
そのため、「危険度の認識が薄まっている」よう。

雪氷防災研究センター新庄支所では、特定の国道や山間部の集落など地域を限定した災害予測を始めるそうです。どうやら、今年の冬から庄内地方で試験運用をしているようです。

(。。。知りませんでした(^^;)

地吹雪の予測の試験運用しており、山形道湯殿産(鶴岡市)~酒田みなと(酒田市)間で行っている。

( どこで、その予測結果を知ることができるんでしょうね。HPがあるのかな?)
[ 2008/03/07 12:00 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。