コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GrADSによる気象データ取得 -地上風速と地上気温-

一度、ひな形ができると、次は早いですね(^^)

以前のプログラムもあったので、これは30分程度でできました♪

地上風速と地上気温
スポンサーサイト
[ 2013/08/27 06:51 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(2)

GrADSによる気象データ取得システムをVine6.1で復活(9) -cronによる自動化-

cronによる自動化。
結果的には、成功しました(^^)ok

まぁ、ちょっとエラーが出たので修正しましたけど(^^;
修正した点は、GrADSコマンドをフルパスで入力していなかったため、コマンドが見つからないと言われました。

お陰様で、なんとか、復活の第一歩を踏み出せました♪

ということで、画像を公開いたします(・・)
気が向きましたら、どうぞ♪

http://www.geocities.jp/free_cae/kishou.htm

です。「降水量と地上気圧」と書かれている部分だけですが。。。(^^;
しかも、地上気圧じゃないけど(^^;;
[ 2013/08/26 07:39 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)

GrADSによる気象データ取得システムをVine6.1で復活(8) -降水量グラフ-

さて、降水量と気圧の図ですが、作成できました(^^)
今まで、更新した日付がなかったので、いつのデータかわからなかったのですが、今回、挿入することができました♪
# 右下に UTC と JST の初期時刻を入れました。

20130822kosui_rsm

20130822kosui_gsm

思ってたより、後半は楽に作業できたようです(・・)
なんだか、他の気象図にもチャレンジして見ようかな♪って気になってきます(^^)ok
[ 2013/08/23 20:57 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)

cron

毎日、同じスクリプトを実行したい(・・)
以前はcronに手を出したのですが、初心者すぎたためか、うまく実行できませんでした。
もう一度、チャレンジしてみます♪
スーパーユーザになって、crond status を実行すると、cronが動いていることが分かりました。

# /etc/init.d/crond status
crond (pid 2090) を実行中...

ユーザーの設定ファイルを変更します。

$ crontab -e

以下のように記述してみました。

0 10 * * * /home/hoge/Kishou/auto.sh
50-55 6 23 8 * /home/hoge/Kishou/test.sh

auto.sh は、気象データをDLして、GrADS画像を作成、FTPで転送するまでを記述したスクリプトです。
もうひとつの test.sh は、うまく動作するかどうかを確認するための、試行スクリプトです。
test.sh がうまく動作するようだったら、週末もこのままで行きたいと思います(^^;
[ 2013/08/23 06:36 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

GrADSによる気象データ取得システムをVine6.1で復活(7) -GrADSの起動-

さて、GrADSを起動してみます(^^)
以前使っていたスクリプトの一部を使いました。
こんな感じです。

open HECB88.ctl
set lat 25 50
set lon 120 150
enable print tmo
set gxout shaded
set clevs 0.5 5 10 20 30 50 80 120 200
set ccols 15 5 4 3 7 8 6 2 9
set csmooth on
d apcpsfc.1

あれ?(・・)
日本が表示されない。。。
エラーメッセージがでてますね(^^;

Open Error on Map Data Set: /usr/local/lib/grads/lowres
Error opening stroke character data set
Data set names = /usr/local/lib/grads/font0.dat ; font0.dat
Error opening stroke character data set

どうやら、地図データやフォントが、見つからないようです(^^;
ls /usr/local/lib
で調べてみましたが、gradsフォルダー自体が無いようですね。
インストールを行ったフォルダーにdataというフォルダーがありました。
この中に、フォントなどが入っているようです。
このフォルダーを、/usr/local/libにgradsというフォルダーとしてコピーします。

もう一回、チャレンジです。スクリプトを実行します。

成功です(^^)ok
ちょっと、90度回転してますが、大丈夫そうです♪
GrADS降水量20130822
[ 2013/08/22 20:20 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)

GrADSによる気象データ取得システムをVine6.1で復活(6) -DLスクリプト-

DLするスクリプトを考えていたのですが、wgetで取得するとして(^^;
ファイル名の後半に、規則性がないんですよね。
こんな感じです。

A_HHCA50RJTD201200_C_RJTD_20130820153431_20.grib
A_HHCB50RJTD201200_C_RJTD_20130820153445_57.grib
A_HHCC50RJTD201200_C_RJTD_20130820153504_10.grib
.
.
.

ワイルドカード(*)は使えないし(^^;
さて、どうしよう?(・・)
PDFを読んでいたら、サンプルのスクリプトを提供しているようです(^^)
(PDFファイル: Subscription_Guide_for_DDBusers.pdf)

どうやら、このスクリプトでは、一定のフォルダ内のファイルをDLするようですね。
つまり、Forecastの時間指定は、できないようです(^^;
まぁ、しようがないかな。
試してみます。
.
.
.
あれ?(・・)
DLされない。。。
Vine6.1だからか、その他に原因があるのかは、現在わかりませんが、動作しないことは分かりました(^^;

じゃ、力技でいきますか(・・)

dd=`date --date '1 days ago' +%y%m%d`
webp_Sf=www.wis-jma.go.jp/d/o/RJTD/GRIB/Global_Spectral_Model/Latitude_Longitude/1.25_1.25/60.0_-20.0_60.0_200.0/Surface/20$dd/120000
wget -r -nH -P wis-jma --cut-dirs=8 http://$webp_Sf/

とりあえず、DLはできました(^^)
でも、SurfaceフォルダをすべてDLしてしまったようです(・・)まぁいいか♪


[ 2013/08/22 07:35 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)

GrADSによる気象データ取得システムをVine6.1で復活(5) -データ書式-

表を見ていたら、少し、分かって来ました(・・)
ということは、今まで作成していたGrADS画像の種類を考えると♪

・降水量("FT"はForecastTime)
 Index of /d/o/RJTD/GRIB/Global_Spectral_Model/Latitude_Longitude/1.25_1.25/60.0_-20.0_60.0_200.0/Surface/20130820/120000
 A_HEC"FT"88RJTD201200_C_RJTD_20130820153417_73.grib
 A_HEC"FT"88RJTD201200_C_RJTD_20$dd*.grib(shell ver.)
・地上気温
 A_HTCA98RJTD201200_C_RJTD_20130820153417_83.grib
 A_HTCA98RJTD201200_C_RJTD_20$dd*.grib
・東よりの風
 A_HUCA98RJTD201200_C_RJTD_20130820153417_78.grib
・北よりの風
 A_HVCA98RJTD201200_C_RJTD_20130820153417_80.grib
 
・海面気圧
 Index of /d/o/RJTD/GRIB/Global_Spectral_Model/Latitude_Longitude/1.25_1.25/60.0_-20.0_60.0_200.0/Mean_sea_level/20130820/120000
 A_HPC"FT"89RJTD201200_C_RJTD_20130820153417_71.grib
 A_HPC"FT"89RJTD201200_C_RJTD_20$dd*.grib(shell ver.)

・850hPa湿数
 Index of /d/o/RJTD/GRIB/Global_Spectral_Model/Latitude_Longitude/1.25_1.25/60.0_-20.0_60.0_200.0/850hPa/20130820/120000
 A_HRCA85RJTD201200_C_RJTD_20130820153430_8.grib
・700hPa湿数
・500hPa
・300hPa

まだまだ必要だけど、とりあえず、この辺りでGrADSの作図にチャレンジしてみようかな♪
[ 2013/08/22 06:59 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)

GrADSによる気象データ取得システムをVine6.1で復活(4) -新GrADSサイト-

PDFファイルを見ると、DLするファイル名には、一定の規則をつけているらしい(^^;
使うのは、こんなところかな?(・・)

Table1:Forecast Time(1.25x1.25)

-----------------------------------------------------------------------------------
hour | _12_ | _18_ | _24__ | _30_ | _36_ | _42_ | _48_ | _54_ | _60_ | _66_ | _72_ |
-----------------------------------------------------------------------------------
asia | H??C | H??D | H??E | H??F | H??G | H??H | H??I | H??Y | H??J | H??Z | H??K |
-----------------------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------------------
hour | _24_ | _48_ | _72_ | _96_ | _120_ | _144 | _168 | _192 | | | |
-----------------------------------------------------------------------------------
asia | H??E | H??I | H??K | H??M | H??O | H??Q | H??S | H??X | | | |
-----------------------------------------------------------------------------------

Table2:Forecast Parameter
・Z:ジオポテンシャル高度
・U:東寄りの風
・V:北よりの風
・T:温度
・D:湿数 
・H:相対湿度
・ω:鉛直速度
・ζ:うず度
・Ψ:流れ関数
・X:速度ポテンシャル
・P:海面気圧
・R:降水量
[ 2013/08/21 22:07 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)

GrADSによる気象データ取得システムをVine6.1で復活(3) -新GrADSサイト-

「MigrationGuide_DDB_ver1.pdf」というファイルがありました(・・)

どうやら、2013年2月末に、以前のサーバーは終了したようです。
> JMA DDB server will discontinue operation at the end of February, 2013.

新しいサイトは「www.wis-jma.go.jp」らしいですね(・・)1.25度間隔のデータは1日に4回
更新されるようです。
> JMA’s Global Spectral Model (GSM) forecast products will continue to be
> available through a new server at
> http://www.wis-jma.go.jp, with several changes in products, schedule and
> data download interface.
> Main Changes:
> ・ 2.5 degree products are updated twice a day for forecast initial time of 00, 12 UTC.
> ・ 1.25 degree products are updated four times a day for forecast initial time of
> 00, 06, 12, 18 UTC.
> ・ Products are uploaded on the server about four hours after each forecast initial time.

具体例があるようです。
> 1.25 degrees:
> http://www.wis-jma.go.jp/d/o/RJTD/GRIB/Global_Spectral_Model/Latitude_Longitude/2.5_2.5/[region]/[
> level]/[forecast initial date]/[forecast initial time]
> [region], [level], [forecast initial date] and [forecast initial time] are variable.
> For example, 2.5-degree
> products for forecast initial time of 00 UTC, August 28, 2012 for southern hemisphere at
> surface level are
> located at:
> http://www.wis-jma.go.jp/d/o/RJTD/GRIB/Global_Spectral_Model/Latitude_Longitude/2.5_2.5/
> 0.0_-90.0_0.0_357.5/Surface/20120828/000000/
> *Products are available about four days after forecast initial time.

じゃ、少しづつ、見ていきたいと思います(^^)
[ 2013/08/21 21:47 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)

Vinelinux6.1でDropbox

ドロップボックス(Dropbox)は、Linuxでも使えるらしいと聞き、試して見ました♪(^^)

ソースをDLしてきて、./configure したのですが、libnautilus-extension >= 2.16.0 と言われてしまいエラー。
もしかして、バイナリがUPされているかも?と期待してsynapticを起動したらありました♪

self-build-nautilus-dropbox

dropboxで検索すると、上記がヒットしました。
インストール指定して、適用ボタンを押せば、バイナリが作成されて自動でインストールされます(^^)ok

さて、使ってみようかな?(・・)

コマンドラインで、
$ dropbox start -i
で事前準備(デーモンの起動)。次に
$ dropbox start
で起動します。もしかしたら、dropbox startはいらないかもしれません。

起動したら、後は、windowsと同じ設定を行うだけです♪
便利ですね(・・)♪
[ 2013/08/21 06:47 ] リナックス | TB(0) | CM(0)

GrADSによる気象データ取得システムをVine6.1で復活(2) -GrADSサイトの閉鎖-

とりあえず、GrADSデータを取得してみました。
以下のスクリプトです。

hh=`date +%H`
dd=`date --date '1 days ago' +%y%m%d`
dname=`date +%y%m%d`
tt=12
./get_hxcxXX.sh $dd $tt e 88

さて、と(^^;
エラーが出てますね。。。wgribが無いかも?(・・)いや、入ってる。

GrADSのサイトに行ってみるか?
  http://ddb.kishou.go.jp/grads.html
あ!!(・・)閉鎖している。
そういえば、閉鎖するから、更新やめたんだっけ(^^;

でも、更新するための情報があるようです。
こんな感じです。

Information

This website discontinued service at the end of February, 2013.
Most of the resources have moved to new websites.
Please follow links below for continuing services.

JMA's Global Spectral Model Products
http://www.wis-jma.go.jp/cms/wp-content/uploads/2012/09/MigrationGuide_DDB_ver1.pdf

JMA's Global Spectral Model Information
Upgrade history of GSM: http://www.wis-jma.go.jp/ddb/
Model Verification Results: http://www.wis-jma.go.jp/ddb/

Climate Products
Sea Surface Temperature (SST) Products:
-Explanation: http://ds.data.jma.go.jp/tcc/tcc/products/elnino/cobesst/exp-gpv.html
-SST Data: http://ds.data.jma.go.jp/tcc/tcc/products/elnino/cobesst/cobe-sst.html

Climate Products
Monthly Highlights on Climate System: http://ds.data.jma.go.jp/tcc/tcc/products/clisys/highlights/index.html
Global Monthly Temperature Anomaly: http://ds.data.jma.go.jp/tcc/tcc/products/gwp/temp/map/download.html
Atmospheric Analysis GPV (Monthly Mean Data in GRIB format): http://ds.data.jma.go.jp/gmd/tcc/tcc/products/clisys/gpv/index_mon.html
Global Warming Projection with the MRI-CGCM and the MRI-RCM: http://ds.data.jma.go.jp/gmd/tcc/tcc/products/gwp/gwp.html
El Nino Monitoring and Outlook: http://ds.data.jma.go.jp/tcc/tcc/products/elnino/index.html
Climate Change Monitoring Report: http://www.jma.go.jp/jma/en/NMHS/indexe_ccmr.html

RTH Tokyo Operational Information
GTS Routing Catalogue: http://www.wis-jma.go.jp/rth/
Bulletin Catalogue: http://www.wis-jma.go.jp/rth/
[ 2013/08/20 22:01 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)

GrADSによる気象データ取得システムをVine6.1で復活(1) -GrADSインストール-

お久しぶりです(^^)

長い間、気象の分野から離れていました。
最近、知人から天気について聞かれるようになり、以前のGrADSシステムが便利であったことを再認識しました(^^)ok

で、もう一度、できるところまで復活させてみようと思い、日記にまとめさせていただきます♪

1.GrADSのインストール
 ・synaptic を起動
 ・リポジトリを いくつかONさせて、再読み込み。GrADSで検索...あれ?来ない?(・・)
 ・「GrADS」「src」で検索。「公開情報/GrADS/GrADSのインストール - 東北大学大学院理学研究科 ...」さんがヒット♪
 ・http://grads.iges.org/grads/downloads.html からLinux-i686をダウンロード。srcをいただきました♪
 ・/usr/local/srcに移動して、configure を実行。結果は以下。
+=========================================================================+
GrADS 2.0.1 : Built Tue Aug 20 09:22:43 JST 2013 for i686-pc-linux-gnu
+=========================================================================+

+-------------------------------+
| |
| GrADS will be built with: |
| |
| - GUI disabled |
| + readline enabled |
| - geotiff disabled |
| - shapefile disabled |
| - printim disabled |
| - grib2 disabled |
| - hdf4 disabled |
| - hdf5 disabled |
| - netcdf disabled |
| - OPeNDAP disabled |
| |
| gxtran will not be built |
| grib2scan will not be built |
| |
+-------------------------------+
configure: creating src/VERSION
configure: creating src/buildinfo.h
configure: creating ./config.status
config.status: creating Makefile
config.status: creating src/Makefile
config.status: creating src/config.h

Run 'make && make install' to build GrADS.
Executables will be installed to bin/ in current dir, unless prefix was specified.
 ・じゃ、makeして、make installしてみます(・・)...エラーが出ました(^^;
 ・X11/Xlib.h がない?(・・) 検索してみます。。。
 ・http://d.hatena.ne.jp/yucken/20100112/p1 はVine5らしいのですが、XOrg-devel が必要らしいです。
 ・synaptic で検索。xorg-x11-devel がヒット♪インストールします。
 ・もう一回、./configure --prefix=/usr/local/ そして、make、make install
 ・無事、/usr/local/bin にインストールできました♪(^^)
 ・gradsと入力すると、起動します。パス設定は自動のようです(^^)ok
[ 2013/08/20 06:05 ] GrADS | TB(0) | CM(0)
プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。