コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

idboxが動かない(ヒーター)

デアゴの3Dプリンターを作るマガジンが出ているのですが、試してみましたσ(・・)
とりあえず、一通り作って、ソフトをインストールして。

3Dプリンタと接続。
はい、ここまでは良かったのです(^^;

で、早速、ですよ(^^;
しょっぱなから、ひっかかりました(><)


まず、一つめ。
さて、ソフトを起動したのですが、ヒーターの温度が0℃と表示されています。
そして、二つ目。
モーターを動かすアイコンを押しても、動かない。。。

さて、一つめからいきます。
カートリッジヒーターの位置確認(31号p.3)は、もう一度位置調整しましたが、大丈夫そうでした。
やっぱり、接続、かな?(・・) 

それにしても、動かないときのサポートページがヒドイ(・・)
ロビのときは「こう、調整しよう!」みたいに一つ一つ、解説されていました。
今回は無し!温度が0℃と表示されていたら、サーミスタのコネクタ配線などを確認しましょうって
書いてあるのですが、その号数やページ番号もなし(><)

。。。と、やっと見つかりました。
サーミスタのケーブルは、43号p.5に接続方法がありました。確認したところ、大丈夫そう。。。(・・)アレ?

そういや、電源ONの状態で、ベルトが動いたんだよね、さっき。
ステッピングモーターって、電源入ると動かないのに。。。 え。。。電源か?(^^;

電源。
COMとV+をチェックしたとこと、12Vが出ていた。 ということは(^^)ok

じゃ、ドライバー基盤がオカシイのか?
。。。さて、どうしましょう?(・・)

------------ デアゴさんへ問い合わせ -------------

返事が届きました。
なになに?(・・) 
通信がうまくいっていないかもしれないので、ドライバーの確認をしてほしい。。。と。

ということで、確認してみます。
3Dプリンターと接続して、電源をON。
コントロールパネルのシステムからデバイスマネージャを起動。
ポートを見ると、あ、ホントだ!認識していないですね(・・)

きちんとアンインストイールして、再インストール。
デバイスマネージャでみると、ポートは13番。
うん、大丈夫かな(・・)ok

もう一度、idboxのアプリを起動。
。。。あれ?ダメ?(^^;
最初と同じように、初期設定ファイルを再作成。
。。。ダメ。
プリンタの接続を切って、ポートを確認。
  設定 > プリンタ設定
ん? ポートがCOM1になってる。 これをCOM13に変更して、と(・・)
もう一度、プリンタ接続。
。。。
。。

うまく、行きました(o^^o)ok 
モーターも、動作しました。

デアゴさん、メールでのお返事、ありがとうございます(^^)
スポンサーサイト
[ 2016/03/09 21:34 ] 3Dプリンタ | TB(0) | CM(0)

RaspberryPiでMathematica

こんばんは(^^)

RaspberryPiという小型PC。
便利なので、いろいろと活用させてもらっています。

今回、取り上げるのは、Mathematica。
このソフトは、普通に購入すると30万円くらいは、したはずです(^^;
それが、無料で利用できるようなのです!

とりあえず、以下の本を見つけました。
  大川:「Raspberry Pi 2」でMathematicaプログラミング、工学社
個人的には、Mathematicaは大学のころから使っているので、多少は分っています。
でもねぇ、σ(・・)のころのバージョンって、2とか3だったんですよ。
それが、今では 10 になっているようです(^^)

RasPiに関係するドキュメントやプログラムリストの紹介だけ、行います。

<ドキュメントへのアクセス>
大量の英文ドキュメントがあるそうです。
(1) 「Wolfram Mathematica」の左のアイコン、Wolfram Language Documentaion Center をクリック。
(2) http://reference.wolfram.com/language/

<サンプルプログラムへのアクセス>
Wolfram言語を用いた、RaspberryPiの活用例があるようです。
(1) 「Wolfram Mathematica」の中央のアイコン、Wolfram + Raspberry Pi Website をクリック
(2) http://www.wolfram.com/raspberry-pi/

<コミュニティへのアクセス>
(1) 「Wolfram Mathematica」の右のアイコン、Wolfram + Raspberry Pi Website をクリック
(2) http://community.wolfram.com/content?curTag=raspberry%20pi

さて、時間があったら、活用してみたいと思います(・・)/
[ 2016/03/02 20:10 ] Mathematica | TB(0) | CM(0)
プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。