コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

72H予想図では、雨雪判別は難しいのですネ

一昨日、今日の予想を72H予想図で行ったのですが、850hPa気温がー7度だったので、「雪」の可能性があると考えました。

朝起きてみると「結構暖かい」ことに気づきました。
今日のアメダスを見てみると、5度程度の気温。
先ほど、いつもの通り確認してみると、今日の12Hでは-3度、24Hではー9度。

一昨日、確認したときは、南西の風が48Hまで吹いていて、でも気温がー6度程度だったので、北西の風に変わり、気温が下がったので「雪」と考えてしまったのが敗因のようです。

今、昨日の36Hと48Hの数値予想図を見たのですが、一昨日と変わってますネ、気温が。

-- 秋田における高層気象データ(20060305-1200UTC) ---
850hPa...南西35KT、気温-2.3度、湿数0.8度
700hPa...西南西40KT、気温-13.3度、湿数2.1度
500hPa...西60KT、気温-29.7度、湿数3.2度
300hPa...西70KT、気温-54.7度
東北以北はトラフ。
(1000hPa付近に接地逆転層、860hPa付近に逆転層、640hPa付近に逆転層)

--- 山形の日本海海面温度...8度 ---

--- 鉛直p速度/湿数[山形] ---
12H:850hPa気温-3度、上昇流、乾燥/北部湿潤。西南西30KT。
24H:850hPa気温-9度、下降流、乾燥。北西30KT(寒気移流)。
36H:850hPa気温-7度、上昇流、乾燥。北西25KT。
48H:850hPa気温ー3度、上昇流、乾燥。西南西35KT。
72H:850hPa気温-9度、下降流、乾燥。北西25KT。
--- 降水と風[山形] ---
12H:北西20KT、降水10mm未満(7mmの極大値)。
24H:北西15KT、降水10mm未満(小さい領域)。
36H:北5KT、降水なし(高気圧に覆われる)。
48H:南西5KT、降水なし。
72H:北西15KT、降水10mm未満。

--- 天気予想[山形] ---
今日「北西の風やや強く、雨のち曇り、夜半に雪。」
明日「北のち南西の風、晴れ」
明後日「北西の風、雨または雪」

--- 気象庁さんの天気予報 ---
今日「南西の風後北西の風くもり、朝のうちから昼すぎ雨、所により昼すぎまで雷を伴う」
明日「南東の風日中東の風晴れ、夜くもり、庄内南部では宵のうち雨」
明後日「曇り一時雨か雪」
[ 2006/03/06 09:11 ] 天気日記 | TB(0) | CM(4)
RSM GSMの違い
FXFE507は、72時間予報 つまり数値予報では GSMモデル、

FXFE502/504は、12 24 36 48時間予報 つまり数値予報では RSMモデル、

GSMモデルは初期値時刻から216時間後までの予報、

RSMモデルは初期値時刻から51時間後までの予報、

つまり、FXFE507は、FXFE502/504の予報より格子点間隔の粗いGSMモデルを使って計算されていますから、気象図は同じ範囲ですけれど予報精度が異なります。ですから72時間予報図は48時間予報図より若干精度が落ちます。

------------------------

ホームページの「コメント」で、コメント送信すると画面が消えてしまう現象がここ1週間頻発するため、現在、2004/12/29まで使ってたWin-98パソコンに取替えて検証中です。

いずれこのWin-98パソコンも廃棄処分することを考えてパソコンの中に入ってるファイルを全て削除しましたが、OSと、Office-97のライセンス認証で私の個人情報が入っているため、最終的にはハードディスクを破壊するか、フォーマットせねばならないようです。

Win-98で画面を見ますと、Win-XPで見るよりもよりも一段と鮮明に見えています。もちろん画質調整は自動で行われますが、性能のよい液晶モニターは、古いOSのほうが鮮明に見えるのか、ちょっと不明ですけれど14ヶ月ぶりにWin-98画面を見てあまりにも鮮明な画質に驚きました。

このWin-98パソコンは、現在使用中のWin-XPパソコンが故障した場合にメーカー修理に出した場合のことを想定して現在も保存しています。

CPU切替器を使ってWin-XPといつでも切替えしたり、Win-98を気象観測専用機にしようとも考えましたが、CPU切替器の仕様が私の使用方法に一部合致しておらずさらに検討要す。v-521
[ 2006/03/06 10:41 ] [ 編集 ]
ひよこぴよさんへ
本当に、いつも教えられてばっかりです。
そして、ありがとうございます(^^)

RSMモデルは51時間後までの予想、と、確かに勉強したのですが、結び付いていませんでした。そうですよネ、72Hなので、GSMナノですネ。

多少は違うのでしょうが、精度の違いは格子に影響されているのでしょうから、考えれば考えるほどにメソモデルの出力をみたいと、思いがつのります。この時点で、回りから「気象オタク」と言われること必死でしょうネ(^^;
[ 2006/03/06 17:25 ] [ 編集 ]
起動できなくなったWINのパソコン
忘れてました(^^;
もし、ハードディスクが壊れてしまったのでしたら、「産業技術総合研究所」の「研究紹介/成果」に
◯ KNOPPIX (クノーピクス)日本語版
があります。これは、CDやDVDにLINUXのOSが入ったもので、CDから直接起動できるものです。ダウンロードも可能ですが、雑誌などにも結構入っています。

このKNOPPIXを使うと、いろいろなことができるのですが、起動してホームページをみたりすることは、特に設定をすることもなくできるはずです。HDが壊れていてもPCが使えますし、Linuxですので、ウイルス感染はまずありません(^^)
[ 2006/03/06 17:33 ] [ 編集 ]
しばらく監視
KNOPPIXのご紹介ありがとうございます。私の知識ではすぐには理解できないものの、このような方法があるとは世界各国みなさんいろいろ苦労なさっておられるようですね。

「産業技術総合研究所」の名古屋研究所(元・通商産業省 名古屋工業技術研究所)は3年前まで我家の近所(徒歩3分)にありました。私の住んでるところがわかってしまいますね。現在は名古屋市守山区のサイエンスパークに移転しています。ちょうど筑波の研究学園都市のようなイメージで、市内に散在している各種機関の研究所を同じ場所に移しています。

小学生時代、母に、
「ここは頭が良くて、成績優秀じゃないと入れないところなんだよ・・・」
なんてよく言われたものです。広大な敷地の中に住んでる野良猫、ハト、スズメも優秀なのだろうか・・・なんて思ったものでした。

現在は空地で、地質調査・遺跡調査が行われています。そのあと名古屋市立の総合病院が当地へ移転してきます。将来の、晩年の私の入るところですよ。

本日午後、パソコンをWin-XPに戻しました。これからはインターネット回線が混雑すると予想される夜間はなるべく投稿を控えようと思います。原因は不明ですが、日中は正常ですから (全く不能のホームページもあり、私の使ってるWin-XP[SP-2]のセキュリティが強すぎるという意見もある) たぶん回線の混雑でしょう。そうであれば、まだIP電話には変更しないほうがいいようだ。

私が使用している気象業務支援センターFAXはIP回線のFAXですが、以前のNTTの「Fネット」から「IP-FAX」に回線が変更になった当時は、気象図受信操作をしても1時間も待たされたものです。現在は受信操作した直後に送られてきます。

ところで、本日21時をもって1979/9から使用してきたペンレコーダ(風向・風速・気圧の自記記録などに使用)を撤去しました。実に27年間休みなく使ってきました。メーカーは、
「本機の耐用年数は5年です」
と言ってまして、私の使用状況を話したらモーレツにびっくりされてました。まだ十分すぎるほど継続使用可能ですが、記録紙の保管問題のため運転終了させました。

今後はパソコン収録方式か、液晶モニター式の記録計に変更する予定です。とりあえず4月からはパソコン収録方式で1年ぐらい観測してみる予定です。v-521
[ 2006/03/06 21:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)