コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

GrADS 降水量図の配色変更

降水量が多くなってくると色が足りなくなったり、1mm弱の降水域が分かりにくかったので、配色を変更しました。

配色は、気象庁さんの解析雨量図と同じにしました(^^)
これで、対比させたとき、見やすくなるのではないかと期待しています。
...もっとも、気象庁さんのは[mm/H]で、こちらのは[mm/12H]ですけどネ(^^;

変更したのは良いのですが、0.1[mm]-1[mm]の降水域って範囲が広すぎでした(^^;
0.5-5[mm]を湿潤域として、Cyanを割り当てようと思います。
[ 2006/06/09 14:30 ] GrADS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)