コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

数値予報モデルGPV(MSM)の入手先は

現在、10[m/s]弱の風が吹いています。
窓をちょっと開けると、うるさい音が部屋中に(^^;

さて、メソモデルGPVデータについて調べていたところ、配信先が見付かりました。一番基本的なトコロを調べていなかったようです...
それは、「気象業務支援センター」。
> 数値予報モデルGPV(MSM、RSM、GSM、週間、...)
とはっきり書かれていました。

でも、ここで配信しているということは、有料の気象情報を配信している会社さんと契約しなくてはいけないと云うことですヨネ(^^;

ブックマークしている「宮崎マイコンショップ」さんで扱っているGPVデータの欄には、...MSMはないようです。
「日本気象協会」さんでは扱っているようですね。
http://www.jwa.or.jp/topics/aviation
でも、数値データの取得は、...書いていないようです(^^;

どうも、MSMやRSMのGPVデータそのものが有料と考えられているようですネ。気象庁さんも、データそのものは国民に提供して欲しいものです(税金が使われているのですから)。
[ 2006/06/15 12:17 ] GrADS | TB(0) | CM(3)
MSM
「宮崎マイコンショップ」では、現在[MSM]は配信していないです。

去年、「宮崎マイコンショップ」からGPVサービスが開始された当時、いろいろな案内がメールでユーザに紹介されました。

実は気象業務支援センターのデータを使えば ものすごいことができることはわかっているも、開発に莫大な期間を要する

そのサービスを開始したとしてもユーザーのパソコンにデータを溜め込む現在の方式では、光回線を使用しなければ受信に時間がかかりすぎる

同様にパソコンのハードディスクに多大な負担がかかる

など・・・

それで現在は サービスできることはわかっていても、お客さんが簡単な操作で閲覧していただけなければ採算があわない・・・

ということで、他の会社も悩んでいるでしょう。
JWAは法人相手のサービスとして料金が莫大な金額ですが、サンプル画像は意外と一般向けが多いです。私も1989年ごろ、職場の上司にJWAのシステムを紹介し、1994年に実現しました。

昨日、右手親指を火傷(「二度」のレベルに達して水泡ができている)し、手が痛かったですが、本日は痛みは解消しました。脊髄神経麻痺で指先の感覚が鈍いために、火傷に気がつかないことがあるんです。v-222v-521
[ 2006/06/15 15:29 ] [ 編集 ]
ファイルの容量が大きいですよネ
「サービスできても採算が合わない」
そうですよね(^^) 気象会社さんも大変ですよね。
> 開発に莫大な期間を要する
うーん、これは、あまり無いと思います(^^)
だって、他のデータと同じフォーマットで送られてくるのでしょうし。現在提供しているものと同じ気象図を提供するくらいなら、開発はたいしてかからないハズです。
問題は、どれだけの差別化をはかれるのか、が難しいのかもしれません。

えっ、火傷ですか。
水泡ができたってことは、結構痛いですよネ。
速く治るといいですね。
[ 2006/06/15 16:52 ] [ 編集 ]
MSMデータの配信
MSMのGPVデータ配信を始めました。
csvファイルに変換して配信しますので、PCのアプリケーションですぐに使えます。

データ量が膨大なので、地図で扱う一次メッシュ領域内のデータを1単位として3時間毎の更新データが入手できます。
PCを使った局地解析に利用可能で、気象データの流通革命を起こします。
[ 2006/07/10 20:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。