コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

季節病

季節病とは、季節ごとに特徴的にあらわれる病気のことをいいます。

(春) 花粉症、五月病、神経障害など
(夏) 腸チフス、赤痢、胃腸炎、脚気、百日ゼキ、水虫、ガン
(秋) 気管支喘息、夏バテ、食中毒、頭痛、関節痛、脳梗塞
(冬) インフルエンザ、肺炎、脳卒中、心臓病

これらの病気の多くは、アレルギーを持つ人、情緒不安定な人、自律神経失調な人、体内環境が不安定な人などがかかりやすいとされており、天候の変化にも過敏に反応するらしいです。

体内環境の不安定って、寝不足とかも入るのかもしれません。ちょっとだけダストアレルギー気味なのですが、寝不足のときやお腹が空いたとき、過敏にくしゃみがよく出るんですよねぇ(^^; 皆さんはいかがですか?


参考文献:原田,人はなぜ天気に左右されるのか,河出書房新社,pp.21-32

[ 雨が降ると頭痛がする理由 ] 原因にはさまざまな学説があるが特定されていない。考えられる原因としては、
 1.急激な温度変化
 2.気圧の低下
である。気温の変化があまりに激しいと、交感神経が刺激を受け、自律神経のバランスが崩れることが考えられる。急激な気圧の低下は、軽いうつ状態になり精神不安定となるため。この急激な気温や気圧の変化は寒冷前線が通過するときである。

[ 気管支喘息が起きやすい天気 ] 喘息の原因として、室内の埃やダニ、カビ、花粉、動物の毛などのアレルギーによると言われている。そして、天候の変化、気温の急激な変化も一因として挙げられてきた。最近の研究で、雨の日より高気圧が通過する晴れた日が喘息発作の頻度が高いことが分かってきた。高気圧によって乾燥した晴天となり風が弱くなる。結果、放射冷却によって地面付近には重く冷たい空気がたまり都市などではスモッグが生じる。つまり、細かい塵やカビ、花粉などがたまり、引き金になると考えられている。

[ 脳卒中の起きやすい気象データ ] 前日より気圧が下降、雨よりも晴天の日、一日のの温度差がもっともでやすい15~18時、湿度60%以下。この気象条件は、寒冷前線が通過した直後の時を表す。
[ 2005/09/27 13:40 ] 気象病と小児医療 | TB(0) | CM(14)
こんにちは

貴樹さん、興味深く拝見させて頂きました。
気象予報士河合薫さんの「体調予報」という本も読みやすかったですよ。
ご参考まで。
[ 2005/09/29 12:57 ] [ 編集 ]
耳管狭窄症
43才を過ぎてから、鼓膜の病気持ちになりました。気圧の変わるのが、鼓膜の調子で判ります。低気圧とか、高気圧とかではなく、気圧の変化に合わせて、鼓膜が(旨く言えないのですが)、張るような感じになります。これも気象病?
[ 2005/09/30 00:16 ] [ 編集 ]
体調予報
満天さん、本の紹介ありがとうございます。体調予報という本、知りませんでした(^^) 早速、調べてみたいと思います。とても参考になります。
[ 2005/09/30 08:30 ] [ 編集 ]
Re : 耳管狭窄症
雛まつりさん、こんにちは(^^)。
耳管狭窄症という名前は初めて聞いたのでちょっと検索してみました。

http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/jikankyusaku.htm

なるほど。文面から読み取ると、「気圧の上昇・下降による変化率」によって症状が現れるのですね。短期間の気象変化で現れるので、気象病といえるのではないでしょうか。娘が「滲出性中耳炎」で何回か鼓膜に孔をあけました。今は、やっと治ったのですけどね。

話がそれてしまいました(^^; 気圧の変化の仕方によって症状が変わるのでしょうか。とすると、地上天気図をみて、等圧線が込んでいる場合と、そうでない場合で、症状が変化するのですね。もし、予防策があるのでしたら、24時間後の地上天気図などをみるとよいのかも知れませんね。
[ 2005/09/30 08:50 ] [ 編集 ]
万年病気
 v-521私は幼児期より一年中病気でしたから、よくここまで生きてこられたと両親や職場の同僚に感謝しています。

きょう午前中の国会中継(衆議院・予算委員会)で「少子高齢化」「まもなく団塊の世代が退職を迎える」「60代はまだ元気で・・・」という答弁があり、同感でしたが、私は「病気都合の解雇・復職困難という医師の診断」で48歳で退職。これを思い出すと病気などで早期退職、リストラクチャリングで早期退職させられた労働者はどうなるのか・・・と思ってしまいます。

特に病気の人は医師から勤労を禁止されているわけだから・・・と言って代わりの収入は「ゼロ」 

なんとかこれ以上病状が悪化しないよう、あと100年生きなければ。v-519
[ 2005/09/30 12:07 ] [ 編集 ]
退職
そうですね。病気で退職となったかたは基本的に勤労を禁止させられている場合がほとんどでしょう。その際の収入と考えると、たしかに難しいですね。なんとも答えようがありません...

リストラされた方は、当面は「失業保険」をもらうこともできますし、今後景気が良くなってくれば雇用も増えてくるでしょう。でも、再就職って、大変ですよね。家庭を持っていればプレッシャーも大きいと思います。

そう、とりあえずは病状の回復を図ることが大事なのですね。わたしは妻から「健康おたく」と呼ばれています(^^; そんなつもりはないのですが、呼吸器系が強くないので多少は気をつかっています。
[ 2005/09/30 14:59 ] [ 編集 ]
傷病手当金
v-521収入がゼロ」といいましても、私の場合はあと1年間「傷病手当金」が支給されますが、それも2006/9でおしまい。あとは公的年金支給までの約15年間は貯金を下ろして使うしか・・・

毎日、貯金と年金のシミュレーションを表計算ソフトで計算しています。東海地震が発生したら・・・もうお手上げです。ホームレス覚悟です。

気象台の気温は「気温センサーが直射日光に当たっていない」ということでして、気温センサーを収容したステンレス製の通風筒や、かつての百葉箱は一日中日陰にならない観測露場に設置してあるんですよ。

我家にも百葉箱がありますが、周囲はコンクリート・アスファルト舗装の道路、駐車場ですから気象官署のような芝を植えた露場にするわけにはいかず、それで晴れた昼間ですと、もよりの名古屋地方気象台より3~5゜も暑くなります。その熱気が室内に流れ込んできますから盛夏は冷房しないと室温が40゜になります。
[ 2005/09/30 17:53 ] [ 編集 ]
百葉箱
え? 百葉箱は、今は使われていないのですか。ステンレス製なのですか、今は。センサーが入っていますし、当然なのでしょうけど、金属製だと なんだか 熱伝導で直射日光の影響を受けそうなイメージですね。百葉箱って、たしか、木造でしたよね。
[ 2005/09/30 21:54 ] [ 編集 ]
百葉箱は30年前
v-521百葉箱は、気象官署によって測器の変更時期は多少違いますが(これは気象庁の予算により全国一斉に変更することができないなど)、たとえば名古屋地方気象台では1972/4/30まで百葉箱を使用し、翌日の5/1から「地上気象観測装置」という露場に測器を設置して測定ケーブルを庁舎の観測室に引き、室内で自動記録させる方式になりました。

そのときから百葉箱は廃止されましたが、自動化した測器も故障はしますし、当時の露点センサーは湿度にして約10%までしか測定できないため、毛髪自記湿度計も併用していたようです。

その後「JMA-80型地上気象観測装置」「JMA-95型地上気象観測装置」と変遷してきています。

仙台管区気象台ホームページの中に測器の写真があります。

「気象測器紹介」
http://www.sendai-jma.go.jp/wadai/sokki/sokki.html

「気温の観測方法」
http://www.sendai-jma.go.jp/wadai/sokki/sokki2.html

「湿度の観測方法」
http://www.sendai-jma.go.jp/wadai/sokki/sokki4.html

「気象測器メーカーのカタログ一例」
http://www.ogasawarakeiki.co.jp/products/temp/a9140.html

貴樹さんも一台どうですか?

私の観測方法は、ステンレス通風筒方式ですと一式200万円ぐらいかかりますし、百葉箱なら実験用として各種の測器を入れることができますので、百葉箱を自作して気温センサーと露点センサーを入れていました。

気象官署の測器は官署によってメーカーは違いますが仕様は同じ気象庁規格です。契約の関係上、特定の一社だけに発注できないなどの理由があります。v-278
[ 2005/10/01 08:54 ] [ 編集 ]
気象測器
気象測器のHPを見てみました(^^; 値段が書かれていないって事は...高いのですね? 正直、欲しいとは思うのですが、結婚をするとお金の都合がなかなか出来なくなるようです(^^; でも、一番欲しいのは、あっちゃんさんが画像提供してくれているレーダーエコー図のシステムですね(^^)

まぁ、無理なことばかり書いていてもしょうがないのですね。気象庁も、せめて数値予報のデータくらいFTPサーバーにおいてくれればよいのに...(泣)

最近、天気予報をマメにチェックするようになったせいか、最近だけなのか分からないのですが、結構予報って変化するのですね。明日の予報ですらかなり変化します。今からでも、頑張れば気象庁の予報に勝てるのかな?
[ 2005/10/01 22:52 ] [ 編集 ]
気象測器の値段
v-521測器の価格はびっくりするほど高いです。ガラス製の温度計1本ですら3万円はします。

現在気象庁が使用している観測システム一式はパソコンなども含めたら1000万円ぐらいでしょう。

私が1977/7から自宅で観測開始してそれにかかった設備費はこれまでに、測器、通信設備に約800万円かかりました。我家はマイカーが無いのでそれにかかる費用はなく、それで買い揃えることができましたけれど、それでも個人では故障しても買い替えるわけにはいかないですよね。

測器はメーカーの代理店から購入しますけれどメーカーの標準価格表の値段の60~80%ぐらいで買えますし、買い方を工夫すると30%ぐらいでも買えます。

私の使用していた気温・露点計測システムは 一式100万円のところ39万円。気象無線FAXは 130万円のところ67万円。気象業務支援センター専用ビジネスFAXは 42万円のところ27万円で買えました。

しかもこれらは気象観測用・業務用ですから耐久性は抜群で、気象無線FAXは今年で26年目、気温・露点計測システムはメーカーが消耗品の生産を完了したため一部の機能は停止してますが、今年で24年目、気圧計システムは27年目です。

値段は高いですが工夫するとおおむね6割以下で購入できますし、抜群の耐久性ですから1日あたりの費用はマイカー(車両価格・税金・燃料費・駐車場費)より安いと思います。

私が利用している有料気象情報が9/30より機能向上しまして、気象台並みの予報支援システムになっています。

「宮崎マイコンショップ」
http://wxw.miyazakimycom.com/

予報支援システムの「四季快晴」
http://wxw.miyazakimycom.com/shikikaisei/manual/

「四季快晴」の概要
http://wxw.miyazakimycom.com/shikikaisei/syoukai/

私はこれまで自分で測器の工事をして観測をしてきましたけれど、測器も25年以上たちますと老朽化やメーカーも消耗品の生産を完了してますから、これからは自分で観測をするのは健康上の都合もあり終了させてパソコンでデータ受信する方法に移行開始しました。v-382
[ 2005/10/02 08:58 ] [ 編集 ]
宮崎マイコンショップ
紹介ありがとうございます。
ここですと、WEB会員になれば始めは入会金が必要ですけど、その後は年会費を払えばよいのですね。

ウェザーアトラスもなくなってしまいましたし、ちょっと本気で考えてみようかな?個人で、ちょっとデータを見たいときに便利そうですね。でも、業務に使いたいときは、別契約なのでしょうね。業務で使いたいときは、気象業務支援センタとかからデータを入手する必要があるのでしょうが、ここ、高いんですよね(^^;
[ 2005/10/03 17:58 ] [ 編集 ]
個人契約できますよ
v-521「宮崎マイコンショップ」は個人契約と法人契約がありますが、自宅で使うなら「個人契約」できます。職場で使うにしても主としてご本人が使用するのであれば個人契約でいいと思います。

法人契約しているお客様は放送局ぐらいだと思います。

「ウェザーアトラス」をご利用でしたか?

私も9/30までの契約でしたが「宮崎マイコンショップ」が新しいサービスを追加(追加契約は不要)してからは、そちらのほうが便利になったため7月には「ウェザーアトラス」を削除したほどです。

もっとも「ウェザーアトラス」のアメダスの地図表示は抜群のわかりやすさでした。

気象業務支援センターが配信しているオンライン情報は主として気象情報会社向けでして、「宮崎マイコンショップ」も「ウェザーアトラス」も気象業務支援センターからデータを受信して、それをプログラマーが一般の人にわかりやすく図表にして配信していますから、もとのデータは気象業務支援センターのものです。

http://www.jmbsc.or.jp/online/top.htm
このデータを気象情報会社が受信して、安く一般向けに再配信しています。

もっとも自分で、もっと工夫したいとなれば気象業務支援センターから直接[FTP]で受信して、自分でプログラムすることになりますね。

私も最初は「宮崎マイコンショップ」が専門家向けのデータを配信していることを知らなかったので、高額な気象業務支援センターのデータを受信せねばならないも、自分でプログラミングする知識がないため最初からあきらめてましたが、たまたま1999/5にパソコンを買った前年頃に「宮崎マイコンショップ(当時はIBC-WEB)」が気象業務支援センターの情報を受信して、インターネットで気象庁が配信しているほとんどの気象図を公開する業務を始めたのでここに加入しました。

「宮崎マイコンショップ(当時はIBC-WEB)」は1990年ごろ気象関連の業界誌で知りました。

入会金は2000円ぐらいだったと思います。個人契約の年会費は25200円です。一日あたり70円ぐらいです。法人契約ですと、この10倍になります。
[ 2005/10/03 19:55 ] [ 編集 ]
「宮崎マイコンショップ」
v-521「宮崎マイコンショップ」の「入会」の案内を見ましたら、現在は個人・法人の区別がなくなってるようで、全てかつての個人契約料金に統一されたようですね。その代わり・・・入会金が12000円と値上げされたようです。

「入会案内」
http://wxw.miyazakimycom.com/admi.html
v-519
[ 2005/10/03 20:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。