コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

気象情報の読み替え

1. 気温
 天気予報の気温と私たち周囲の気温が違うことに気づいているでしょうか。
[ 気象台 ] 風通しがよく、直接太陽光が当たらない場所で地上1.2mの位置で測定しています。
[ 私たち ] アスファルトによる照り返しがあるため5℃以上は高いといえます。冬ならば、冷たい空気は重く知面付近に溜まります。そのため、3から4℃は低くなります。
[ 幼い子供 ] 背が低いため、夏は大人より数度高く、冬は数度低い気温の中にいることになります。

2. 湿度
 天気予報では相対湿度を使っています。つまり、同じ50%の湿度でも、30℃の場合と、10℃の場合では空気中に存在している水蒸気量は異なるのです。
呼吸器系の病気に注意する必要があります。

3. 体感温度
 風速を考慮した温度を体感温度といいます。体感温度は、風速が1メートル増すごとに1℃ずつ低くなるといわれています。つまり、風速10m/s、気温10℃の場合の体感温度は 0℃ となります。風が強い日は寒く感じるはずですね。


参考文献:村山、病は気象から、実業之日本社
[ 2005/09/30 14:14 ] 気象病と小児医療 | TB(0) | CM(1)
ご連絡

貴樹さんへ

貴樹さんのブログをブックマーク登録させて
頂きました。
こちらこそ不都合などございましたらご連絡くださいね。どうぞよろしくお願い致します。
[ 2005/10/03 18:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。