コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

26 気象予報士試験 模範解答と解説

本屋さんで見付け、購入しました。
学科専門しか終了してませんが、とりあえず、感想です。

個人的にですが、難しかったのは「問3」と「問15」。
特に、「問15」が難しいと思います。
解説を読んだのですが、平年の月平均天気図との比較をしていました(長期予報の問題です)。平年の天気図といったって、普通の受験者は知らないでしょう(^^; 完全にやられました...

もっとも、試験問題を作成する側としては、当然の処置でしょう。だいたい11/15が合格ラインなので、1~2問くらいが難しい問題、2~3問くらいが引っかけ。こんな感じでしょうから(^^)


あ、この本、まだ画像が無いようです。
ま、いつもと同じような表紙ですけどね(^^)
[ 2006/11/27 18:06 ] 本の紹介 | TB(1) | CM(5)
今日届いたところです
 今日この製品が届きました。今回は専門知識は免除だったのですがもし受けていたら受かっていたかどうかわかりません。問3の問題は難しいですね。ほかの問題で湿っているときのほうが観測可能高度が高くなるというのができなかった。降水粒子の移動で風の動きを判断するわけですから当然でしたね。15は1番かと思いきや・・・よく見ないと勘違いしますね。よく検証しないといけないようですね。下手をすると実技はおろか専門知識だって落としかねないですね。
[ 2006/11/27 23:24 ] [ 編集 ]
そうなのです。私も見事に引っかけにかかってしまってました(^^; 時間を見付けて、実技問題も試して見たいと思っているのですけどネ。
でも、他にも面白そうな本を購入してしまったので、そちらから読みはじめてしまいそうな自分がいます...(^^;
[ 2006/11/29 12:29 ] [ 編集 ]
10点ほど足りない
昨日今日で改めて実技1と2をやってみましたところ双方とも10点ほど足りない状態でした。作文のひとつも余計にできればなんとか合格に結びつくのですが・・・
[ 2006/11/29 23:36 ] [ 編集 ]
10点
まだまだ時間はありますよ(^^)
2ヶ月、ありますので、がんばってくださいネ。
...さて、私も試してみたいのですが、最近長期予報の勉強もしたくなって来て(^^; でも、進んでいない...です(^^;

[ 2006/12/02 08:50 ] [ 編集 ]
書店開店
11/30に名古屋市中区にまた新しい大型の書店がオープンしました。「あおい書店 本店」です。

名古屋市は数年前から大型書店が開店しては撤退を繰り返しており、またも開店か。この周辺には大型書店(メガブックストアー級)が老舗の丸善名古屋支店の周囲に7店舗以上あって、私としては自宅から自転車で15分以内と非常に便利です。

しかし新しく開店した店の多くは老舗にはかなわないらしく、売れない本は整理して、売り場面積も縮小していきます。

「あおい書店」は名古屋市に本店があります。今回は旧・星野書店名古屋栄店跡地(ここも大手の書店)に開店しました。開店当日1番乗りで行き(私は混雑した環境が「めまい」に大敵なので お客がすいている時間帯に行く)ましたら、店内は出版社の内覧会のような雰囲気で、多くの出版社の営業マンと書店の店員・幹部社員とみられる方々がアッチコッチで名刺交換して挨拶していらっしゃいました。

時間帯からして一般のお客様は、私を含めて数名。フロアー面積 約2300平方メートル

さっそく前回の気象予報士国家試験の模範解答を探したものの、なんとこの店は 気象・天文・地震コーナーの蔵書が極めて少ない。目的の解答集はまだなかった。

工学系(機械・電気・電子・土木・化学・・・)は抜群の蔵書数で気に入った。さっそく
 「新版 電気用語辞典 コロナ社」
 「国際通信の日本史 東海大学出版会」
を買った。どちらも私のかつての仕事そのものである。v-90v-521
[ 2006/12/02 19:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

試験問題
気象予報士の試験問題に関する情報です。
[2007/03/11 14:13] 気象予報士@試験
プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。