コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「気象新聞」発行終了...です。

おはようございます。
1月に出張が入っているため、準備が忙しくほとんど更新していなかったのですが、やっと、落ち着いて来ました(^^)

さて、気象新聞、ですが、どうやら今年度いっぱいで終了するようです。ちょっとだけ、残念です。内容的に、新聞としては古い情報であること、インターネットを通じて入手可能な情報が多いこと、いろいろと考えられるのでしょうネ。

いっそこと、気象雑誌のようなイメージで、紙ではなくCD-ROM媒体にするとか(コスト削減)、パソコン上で簡単なシミュレーションができるような付録をつけるとか、...。そんなだったら、いいなぁ...と思います(^^)
# CDROMだけの雑誌、以前ちょっとだけありましたよネ。
[ 2006/12/22 08:00 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(10)
かつて5年間購読
私も「気象新聞」は2003年ごろまで5年間購読していました。最初はまだパソコンを持っていなかった頃でして、中身の前月の主要都市の気候表を見るのが目的でした。同時に「気象庁・気候系監視報告」も購読していました。

「気象庁・気候系監視報告」はいろいろと名前が変遷しており、かつては「異常天候監視報告」「長期予報資料」「季節予報資料」という書名でして私が東京勤務時代に気象庁・天気相談所で見た当時の季節予報資料」が気に入り、これは一般に販売していないだろうかと日本気象協会に問い合わせたものでした。当時はまだ一般販売はしていなかったです。

書名が「長期予報資料」と変わった頃から一般への販売が開始されました。

今年はあまり本を買わない予定でしたが、たまたま学生時代から、「将来 いつか読んでみよう・・・」と思っていた自然科学史のシリーズの復刻版が発売され、それはあまりにも高価なので復刻版以前の古書(実は新品)を古書ネットで買ったこともあり、今日現在30冊になりました。

以下、今年購入した書籍一覧(著者・出版社省略)
--------------------------------------------
・新訳ダンネマン大自然科学史(全13巻)
・増補 気象の事典
・法則の辞典
・イラスト図解 よくわかる気象学
・近代日本と物理実験機器(京都大学所蔵明治・大正期物理実験機器)
・物理ポケットブック
・電子情報通信技術史(おもに日本を中心としたマイルストーン)
・電気の史料館(東京電力・電気の史料館ガイドブック)
・エレクトリック・エナジー全書(第1分冊・第2分冊)
・NTTグループ社史[1995~2005]
・アンテナ・無線ハンドブック
・改訂 電子情報通信用語辞典
・エレクトロニクス用語辞典
・新版 電気用語辞典
・国際通信の日本史
・百万人の電気技術史
・日本のエレクトロニクスの源流(上巻・下巻)

--------------------------------------------
「NTTグループ社史[1995~2005]」は、あと退職が半年後でしたら職員に支給されたものですが、私はたまたま病気で寸前のところで支給される権利がなく、それでたぶん1年もすれば古書ネットで買えるだろう・・・と待っていたら見つかり、それで買いました。実際に私が退職したのは2005/9/5ですから、年度で言えば約7ヶ月早かったことになります。しかし1日でも出勤できる体調ではなかったためあきらめました。v-521
[ 2006/12/27 12:05 ] [ 編集 ]
今年、購入した本
私も、今年いろいろ本を購入しました(^^)
以前はLinux関係が多かったのですが、最近は気象関係が多いですね。NTTグループ社史、ですか。そのような本も売っているのですね。

最近、長期予報に興味があります。気象業務センターさんから季節予報関係のテキストも購入しました。現在、勉強中です(^^;
[ 2006/12/28 09:21 ] [ 編集 ]
今年最後の発注か
昨日、あれからさらに、

・日本のエレクトロニクスの源流(逓信省電気試験所神代分室の記録)工業調査会

が届きました。本書は先に入荷した

・百万人の電気技術史

の巻末に掲載されていた本です。書名の副題の「逓信省電気試験所神代(じんだい)分室」というのは・・・実は私のかつての職場の電電公社・中央電気通信学園の前身なんです。それで発注しました。届いて中をさらりと見ましたら、なんとまあ驚くなかれ私の新入社員時代に教えてもらった当時の東京大学教授を始め、ノーベル物理学者の江崎氏(エサキダイオード)その他、電気系の人ならだれでも知っている世界的に有名な学者がこの逓信省電気試験所で働いていたというまことに驚きました。在職中はその有名な人の講義を受けたこともあり、ある人は、

「私もかつて電電公社の研究所におせわになり・・・」

とよく聞いたものでしたが、あの先生がそんなに有名な人だとは知らなかったので本書を見てびっくりしています。私の先輩はものすごい人が大勢いるのだなぁ~ しかもかつての私の職場の前身で同じ場所で働いておられたとは、私と勤務していた時代は違うものの驚きでした。

昨夜、古書店から広告メールが届き、その中に、

・コンパクト版 電気設備工学ハンドブック
http://ssl.ohmsha.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?&ISBN=4-274-20331-X

があり、本書は既にハンドブックとして1年ぐらい前に発行されているも、近年は大きなハンドブックのコンパクト版、縮刷版もよく刊行されるので、本書もたぶん縮刷版が出るだろう・・・と待っていたらちょうど先月発売。早くも古書店でも発売。それで即発注(6500円)しました。

たぶんこれが今年最後の本になる予定です。

かつての仕事柄、やはり私は電気系の本が多くなります。今朝も電力会社に再就職した夢を見ましたよ。

「あなたは 気象と電気 どちらがすきなの?」

と聞かれれば、それは両方です。どちらも相互に関連しているからです。

今晩から明日にかけ、当地は雪になる可能性あり。v-278v-277v-276v-521


[ 2006/12/28 12:01 ] [ 編集 ]
本の発注
さすが、ですね。さらに注文されたのですか(^^)
私は、まだ目を通していない本(現在読みたい本)があるので、とりあえずは...ですかね(^^;

こちらは、結構冷えてきています。
寝室に入ってみたら、かなり寒くて。ヒーターにスイッチを入れてみたら、...3℃でした。なかなか部屋も暖まりません。風も結構強いようです。
[ 2006/12/30 23:34 ] [ 編集 ]
初雪
こちら名古屋北部は12/29に初雪になりました。今シーズンはちょっと遅いです。我家の部屋も暖房運転開始する早朝ですと7゜ぐらいまで冷えることはありますけれど、5゜以下ということはまずないです。もちろん窓を開ければ氷点下になりますが。昨日(12/30)は最低気温が -2゜でした。

私も本は買ってすぐに読み始める ということは少ないです。たいていは数年前から買う予定をしていてタイミングをみて発注しますから、買って数年後に読み始めるということも多いです。

あの本を読めば ここがもっとわかりやすく書かれているだろう・・・ということで発注しますから急がないということが多いです。買おうと思ってから30年たって買った本もあります。

事典類は、買ってから全ページを確認し、概要を掴んだらあとは必要に応じて事典のように調べ物に使い、機会をみつけて最初から最後まで全ページを読みますが、それは数年後ということが多いです。

実際に現役時代に買った気象学に関する事典類でも、当時は仕事から帰宅してから読むわけでして、しかも自宅では大半を業務命令による電気系、通信系の資格取得のための勉強に費やしていましたから、事典類を読み始めたのも病気で休職になった2001年後半からです。

ただ・・・「物理学大事典」などはこれ1冊だけで毎日5ページ(B5版で約2000ページで文字も小さいから1日に10ページが限度)読んだとしても1年以上はかかりますし、その本だけ読んでるわけにもいかず、その種の事典は死ぬまででも全ページの精読は無理かもしれません。v-521
[ 2006/12/31 09:33 ] [ 編集 ]
辞典類
そうですね。
概略を知るために、さらっと読むことは大事なのでしょうね。ひよこぴよさん、来年もよろしくおねがいしますね(^^)
明日から、実家に行って来ます。良い本を購入できれば良いのですが。
[ 2007/01/01 00:18 ] [ 編集 ]
どうぞよろしく
私こそ、自分のホームページを開設せずに皆さんのホームページの掲示板にばかりに投稿させていただけてありがたく思います。

本来ならば私もホームページを開設せねばならないですが、ちょっと困難です。今年、来年、また100年後、1万年後も投稿させてください。ただ40億年後はたぶん無理だと思います。太陽が赤色巨星になる可能性があり、地球の軌道は太陽の中に入ってしまう可能性がありますから。

---------------------

現在の太陽の直径は、現在の月が地球を中心とする公転軌道の直径の 約2倍もあります。v-521
[ 2007/01/01 15:15 ] [ 編集 ]
ことしもよろしくおねがいします
 今年もお邪魔しますのでよろしくお願いします。
ひよこぴよさんのご近所に私らの業種から転身してラーメン店を出された方がいます。私も行ってみたいのですが少し遠いので今のところ難しいです。私自身も今年は転身というより気象というレパートリーを加えたいですね。
[ 2007/01/01 22:17 ] [ 編集 ]
ラーメン店
冬ソノさん ご紹介のラーメン店へ行ってきました。もちろん今日はまだ休日でした。この名古屋市北区柳原商店街はものすごい密集地ですから、歩いているうちにうっかり目標の店(どの店も)通過してしまいます。なので道路の反対側の歩道を歩いて観察するわけです。

我家は私、一人暮らしではないので私だけ食事に出かけるわけにはいかないので、両親が旅行などで外出したときにでも再度行ってみるつもりです。

この商店街は私のリハビリ歩行コースのひとつでもあります。名古屋城一帯を歩行して柳原商店街を通って帰宅すると約6kmあります。

本日、今年最初の本を発注。非売品の、

「電子技術総合研究所100年史」

を古書ネットで発注しました。経済産業省電子技術総合研究所 逓信省電気試験所 電電公社電気通信研究所 はもともと同じ組織で、その後分野別に分離独立したものです。

電気関係の古書は気象関連に比べると桁違いに多いため、欲しくてもとても買える分量ではないためにあきらめがつきやすいです。

自然科学系学術書の古書店一例紹介
「明倫館書店」
http://www.meirinkanshoten.com/index.asp

電気工学系の古書店一例紹介
古書店Yumoto
http://www.mmjp.or.jp/yumoto/index.html#top

書籍一覧を見ると、私の欲しい分野の本ばかりですが、あまりにも大量なので買えない・置けない とあきらめがつきます。v-521
[ 2007/01/03 20:55 ] [ 編集 ]
ほんとうに近いのですね
 世の中つくづく狭いなと思います。
ウチの奥さん私のスノボサークル参加者だったのですがインターネットで全国区なのにびっくり至近距離に住んでいたのです。学校業務員つながりのラーメン屋さんも貴樹さんのブログを通じてひよこぴよさんと近所だし、不思議な感じですね。すごい確率だと思いますが。
[ 2007/01/04 23:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。