コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

重たいデスクトップ

職場で使用しているWinXPですが、私用のノートPCよりも重たいのです。はじめの頃は、そんなじゃ無かったはずです。
# どのくらいって、マウス右クリックでメニューが出てくる
# はずなのですが、2秒くらいかかるのです(^^;

もしかしたら、と思い、あるソフトを使用してみました。
そしたら、サクサク動くではないですか(^^)

ということで、重たくなったWinをお持ちなあなた。
試してみませんか?

使用したソフトは、「スパイウェア駆除ソフト」です。
私は、LavasoftのAd-awareを使用しました。

使用方法は簡単です(英語ですけど...)。
日本語で解説しているサイトもあるようです。検索してみてください。

1. 「check for updates now」をクリック
# 下から2番目くらいの場所です。

2. 「connect」して、ダウンロードするファイルがあったらゲットします。そして「finish」

3. 「start」します。「next」を押すと始まります。
# たぶん、一番下にあります。

4. スキャンが終了したら、ページを「next」で進めます。

5. 怪しいファイルが見付かっていたら「チェック」します。
で、とりあえず、復活できるように「Quarantine」でセーブします。

6. さらに「next」を押して進めて、「ok」をクリックすれば削除終了です。

以下のサイトにも画像つきで操作方法が書いてありました(^^)
http://www.higaitaisaku.com/adaware.html
再起動すると、かなり軽くなっていると思います。
なっていない方は、メインメモリが256MB以上あるかどうかを確認してください。少なすぎると、効果がありません(^^;
[ 2007/01/10 00:00 ] コンピュータ一般 | TB(0) | CM(2)
軽すぎるノートパソコン
我家のデスクトップパソコン、以前も、今回も1セット約15kg それに対し年末に買ったノートパソコンはわずか1.1kg あまりに軽くて液晶パネルを開けるときに本体が浮き上がります。もっとも今回買った物はモバイルノートパソコンですから一段と軽量になっている。

買ってちょうど3週間たちました。そろそろパソコンの設定を自分用に変更しようと思います。変更を誤って 「ソフトの動作が重くなっては」 いけないので、デスクトップパソコンの設定を見ながら、それと同じにしていくつもりです。

もうひとつの課題 ノートパソコン本体の表面温度が30゜になっている。この季節の私の部屋の室温は15゜前後。盛夏には冷房して29゜ つまり約15゜暑くなるから、ノートパソコン本体の温度も45゜ぐらいになると予想。(放熱の法則から室温よりノートパソコンが冷えることはありえない)

それで私の場合は午前中は通院・リハビリでノートパソコンはほとんど使用しないため だいたい13時~21時まで連続運転させているが、盛夏にはノートパソコン用の冷却器が必要だろうと機種選定準備に入った。

購入予定のノートパソコン用クーラーの一例
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=TK-CLN3&cate=1
v-521
[ 2007/01/10 11:18 ] [ 編集 ]
ソフトの動作
動作。普通に使っていても重くなってしまうようです。このソフトを使用するまで、アプリケーションの起動すら遅くて使いものになりませんでした。

そちらは暑いデスからネ...(^^;
そうそう、年賀状を整理していたら、私の大学時代の友人が愛知に引越しをしたそうです。東北に実家があるので、夏は大変かもしれません。
[ 2007/01/10 12:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。