コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

エラーの原因はフォントではない?

昨日の続きです。

フォントを現在あるフォントに修正し、再度コンパイル。
...あれ? 直っていない。
どうやら、フォントはメニューなどに使われているフォントだったようです。

今度は、MesaのライブラリにスタティックにリンクしていたMakefileをシェアードなライブラリに再度変更しました。
前回は、エラーがでたはず。

.....
ViewerController/ColorSelectionClass.o ViewerController/ConvertRGB_HSBClass.o -L/usr/X11R6/lib -lGLw -lOSMesa -lGLU -lGL -lXm -lXt -lX11 -lXext -lpthread -lm

うん、ここまでは良し(^^)

/usr/X11R6/lib/libOSMesa.so: undefined reference to `driDispatchRemapTable'
collect2: ld returned 1 exit status
make[1]: *** [advvis] エラー 1

どうやら、エラーのキーワードは「driDispatchRemapTable」に関係しているよう。
そして、MesaのファイルにDRI関係のドライバが付属していないことが原因らしい。

さて、
http://dri.freedesktop.org/wiki/Download
にいって、それらしいファイルを見付けた。
デビアンではないので、パッケージは無いようだが手順がかかれている。これから、試して見ます(^^)

.....
試してみました(^^;
皆さん、絶対に試さないでくださいネ。Xが起動しなくなります。手順通りに作業すればバックアップがありますので、別PCからtelnetかsshでログインし、復旧してください。

んー、じゃ どうすればいいんだろ?
[ 2007/01/13 00:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)