コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

VineLinux4.0 作業環境の構築

さて、基本パッケージのインストールは終了したので追加インストールなのですが、さっき間違えて消してしまいました(^^;
...憶えている範囲で、インストールしたファイルを書きます。

synapticを起動します。
1.xfceで検索し、task-xfceを選択。
2.glで検索し、XOrg-gl, XOrg-gl-devel, Xgl, freeglut, freeglut-devel, t1lib, t1lib-progs, vis5d+, vtk, vtk-tclを選択。
3.gccで検索し、gcc-g77, gcc295, gcc295-c++, gcc-cpp, gcc4, gcc-cpp, gcc4-gfortranを選択。
4.motifで検索し、openMotif, openMotif-develを選択。
5.anthyで検索し、anthy-elを選択。
6.fluxbox
7.canna, uim-canna, canfep
8.xemacs, xemacs-sumo
9.aumix-X11
10.gv
11.uim-xim, uim-tomeo-gtk, uim-gtk, uim-fep, uim-el, kinput2, kterm
12.gqview
で、「適用」を押してインストール。
...だったと思います(^^; 一応、/var/cache/apt/archives を見てみると...そんな感じかな、うん。

次は、フォントですね。
TeXファイルをコンパイルして、...あ、gvが入っていないので、gv をインストール。うん、標準フォントも結構キレイになったようです。
さて、Vine3.2のフォントをいれてみます(Disk 1)。
# CDROMは /media に自動認識されました。
rpm -Uvh TrueType-dynafont-1.0-0vl1.noarch.rpm
rpm -Uvh TrueType-ricohlx-4.5-0vl1.noarch.rpm
...使えるかなぁ...あ、ダメっぽい。

そうそう、Vine3.2でリコーフォントを使うttf.confだっけ? あれがアップデートされていたっけ。...ダメですネ。
...そういえば、サザナミフォント(TrueType-sazanami)を削除すればいいっていってたっけ。...削除、と。...OKのようです(^^)

さて、前回設定していた、Emacsの設定をしますか。
.emacs.elを編集します。
(setq emacs-ime "anthy-el")とし、以下を追加します。
(define-key anthy-mode-map "$" 'YaTeX-insert-dollar-or-anthy-insert)
(defun YaTeX-insert-dollar-or-anthy-insert ()
(interactive)
(if (eq major-mode 'yatex-mode)
(YaTeX-insert-dollar)
(anthy-insert)))

ランチャの登録です(^^)
uim-toolbar-gtk # 日本語入力ツールバー
tkaddwdcv2.tcl # Canna辞書登録ツール


[ 2007/01/21 00:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)