コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1ヶ月予報の検証:平均気温と平年値

気温といっても、平均気温、最高気温、最低気温とあります。
とりあえずは、平均気温をチェック。

1月の平均気温を時系列でプロットしてみました。
...これだけでは、変動しかわからない...ですね。
そう、「平年値」があるといいのかな?

気象庁さんから、1月の平年値をゲット(^^)
一緒にプロットしてみると、全ての平均気温は平年値より大きい値でした。しかも、上旬は気温が上昇してもその後下降して平年値に近付こうという努力がみられるのですが、中旬以降はひたすら離れるばかりです(^^;
...どおりで、あたたかく感じるわけですね...。

平年値を知ったので、これで、偏差からどの程度の予想気温かが分かるようになりました。実は、今まで平年値ってどこを調べれば良いのか...分からなかったのです...(^^;

だから、天気予報をみても「平年より...」と言われてもピンとこなくて。多いと思いますけどネ。皆さんは、「平年より...」と言われてすぐに「このくらいの気温」だと分かりますか?普通の人は"昨年"の気温とか"昨日"の気温を思い浮かべますよね?
[ 2007/02/03 00:00 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。