コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

熱中症

今年の夏は、特に「熱中症」に関する話題が多かったように思えました。で、季節外れですが調べてみました。

熱中症とは、周囲の気温が体温と同じかそれ以上になると、身体の熱が外に逃げなくなって、体温が上昇し、吐き気、めまい、脱水症状になる。
気温が31度くらいから発症者が増加する。これは現場の気温が気象台より高くなっていることが考えられる。また、湿度が60%以上になると汗が蒸発しにくくなるため同じ気温でも、より危険度が上がる。

一般的には、以下の症状があるそうです。

○ 汗の量が体重の4%を超えた場合(50Kgの人で2ℓ)は、
  口や喉がカラカラの状態になる。
○ 体重の6%を超えた場合(50Kgの人で3ℓ)は、唾液が止まり、
  言葉をしゃべることができなるなる。
○ 体重の20%を超えた場合は、死亡につながる恐れがある。

TVでも見たことがあるのですが、1ℓの汗には2gの塩分があるので塩分補給をする必要があります。スポーツドリンクがいいようですね(^^)

これらを調べて、「なっとく」したことは、
○ 現場の気温は、高くなっている。
○ 外気温と体温が同程度なら、熱の移動が無くなる。
○ 湿度が高いと、汗をかきにくくなる
ですね。一つ一つは、分かっていてもつなげて考えると「熱中症」が少し分かった気がしてきました。


参考文献:村山、病は気象から、実業之日本社 
[ 2005/10/07 10:32 ] 気象病と小児医療 | TB(0) | CM(1)
毎年発病します
v-521熱中症は個人差がかなりあるようで、私は「唾液が止まり、言葉をしゃべることができなるなる」これに近い症状になります。

さらに急激に眠くなってきて意識が薄れてきます。なのでこれで前兆がわかりますから、今年は特に塩分補給に心掛けました。

症状が現れないうちに、午前中にはレモン水(5倍に水で薄める) に食塩を一振りして氷を入れて飲みました。体重は増えますが命を落とすことを思えば太ってもいいですよね。ことしの夏は去年の夏より2kg程度体重が増えました。

こちらの住宅密集地は盛夏はほぼ毎日38~40゜もの暑さ(百葉箱の気温センサーの観測で)ですから、直射日光を受けた肌は焼けるような暑さも頭髪も帽子をかぶらないと手で頭に触れるとものすごく熱くなっています。

梅雨明けから9月上旬まではあまりの暑さに散歩もできないです。医師からも「盛夏は散歩はやめてください」と言われるほどです。

室内はほぼ毎日24時間連続冷房で、それで昼間は30゜ 夜間は27゜までは下がります。ルームクーラーは3日に1回はフィルター清掃、1ヶ月に1回は内部の分解清掃をしています。v-278暑すぎる。
[ 2005/10/07 11:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)