コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ADVENTURE on VineLinux4.1

1CD化が成功したところで、とりあえず、ADVENTUREシステムのインストールをしてみます。Vine4.0ではadvvisの表示がダメだったのですが、Vine4.1ではどうなのでしょうか?

...結論、同じでした(^^;

もう一度、1CDにして、と。
1CD上での動作も一応確認しなくちゃ。
...?

見間違いでしょうか。

表示がきちんと出来ています。

なんだ。FodoraCoreとかCentOSにする必要ないようです。
良かった(*^_^*)

あとで、設定の違いを確認してみましょ♪
そうそう、使用メモリも小さくしなくちゃネ。
[ 2007/03/03 07:00 ] 計算力学 | TB(0) | CM(17)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/06/13 19:07 ] [ 編集 ]
advvisのコンパイル
なぜ、コメントを公開されないのか分かりませんが、Vine4.1でのadvvisの使用はお薦めできません。コンパイルはでき、コンター図の表示もできるのですが、右側の数値が表示されないため、色と値の比較を行いにくいのです。
お薦めは、Vine3.2です。
[ 2007/06/14 12:22 ] [ 編集 ]
advvisのコンパイル
山本と申します
コメントありがとうございました。
低レベルの質問が公開されるとカッコ悪い、という意識が働いてしまったため、非公開としてしまいました。申し訳ありませんでした。
3.2をインストールし直してみます。
もう一点質問です。3.2上でオリジナルファイルに添付されていたadvvisは、正常に動くのでしょうか。それともコンパイルし直した方が良いのでしょうか。
よろしく、お願いします。
[ 2007/06/14 19:43 ] [ 編集 ]
山本さんへ
こんばんは(^^)
質問は全く低レベルではありませんよ。
インストール作業は、新しいシステムへのインストールは、それなりに大変です(^^)
さて、インストールですが、
http://kiki0726.blog24.fc2.com/blog-entry-162.html
が参考になると思います。advvisは、コンパイルが必要だったと記憶しています。がんばってくださいね。どうしても、うまく行かなかったときは、連絡くださいね。コンパイル済みのものが、まだ、HDにあるかもしれませんので(^^)
[ 2007/06/14 22:23 ] [ 編集 ]
山本です
無事3.2の上でAdvVisualコンパイル出来ました。表示も問題なく出来ています。
今は、AdvThermalのコンパイルエラーと戦っているところです。
ありがとうございました。
[ 2007/06/19 15:43 ] [ 編集 ]
山本さんへ
おめでとうございます(^^)
Vine3.2では、比較的コンパイルしやすいですよね。
Thermalですか。
$ ./configure
だけだとエラーが出ると言うことでしょうか?
でしたら、
$ ./configure --with-advio=(advioのDir)
で通らないでしょうか?
configureスクリプトがあるので、そんなにエラーが出なかったと記憶しています。
[ 2007/06/20 11:40 ] [ 編集 ]
山本です
AdvThermalもコンパイルできました。
tools/makefem-thermalでzlib.h, zconf.hが見つからないためコンパイル出来ませんでした。
いい加減ですが、/usr/src/linux-2.4.31/include/zlib/zlib.hを/usr/includeにリンクを貼って、なんとか動くようにしました。
こんなんで良いのか?
[ 2007/07/05 13:02 ] [ 編集 ]
zlib
zlibのインストールは、自分でコンパイルされたものを使用されたのでしょうか?もし、そうであれば、zlibが パスの通っていない場所にインストールされている可能性があります。/etc/ld.so.conf に /usr/local/lib などは書かれているでしょうか?
まぁ、取りあえず、動くようなら大丈夫です(^^)
良かったですネ。
[ 2007/07/05 16:34 ] [ 編集 ]
advvis on Vine4.1
Vine4.1でadvvisがちゃんと動きました。文字の表示もちゃんとできています。
文字が表示されなかった原因は、xfs(フォントサーバ)が起動していなかった為。
ADVENTUREをVine4.1で動かそうとする方は、xfsがboot時に起動するように設定した上でADVENTUREを起動させてみてください。 きっと動きます。
設定は、
$ su
# /sbin/chkconfig xfs on
と入力し、bootし直す。
ちなみに、Vine3.2は、デフォルトでxfsがboot時に起動する様になっています。
[ 2007/10/01 21:59 ] [ 編集 ]
Re : advvis on Vine4.1
sfujiiさんへ
助言していただき、ありがとうございます(^^) 早速、試してみようと思い、advvisを起動してみたところ、xfsが起動していないにも関わらず、1台は文字の表示ができるようになっていました(^^;
/sbin/chkconfig --list
とすると、xfsは確かに全てoffになっているようです。今後、助言に従い、xfsを起動した場合とこの2台のPCの違いを確認してみようと思います。
[ 2007/10/02 13:04 ] [ 編集 ]
試してみてください。

不思議ですが、1回xfsを動かせば、以後はadvvisが動くようです。理由は判りません。
(もしかして違っているかも)
なぜxfsに起因しているのかが判った理由は、もしかしてXOrgをアップデートすると文字が表示されるのではないかと思い、アップデートして確認したがダメ。次の日もう一度トライしたら不思議と表示された。信じられなかった。
以後は、なにもしていないのに、ちゃんと表示されている。
その後、動いた時のboot.logの内容を調べた結果、xfsがその時だけ起動していた。これだと思いました。
xfsを起動するようにしてからは、VRMLビューワもちゃんと動く。それまではVRMLビューワも動かなかった。
以後は、嘘のようにすらすら進んでしまった。もう2ヶ月前に判っていたら・・・。
[ 2007/10/02 22:38 ] [ 編集 ]
VRMLビューワ
sfujiさんへ
xfsを起動すると、VRMLビューワも動くようになるのですか。それも、かなりウレシイ情報です(^^) ありがとうございます。
今日、早速試そうとPCを起動したまでは良かったのですが。。。急な仕事が次々と。。。で、今日は断念して帰宅してしまいました(^^;

# XOrgのアップデート、試されたのですか?
# 自分は断念しました(^^;
[ 2007/10/02 23:17 ] [ 編集 ]
xfs起動によるadvvisの動き
Vine4.1を起動し、xfsを以下の方法で起動してみました。
# /etc/rc.d/inid.d/xfs start
そして、advvisを起動すると。。。文字が表示されませんでした。次に、助言通りの方法で、
# /sbin/chkconfig xfs on
として、リブートしてみると。。。今度は確かに文字が表示されています。ありがとうございます(^^)

なるほど、advvisはxfsを利用していたのですか。。。とても助かりました(^^)
[ 2007/10/03 13:40 ] [ 編集 ]
貴樹さんへ
xfsが原因でadvvisが動かなかったのは、間違いないようですね。
次は、vrmlviewも試してみてください。きっと動くはず。
私の場合、これでやっとVine4.1で、Vine3.2+ADVENTUREと同じ環境が整ったことになります。 長かった。
[ 2007/10/04 21:30 ] [ 編集 ]
vrmlview
はい、試してみました(^^)
vrmlview、確かに、起動しました。そうですね、これで、Vine3.2と同じ環境が やっと 整ったことになるのですね(^^)o
でも、これで、安心してVine4.1に移行することができそうです。本当に ありがとうございました♪

一応、まとめますと、
1. xfs の起動を以下で行い、リブート
/sbin/chkconfig xfs on
2. 以下のコマンドで、ライブラリへのシンボリックリンクを作成
ln -s /usr/lib/libstdc++-libc6.3-2.so.3 /usr/lib/libstdc++-libc6.1-1.so.2
[ 2007/10/05 16:27 ] [ 編集 ]
advvis vrmlview on Vine4.1
貴樹さんへ
Vine3.2は、デフォルトでxfsを起動しているにもかかわらず、Vine4は、xfsを起動させていない。これをどう思いますか?
これが全ての原因の様に思えてなりません。
Vine4もデフォルトでxfsが起動していれば、なにもこんなに悩むことは無かったと思います。
Vineのホームページのバグトラッキングセンタからxfsを検索すると、やはり同じようなトラブルがありました。(Vine3.2では動いていたが、Vine4では動かない。)
「Vine3.2と同じようにデフォルトでxfsを起動させるようにしてもらえないか?でないと困る人が大勢でる」と言う質問に対し、「xfsを起動させない仕様になっている」とつれない返事でした。
実際、私を含めて、困った人がいた。
どう思いますか?
[ 2007/10/05 22:02 ] [ 編集 ]
xfsの起動
そうですね。xfsが起動しないため、困っている方の話は聞いていました。でも、まさか、advvisも該当しているとは思いませんでした(^^;
Vineの方針もあるのでしょうから、なかなか難しい問題なのでしょうね。xfsを起動させない仕様ですか。これからのLinuxは、そういう方向に進むのでしょうか?
[ 2007/10/07 21:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。