コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

時系列に図を並べる(2)

どうやら、LinuxとWinの GrADS って微妙に動作が異なるようですね(^^;
バージョンも同じ、はずなのですが。

調べた結果、別の方法で回避できるようでしたので、下の方にあるプログラムを「kosui_grads.c」という名前で保存し、以下のようにコンパイルしてください。

gcc kosui_grads.c -o kosui_grads.exe

で、以下のように実行すると

./kosui_grads 12

ダラダラと次のような文字が表示されるはずです(^^)
これが、GrADSで6時間間隔の降水量[mm]と気圧分布を表示させるプログラムリストになります。

open hecc88.ctl
kosui=apcp
close 1
open hecb88.ctl
kosui=(kosui-apcp)*25.4
close 1
set lat 25 50
set lon 120 150
enable print tmo
set gxout shaded
set clevs 0.5 5 10 20 30 50 80 120 200
set ccols 15 5 4 3 7 8 6 2 9
set csmooth on
d kosui
open hpcc89.ctl
set lat 25 50
set lon 120 150
set gxout contour
set cint 2
d prmsl/100
set clevs 0.5 5 10 20 30 50 80 120 200
set ccols 15 5 4 3 7 8 6 2 9
d kosui
print
disable print
quit

#include

int main(int argc, char *argv[])
{
int i,sw,gsm;
char cc,cb,cr[12]={'b','c','d','e','f','g','h','i','y','j','z','k'};
int area;

sw = atoi(argv[1]); // Time(A2)
cc = cr[sw/6 - 1]; // Type(T2)
cb = cr[sw/6 - 2]; // Type(T2)-1


printf("open hec%c88.ctl\n",cc);
printf("kosui=apcp\n");
printf("close 1\n");
printf("open hec%c88.ctl\n",cb);
printf("kosui=(kosui-apcp)*25.4\n"); //インチをmmに変更
printf("close 1\n");

printf("set lat 25 50\n");
printf("set lon 120 150\n");
printf("enable print tmo\n");
printf("set gxout shaded\n");
printf("set clevs 0.5 5 10 20 30 50 80 120 200\n");
// 0 0.1 1 5 10 20 30 50 80 120 200
printf("set ccols 15 5 4 3 7 8 6 2 9\n");
// gray cyan med.blue blue green yellow orange magenta red purple
printf("set csmooth on\n");
printf("d kosui\n");

printf("open hpc%c89.ctl\n",cc);
printf("set lat 25 50\n");
printf("set lon 120 150\n");
printf("set gxout contour\n");
printf("set cint 2\n");
printf("d prmsl/100\n");

printf("set clevs 0.5 5 10 20 30 50 80 120 200\n");
printf("set ccols 15 5 4 3 7 8 6 2 9\n");
printf("d kosui\n");

printf("print\n");
printf("disable print\n");
printf("quit\n");

return 0;
}
[ 2008/02/02 06:00 ] GrADS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。