コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

時系列に図を並べる(3)

前回、GrADSのプログラムリストを表示させました。
今回はそれを利用して、図を作成します。

あ。。。(^^;
大丈夫ですよ。
この間のプログラムを手で入力してくださいなんて、言いませんから。

cygwinから、以下のようにして実行します。

./kosui_grads.exe 12 > ichiji

すると、「ichiji」というファイルに、前回表示されたリストが保存されています。
# このような操作を リダイレクト って言うんだっけかな?(^^;
次に、バッチモードで、GrADSを起動しプログラムを読み込みます。

gradsnc -pb < ichiji

起動したと思ったら、すぐに終了しましたよね?
もし、しなかったら、あなたの GrADS は Win32e の方です。XWin32 の方をインストールしなおして下さい。

GrADSからデータ(tmo)が出力されたのですが、これを画像ファイル PS に変換します。

gxps -c -i tmo -o kosui.ps

これで、あなたのフォルダに、PSファイル「kosui.ps」が入っているはずです。
表示させると、こんな感じだと思います(^^)

GrADSでバッチ処理
[ 2008/02/03 06:00 ] GrADS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。