コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GMTのインストール(2)

さて、失敗したと思ったので、次のインストール方法を模索しました。
見つけたのは、以下のHPです。

http://www5.plala.or.jp/kashima/gmt/gmt_install_linux.html

前回入手したGMT3のファイルはあるので、それを利用することにしました。ただ、NetCDFは、スクリプトの中で[Y]を選択し、ダウンロード & インストールしてもらうことにしました。

たぶん、この方法だと、日本語パッチは入らないんでしょうネ(^^;

でも、現在、GMT4.2.0をインストールしてしまったのですが、以下のようにして確認してみたところ、とりあえずインストールは成功していることが確認できました。

$ GMTHOME=~/GMT3.4.6
$ PATH=$GMTHOME/bin:$PATH

とすると、GMT4.2.0よりもパスが先行されるので、GMT3が起動できます。

$ GMT

とすると、GMT3.4.6のロゴが表示されました。
[ 2008/02/17 06:00 ] GMT | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。