コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GMTの基本(7) ~grib2データ~

ちょっと前に、netCDFデータを使ってプロットしようとしていたのですが、こんなページがありました。
http://www.geocities.jp/ne_o_t/soft/soft.htm

ここに、MSM(grib2)データを利用できるソフトがあるようです。
あ。。。(^^;
Winなソフトかぁ。。。

そういえば、wineというWinなソフトをLinux上で動作させるソフトがありました。
私は、wine-0.9.34を利用しました。

$ wine grib2gmt.exe < conf.txt

とすると、動作しました(^^)ok
「conf.txt」は、以下のように設定しました。

&gpvread
nf = 1
input = 'Z__C_RJTD_20080218000000_MSM_GPV_Rjp_L-pall_FH00-15_grib2.bin'

hour1=1
hour2=3

lona=140
lonb=150

lata=30
latb=50

height1=300
height2=1000

&end

MSM_Sの方は、以下のように設定したらファイルができました(^^)
&gpvread
nf = 1
input = 'Z__C_RJTD_20080218000000_MSM_GPV_Rjp_Lsurf_FH00-15_grib2.bin'

hour1=3
hour2=3

lona=140
lonb=150

lata=30
latb=50

height1=1013
height2=1013

&end
[ 2008/02/28 06:00 ] GMT | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。