コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

雪崩や地吹雪の局地予測

3月4日の朝日新聞からです。

現在、雪崩注意報などがありますが、
○ 最高気温
○ 平均気温
○ 24時間降雪量
などの基準のどれかに当てはまると発令されるようです。
そのため、「危険度の認識が薄まっている」よう。

雪氷防災研究センター新庄支所では、特定の国道や山間部の集落など地域を限定した災害予測を始めるそうです。どうやら、今年の冬から庄内地方で試験運用をしているようです。

(。。。知りませんでした(^^;)

地吹雪の予測の試験運用しており、山形道湯殿産(鶴岡市)~酒田みなと(酒田市)間で行っている。

( どこで、その予測結果を知ることができるんでしょうね。HPがあるのかな?)
[ 2008/03/07 12:00 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)