コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

VineLinux4.2のライブCDを作成(3)

1. 1CD化するツール mol-suite0.6.3 をインストール
2. コンパイル済みのファイルを rpm -Uvh hoge.rpm でインストール
  ・LAM
  ・gktgl
  ・xemacs、xemacs-sumo-el( yatexはsynapticで )
  ・WINE
3. 個人で使用していたファイルをUSBメモリからコピー
  ・usr_local
  ・home_hoge
  ・
4。 rshの設定
  ・vi /etc/inetd.conf
  rsh,rlogin,rcp,telnetのコメントを外す
  /etc/rc.d/init.d/inetd restart
  ・vi /etc/hosts.equiv
  localhost
5。 漢字変換の設定
  setime status で確認。
  setime canna で設定、再度ログインしなおす。
  バックアップしていたcanna辞書を登録。
[ 2008/03/11 06:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。