コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

衛星画像解析の基礎

こんな本を買いました(^^)

気になるキーワードがいくつか。
「MODIS」「フリーデータ」「地表・雲温度」「解像度 1km」

うまく使えば、面白いことになりそうな感じがします♪

フォトショップによる衛星画像解析の基礎 新版―手軽にできるリモートセンシングフォトショップによる衛星画像解析の基礎 新版―手軽にできるリモートセンシング
(2007/08)
田中 邦一青島 正和

商品詳細を見る
[ 2008/06/27 20:00 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(20)
私も以前、本書を買おうか迷ったことがあります。私は古今書院の会員でして、会員登録すると定価の1割引で買えます。ここ1年ぐらい買っていないため古今書院から新刊書案内は来なくなりました。

以下、今年に入ってから買った本を紹介します。在職中に土木・建築の知識の必要性を何度も経験し、また上司から「土木施工監理技士」の国家試験を受験するよう命令されたこともありました。結局転勤が多くてその資格を受験するまでに他の職場に転勤になり受験の必要はなくなったものの、今度は頻繁に建築に関連する職場になり、これは通信の仕事とはいえ、設備は建築物の中に建設されるのだから初歩的な知識を身につけないと建築部門の職員と会議もできない・・・と感じたこと多し。

しかし在職中は専門の電気・通信の勉強で精一杯。退職して、それじゃあの頃を思い出して一度勉強してみようと思って以下の本を買いました。

職員研修所では土木工学や構造力学の講義もありました。いまだイメージがわかないのが、
「断面二次モーメント」
定義はわかりますけれど、それが何を意味しているのか・・・

篤姫の本は、私の母が篤姫ファンでして、誕生日祝いに買いました。数学書は以前から買い揃えていたシリーズの一部ですが高価なので全部揃えるのは大変ですけれど、時々、やっぱりあの本を見ないと・・・ということがあり買っています。
http://www.seibunshinsha.co.jp/risuu/index.html
このシリーズは高校時代から知っていますが、1992年、最初に「要項解説 数学公式辞典」を買いその後2冊買いまして、今回代数学を追加、今年中に幾何学、解析幾何学、三角法、ベクトル行列を買う予定です。ここ10年間で価格が約2倍になっていましたから値上がりしないうちに買う予定です。

本シリーズは主として中学・高校数学教師用の本で、学生時代は学校図書室でよく見かけました。いずれも初版は1958年頃でしてこの種の辞典としては長年にわたって発売されています。ただ、ベクトル解析、複素関数論など解析学の分野までは入っていないですけれど、私が在職中に使用した数学のほとんどは高校数学まででよかったことや、その数式の導出過程は複素関数論に及ぶものの実務で関数論使って計算することはなかったです。ただ、無線の国家試験では微分方程式を解くことが前提でしたから、その当時は数学ばかりやっていた時期もあります。
-----------------

地球温暖化は止まらない

絵とき土木早わかり改訂2版

ハンディブック土木改訂2版

天璋院篤姫(上・下)新装版

図説土木用語事典新版

図説建築用語事典新版

図解土木がわかる本

絵とき建築学

ハンディブック建築改訂2版

電子回路設計のための電気/無線数学

図解建築設備工事用語事典

図解建築現場用語辞典

図解建築用語辞典第2版

代数学辞典(上・下)第2版

---------------
v-521
[ 2008/06/28 17:08 ] [ 編集 ]
おもしろそうですね
 チェック、チェックですね。衛星画像をフォトショップで加工とはかなりマニアックな本ぽいですね。でも、おもしろそうですね。
[ 2008/06/28 23:30 ] [ 編集 ]
おはようございます
>ひよこぴよさんへ
会員登録すると1割引ですか(^^) それはウレシイ特典ですね♪ あ、でも、送料がかかるのかな?(・・) とにかく、チェックしてみます。
最近、知識が不足していることを実感するような事が増えてきました(^^; 本を読んでない証拠ですね。。。 たまっている本を読もうかと思っています。

>冬ソノさんへ
気象庁さんとは別の衛星画像データがフリーで入手できるらしいのです(^^) やっぱり気になりますよネ!
[ 2008/06/30 08:19 ] [ 編集 ]
連日・軽い熱中症
本日も本が届きました。たまたまポイントのセールが集中したため、この機会に先に紹介した数学辞典を4冊購入。残り2冊は8/20以降に購入予定。

ところで、今年も4/30を始めに日最高気温が30゜以上になるのは当地では今日を含め25日間。私の室内でさえ30゜を超え、本日よりエアコン運転開始。暑さで毎日頭痛が続き、医院で処方されている鎮痛剤は連日服用。

暑さが治まる10月下旬までは気象監視用ノートパソコンも運転休止させることにしました。
[ 2008/07/01 19:41 ] [ 編集 ]
ひよこぴよさんへ
梅雨入りしたとは思えない程に、良い天気が続いています(^^) 地震前後はちょっと肌寒い日があったんですけどね。また、最近、暑くなってきました。

。。。私も、気象観測をしてみたいなと準備をしているのですが、どうなることやら(^^;
[ 2008/07/02 08:21 ] [ 編集 ]
雨天でも暑く
こちらは梅雨入り前の4月から降水量が多く、水不足ではないのですが、雨が降っても、雲っていても暑くて、せめて晴天以外の日だけでも涼しければいいのですが、雨でも暑い です。

名古屋市は広大ですから、同じ市内でも名古屋地方気象台と我家周辺ではかなり気候も違います。私の住んでいる小学校区の人口密度は 約12500名 で名古屋市全体の平均が約7000名ですから密集度が高いです。

もっとも市内でも1000名に満たない区域もありますが、それはもともと住民が少ない工業地帯や官公庁街、広大な公園です。

気象観測は、近年はパソコン収録タイプが流行しています。近年始められた多くの人は、「バンテージプロ」という商品名の総合気象観測システムを使用されていますし、東京23区内では都市気候調査のため国土交通省が本製品を使用して観測しています。

価格は一式30万円以内でして、私が観測開始した1970年代ですと、当時は気象庁規格の製品しかなかったこともあって、当時は一式数百万円かかったものです。

パソコン収録方式は便利ですが、測器の使用方法によってはパソコンを気象観測専用に1台準備する必要があり、それを24時間常時運転させるわけですからパソコンの冷却や停電時のデータの自動バックアップシステムなどかなり費用がかかります。

つまり測器の価格は安くて精度のよい物がでてきましたけれど、データ処理のためのパソコン、無停電電源装置・・・に費用がかかりますし、気象だけで消費電力が1ヶ月で100kWhを超えてしまいます。

私は小学生時代からの慣れた気象庁規格、気象庁型式認定機器のほうがパソコン不要でいいのですが、記録紙の保管に苦労し、それで2003/10に測器老朽化を機会に観測をやめましたけれど、まだ百葉箱は「ワイヤレス温湿度計」を設置して監視として使っています。

以前のように毎日記録紙を交換して読み取って、検定証によりデータの補正をして・・・という作業は大変ですから今後は再開しないつもりですが、ただ記録させるだけで監視用としてなら またやってみよう という気持ちはあります。

ただ風向・風速は近所に5階建ての集合住宅が建ってしまったためもう観測はしないですが、気温・湿度なら比較的簡易に再開可能です。

右手の指の麻痺など健康上の都合により 先月、1989年から続けていた500hPa高層気象図による格子点データの読み取りと東西指数などの計算・統計はやめました。

自分の趣味でも健康上の都合により断念せねばならない事態がだんだん増えてきましたが、何か目標を持って続けないと老化する一方・・・ということを医師からも忠告されていますから、本来なら無理してでも観測再開したほうが健康の上でもいいとはわかっているものの、なかなか困難なものです。

老眼はだれでもなるものであるものの、実際にそうなってみますと温度計、気圧計などの目盛が読めないですから不便ですよ。かつて気象台がほとんど手作業だった頃、観測者が記録紙を交換して前日分の読み取り作業に拡大鏡を使っていたところをみたことがありますが、なかなか大変なものです。もっとも若い人でも細かい目盛から正確に読み取りするには拡大鏡は必要でした。v-521
[ 2008/07/02 13:27 ] [ 編集 ]
パソコン方式
気象関係に限らず、データロガー関係はパソコン方式が多くなっていますね(^^) かなり個人的な話をさせていただくと、Windowsに頼りきっている現状がとても許せません。だって、ですよ。今 購入して 構築しても、5年以上先の新しいOSで動作する保証は無いんですヨ。
。。。まぁ、でも、その分。投資する金額は減少しているのでトントンなのでしょうか?(^^;
[ 2008/07/03 09:16 ] [ 編集 ]
貴樹さん そのとおり
貴樹さん まったくそのとおりなんですよ。

パソコンはもちろんのこと、パソコン収録方式のデータロガーもパソコンの環境がウインドウズ-98以降 というのがほとんどでして、データロガーもパソコンを持っていないと使用できない機種や、他のOS(マック・リナックスなど)では使えないものばかりです。

つまりパソコン収録方式のデータロガーは、条件にあったパソコンを持っていることを前提に生産されていますから、私のようにデータロガー単独で使う目的の者には使用不能という機種もあります。

メーカーによってはデータロガー本体の液晶表示盤に過去の収録データをスクロールして読めたり、グラフ表示できる機種もあります。ただ機種によっては最初の初期設定でパソコンが必要だったりします。

私が2年前に使っていた物は初期設定にパソコンが必要でしたが、数年前から買う計画を立てていましてカタログをみて判断するしか方法がないですから、カタログに「初期設定にパソコンが必要です・・・」と記載されていなければ、当方はパソコンはまったく不要だと思い込みます。

それで買って説明書を読んだらパソコンで初期設定の項目があり、驚いてメーカーに、

「このデータロガーはパソコンがいるのですか、カタログにはそんなこと一言も書いてないじゃないですか・・・」

と苦情の電話をしたものです。メーカー側としてはデータロガーを使われるお客様はパソコンをご利用だ・・・ということが暗黙の了解のようでして、今後はデータロガーを買う前にはメーカーに確認しなければならない と感じたものです。

さらに・・・パソコンのOSが変更になったり、パソコンを買い替えしたら、そのデータロガーは継続して使用可能とはいえないのです。一応メーカーは新しいOS用のデータロガーのソフトを無償でダウンロードするアフターサービス(ユーザー登録は不要)はしていますけれど、データロガーに使われている温度・湿度センサの寿命(耐久性・耐用年数)は、観測精度を維持させるためには約1年という短さなんですよ。

従来の気象庁規格の記録紙方式ですと、百葉箱内部といえども粉塵などでメンテナンスは大変ですが、丁寧に使えば30年は使えるほど頑丈で、長期にわたって仕様変更もなく買い替えしても心配がないのです。それで私は従来の測器に「こだわる」わけなんです。

それでデータロガーを買うとなれば3~5年で使用不能になるという覚悟が必要なんです。近年流行の「バンテージ・プロ」という気象観測システムも私の知り合いで使っているひとが多いですが、3年ぐらいで買い替え、パソコンも買い替えしているようです。

横河電機株式会社や、横河電子機器株式会社、光進電気工業株式会社など工業用計測機器、気象観測機器メーカーの製品は長期使用を目的に気象庁規格でもありますからパソコン不要ですが、びっくりするほど高価です。温度計のシステム一式の価格で普通乗用車1台買えます。v-521
[ 2008/07/03 10:39 ] [ 編集 ]
「めまい」の発作 
すみません 「めまい」の発作が発せいしました。数日投稿休みます。
[ 2008/07/03 20:15 ] [ 編集 ]
購入の周期
パソコンも、新製品の周期が早くなっていますしね(^^) もっとも、普通に使用するだけなら、かなり以前のPCでも性能的には問題ないですけど。
今は、ウィルスなどのセキュリティに対する部分を「売り」にしている所が大きいですよね(^^;

。。。めまい、大変ですね。私も最近落ち着きましたが、ちょっと前まで疲労がたまりすぎて「めまい」というかクラクラしている状態でした(^^; だからでしょうか。健康診断の結果で、今年は再検査です。。。
[ 2008/07/04 12:34 ] [ 編集 ]
落ち着きました
「めまい」落ち着きました。

「なんだ そんなに簡単に 回復してしまうのか・・・」

と在職中はよく誤解されたものでした。昨日は医師の指示の範囲内で薬を2倍の量 臨時に服用しましたら落ち着きました。ただこれを毎回やるとその後は定量でも回復しなくなる ということでよほどのことがない限り2倍服用はしないです。

この病気や整形外科(頚椎症)・心療内科(うつ病)疾患で会社を解雇されたほどですから。但し「うつ病」は同じ病名でもさまざまな症状があり、患者によって全然違いますから私も在職中はよく誤解されたものでした。

パソコンも計測・制御・数値制御工作機械ならかつてのMS-DOSで8ビット で十分なんですよ。私の父(82)が40代のころに工作機械メーカーで数値制御工作機械(NC工作機械)を製造していました。よくさん孔した紙テープを持ち帰って私にくれたものでした。

本日、13時現在 35゜を超えた。非常に蒸し暑い。
[ 2008/07/04 13:18 ] [ 編集 ]
めまいですか
 ひよこぴよさん大丈夫でしょうか? 貴樹さんもめまいですか? この時期私も頭痛などが多くなります。そういう時期なんでしょうかね。昨日もあまりの暑さにだるいのかと思っていたら薬をもらいに行っただけのお医者さんで体温を測ったら37.8度あってびっくりしました。あまりの暑さに熱もわからなかったのでしょうか? 即注射してことなきを得ました。ところで衛星と言えば次期気象衛星の予算がつかないという異常事態になっているようですね。衛星にかなりのところ頼っている部分もありますからこれは一大事。最近気象庁さんは高層観測を一部やめたり、測候所を減らしたり手当たり次第にやってますが国民の生命や財産に直結するものだからどうかと思いますね。重要性がわかってないんでしょうかね。
[ 2008/07/05 23:00 ] [ 編集 ]
この暑さ
冬ソノさんのホームページ拝見していますが「頭痛」大変ですね。実は私も幼児期からずっーと「頭痛」なんです。1978年(22歳)までは痛みがひどくて年間200日ぐらい激痛があり、高校時代は就職できるだろうか・・・あと何年生きられるだろうか・・・と思ったほどです。

当時はバファリンを常用し、いつも財布に携帯していました。あまりの激痛でいろんな医院へ通うも全然効果なく、それで当時の東海逓信病院精神科へ1年3ヶ月にわたり毎月1回通院と定期的に脳波検査。結果は過敏症らしく精神安定剤を1年3ヶ月にわたり服用したところそれまでのような激痛はほとんどなくなりました。

しかし激痛はなくても並みの痛み、軽度の痛みは週に3日はあり、特に4~10月は暑いですから頭痛が増えます。それで鎮痛剤(ロキソニン)が処方されてますが、これは飲みすぎるとこんどは「めまい」が発生しやすくなります。痛みが強いときは1日に4回服用することもあります。

「頭痛」も「めまい」もどちらも幼児期からありましたから、今思うに、「頭痛薬」の副作用で「めまい」が発生していたのかもしれません。逆に「めまい薬」で他の症状が現れたことはありません。「頭痛薬」は体温を下げますから私は子供の頃から「低体温」でして、それが体の代謝を悪くし、病気に罹りやすく、太りやすい・・・ということが今年1月に胃腸風邪で内科へ行ったときに医師から助言を受けました。私の場合は、まず体重を標準にまで減らすことが一番 と忠告されました。

「調子の悪いときは 食べない 食べないほうが早く回復します 体力消耗を抑えるために少量でも食べることはかえってよくない 断食するぐらいのほうが早く回復します・・・」

と助言されました。

気象庁のことは、もう30年前から言われていたことで、当時、「将来 団塊の世代のベテラン予報官が定年退官することを考え、新入職員でも予報が出せるようなシステムを構築していかねばならない・・・」と当時の気象庁の労働組合である「全気象労働組合」編集の本に書かれていました。

1980年代に私も仕事でよく名古屋地方気象台へいきましたが、予報課現業室では、ときどき職場集会が開かれており、その一例として、

「当台は観測を2人でやっている これを1人にできないか、大阪ではすでに予報と兼ねて観測は1人に減らしている・・・」

なんて議論していたんですよ。実は私は元電電公社(現NTT)職員でしたが、私が入社した当時も同じように先輩たちが、

「俺たち昭和40年前後採用の者は大量におって、2007年前後から大量退職時代に入るんだ、機械は自動化されても電話線工事や電話工事は必ず人がいる、どうするんだ・・・」

と30年も前にすでに議論されていました。これを「2007年問題」と呼んでいました。

結局、電電公社は民営化む、その後分離・分割、そこまでは従来の事業部制を分社化したことで大企業のグループ会社化と似ていますが、営業窓口の閉鎖、注文は電話受付センターとどうしても窓口でないと不便なことまで閉鎖されてしまいました。今度は郵便局か・・・郵便も電話ももとは同じ官庁の逓信省です。かつての中央気象台も1940年代は運輸通信省で当時は逓信省は運輸通信省でした。それで私の上司には中央気象台出身の人もいましたよ。
[ 2008/07/06 09:53 ] [ 編集 ]
こんにちは(^^)
>ひよこぴよさんへ
そうですね。制御はDOSの頃は しやすかったですね(^^) OSが複雑になって、それによってリアルタイム性が損なわれてしまって。。。 だから、リアルタイムに制御できるための手法を考えて。
おかげで、複雑です(^^;

>冬ソノさんへ
注射といえば、最近のお医者さんは注射をあまりしなくなったような気がします(^^)
はい。そうですよね。気象衛星、予算をつけて欲しいものです。重要性を認識して欲しいですよネ!!

>ひよこぴよさんへ
あ~。。。バファリンを常用されていたのですか(^^; 私も数年前までバファリン派でした。 でも、気が付いたら、バファリンを飲むと熱は下がって良いのですが、頭痛が酷くなるような気がしていました。
今は、イブ派になっています(^^)
[ 2008/07/07 08:29 ] [ 編集 ]
MS-DOS
MS-DOSは私も在職中はよく使わされましたが、結局全然意味がわからなかったです。しかしそれでも実務で使い、監視制御装置のOSはMS-DOSでしたから、意味は理解できなくともコマンド一覧表を見て必要なコマンドを投入すれば即座に反応があり、また周辺機器との接続も全然気にすることなく、ただコネクタの形状違いだけ注意していれば誰もが素人でも使え、現在のようにドライバをインストールということもなかった。

それだけ単純かつ汎用であったと思います。私が気象無線電報を受信するのに、短波受信機に符号デコーダーの基板を取り付け、そこからセントロニクスインタフェースでプリンタ信号に変換されて出力されますから、プリンタケーブルで当時のPC-PR201系のプリンタにつないでスイッチを入れればそのまま印刷電信機として動きます。パソコンもソフトも不要で基板のなかの基本ソフトだけで本当にリアルタイムでして、現在のように印刷するたびにマウスでクリックという操作もなかったです。

かつては「つなげば動くOA機器」、現在は「つないでからセットアップして、マウス操作せねば動かないOA機器」ですよ。1980年代のコマンドは難解なるも理解してなくても簡単に動くOA機器になれているために、近年のウインドウズパソコンは分厚い解説書と格闘せねば使えないです。v-521
[ 2008/07/07 09:54 ] [ 編集 ]
バファリン
 みなさんもバファリンを常用されていたのですね。私も小学校低学年の頃から常用していました。あまり使うので業務用の100錠という単位の包装があったくらいです。でも、当時の影響が今出ているのでしょうね。最近は市販の痛み止めでは効かないような気がします。最低ロキソニンです。あるいはもっと強いボルタレンになってしまいます。年齢とともに変わってくると言われていますがよくなる方に変わるのか悪くなる方にかわるのかどっちなのでしょうか。頭痛がなくなるだけで生活が一変して医療費もだいぶ抑えられるのに・・・
[ 2008/07/07 18:27 ] [ 編集 ]
長年の病気は・・・
私は在職中に、

「仕事を辞めれば、退職すればストレスが少なくなって病気も治るよ・・・」

と職場の同僚や上司、また私が1977年から取引している気象測器店の店長にも言われたものでしたが、私もたぶん正式に退職すれば、数ヶ月のうちに通院の必要もなくなるほど回復し、頭痛も減るだろう・・・と期待していたんですが、実は・・・2005/9に3年間の病気休職を終えて退職しても、病状は変わらないんですよ。

長期通院していますから、年々少しずつはよくなっているのですが、加齢による老化もあるらしく、退職して自由の身になってもやはり病気は回復しないです。整形外科疾患の頚椎症は「今度 いつ手術しましょうか・・・」という段階まできてしまいました。

頭痛など痛みのある病気は、私の経験からも、痛みのない世界に行きたい 生まれ変わりたい と思うほど辛いですね。痛みが完治したら人生観が変わると思うぐらいです。
[ 2008/07/07 19:16 ] [ 編集 ]
頭痛に「塗り薬」効果あり
私は「頚椎症」のため首、肩がよく痛くなります。それで在職中は頭痛薬のほか、外用薬の塗り薬も自宅と職場の両方に置いていました。

1999年でしたが当時勤務していた電話局のすぐ隣が薬局でして、昼休みによく薬を買いに行ってました。たまたま塗り薬が切れてしまったので、買いに行き、店員の薬剤師さんに、

「頭痛に この 塗り薬を 目に入らないように注意して 頭に塗ったら効果あるでしょうかねぇ・・・」

と、もしやと思って質問してみましたら、薬剤師さんは、

「ええ もちろん 頭痛にも効きますよ・・・」

ということで以前から常用していた「インドメタシン製剤の アンメルシン」を首から後頭部、耳の後ろ側、こめかみ へと頭髪の生えているところの頭皮に塗りましたら スー として本当に頭痛が緩和しました。

それ以来、自宅でもごく初期の頭痛のときはその塗り薬を頭皮に塗っています。またヘアーブラシで頭全体の頭皮や首をかるくブラッシングしますとその部分の筋肉の緊張がほぐれて頭痛が緩和します。

ただ、この場合は緊張性頭痛のときに効果があり、偏頭痛のような痛みのときは、私の場合は効果ないです。頭痛の仕方によっては筋肉痛の塗り薬やブラッシングも効果あります。

ここ数日、こちら名古屋は猛暑でして、軽い熱中症の症状が現れ、頭痛・吐気・食欲不振・・・などが現れ、耳の内部で計る体温計で37.7゜ありました。さっそく清涼感の鼻炎吸入をし、頭皮にアンメルシンを塗りましたら37.2゜まで下がり体調も楽になりました。もちろん冷房もします。

耳で測る体温は脳に近い体温でして、腋の下で計る体温より 0.5~1゜ぐらい高めに現れます。
[ 2008/07/07 19:35 ] [ 編集 ]
やはり血管の拡張は
 暑いときやまぶしいときが圧倒的に多いようです。熱中症なんだか、偏頭痛なんだか時折わからなくなることがあります。以前にバファリンを多用している頃は偏頭痛ではありませんでした。筋肉痛薬や肩こり薬でも効いていました。葛根湯も効くようですね。頭痛外来を受ける前は偏頭痛とすべて逆のことをやってましてかえって症状を悪化させてしまっていたようです。現に偏頭痛に詳しくない脳外科にかかったとき緊張性頭痛と言われてかえって悪化したこともありました。
[ 2008/07/08 00:01 ] [ 編集 ]
こんにちは(^^)
>ひよこぴよさんへ
そうですね(^^)
まぁ,便利になりましたし,処理速度もかなりUPしましたね.数値計算を行っていた自分にとっては,処理速度のUPは とてもウレシイものでした.
...Winは いつまでトップの位置にいるのでしょうね(^^;

>冬ソノさんへ
偏頭痛って,緊張性の頭痛とは 異なる治療をするのですか. 知りませんでした(^^; 頭痛といっても,いろいろあるのですね.
[ 2008/07/09 08:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。