コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デジタルマルチメータ

手軽にセンサの値をコンピュータに入力する方法はないのか?

そんなことを以前考えてました(^^)
# 今も、ですけど

で、検索した結果、デジタルマルチメータ(DMM)にシリアルポートがついているタイプだと
簡単入力だという結論に。
購入したのは「SANWA製のDMM-PC10」。

面倒で、今まで放っておいたけど、繋いでみました。

簡単にシリアルポートと接続できるもの。
考えた結果、これは Tcl/Tk というスクリプト言語を選択。

うまく、繋がりましたヨ(^^)/

             参考文献:http://wiki.tcl.tk/1108
# SANWA DigitalMultiMeter PC10
#
# windows : set fd [open com1: r+]
#

# 接続設定
set fd [open /dev/ttyS0 r+]
fconfigure $fd -mode 9600,n,8,1
fconfigure $fd -blocking 0 -buffering none

# これを実行すると現在の値が返って来る
puts [read $fd]

# 終了するときは閉じる
close $fd

--------------------------------------------------------

ちゃんと、何を測定しているのかが分かるようになっているんですね(^^)

DCV, 0.770E+0
ACV, 1.661E+0
OHM, 4.000E+7
BUZ, 4.000E+2
DIO, 3.425E+0
DmA, 0.000E+2
AmA, 0.000E+2
DCA, 0.000E+1
ACA, 0.000E+1

--------------------------------------------------------

出力を見るところは、こんな感じでも良いかも♪

set roop 1
set cnt 0
while {$roop} {
set cnt [expr $cnt+1]
set data [read $fd]
set size [string length $data]
if { $size } {
puts "received $size byte : $data"
} else {
puts ""
}
update
if {$cnt > 1000} {set roop 0}
}
[ 2008/07/11 07:00 ] リナックス | TB(0) | CM(19)
計測とともに37年
私が工業高校の電子工学科に入学したのが1972年、以来、電電公社、NTTと計測とともに現在も気象観測機器も含め37年たちました。

職場は計測機器の山でしたね。こんなにたくさん計測器があっていつ使うのかと配属されたばかりの頃は思ったものでしたが、電気工事士がドライバーや電工ナイフ、ニッパ、ペンチを使うが如く、頻繁に計測機器を使ったものでした。

使用頻度が多いですから、時には床に落したり、また計器の校正は簡易なものなら現場で調整したり修理したり。

デジタル出力が出るタイプは1970年代末頃から現れ始め、私も自宅にそのタイプのDMMも持っていますけれど、当時のDMMはショルダー型と大きく、また価格が20~30万円もしました。当時の私の給料は12万円ぐらいでした。

1990年代に入ると職場の計測機器もだんだん小型軽量化になり、かつてのショルダー型で高性能の機種がハンディー型にまで小型化され、さらにデジタルポートが標準装備。「装備」という言葉がふさわしくないほど普通になり、RS-232Cケーブルで直接パソコンにつなぎ、通信機器のメンテナンスに使ってました。

監視制御装置は既に以前から内蔵されており、計測データが 1.5Mb/s のパスケーブルでリング状に通信機器をめぐっており、監視室で遠隔監視できたものです。もちろんその工事は私たち職員がするわけです。

1990年代後半にはハンディ型DMMにノートパソコンをつなぎ、それで無人の電話局の巡回保守をしていました。計測点数は数万ヶ所にもなりこれはとても手作業でてきる量ではなくパソコンとDMMの便利さのおかげでした。

操作は・・・パソコンやデータのフォーマットを気にすることなく全自動で計測データがパソコンへ転送しますから、測定コードを通信設備の測定点に差し込むだけでした。データはcsv形式で転送するしくみでしたから、パソコンのソフトを使ってデータベース管理もしたものです。

本局から無人局の通信設備へ電話をかけ(相手の通信機器が自動応答します)、本局から遠隔で測定データを収録する ということもしていました。もちろん1人でできることではなく、計画、予算、工事・・・など多くの同僚で作り、完成しました。できてしまえば当たり前 という仕事なのですが、退職して あの当時を振り返ってみますと よくあのようなことを 上司は思いつき、部下を指揮・指導し実行されたものだと感心します。大変なつかしいですが、もうあの面白い仕事ができないと思うと寂しいものですよ。v-216

その寂しさを、現在も理工学書を買って読んでまぎわらせているようなものです。
[ 2008/07/11 14:04 ] [ 編集 ]
計測機器
いろいろな計測機器がありますよね(^^)
わたしも いくつか利用しますが、(職場にはあるのですが)まだ使ったことの無いものも多々あります。もちろん、古すぎてもう使えないものも。
遠隔操作は 便利ですよネ(^^) でも、何が必要なのかとか 考えなくてはいけないことが多いと思います。
。。。遠隔操作、ですかぁ。面白そうですけど、まだ私にはできなさそうです(^^;
[ 2008/07/15 08:23 ] [ 編集 ]
遠隔操作
「遠隔操作」聞こえはいいですが、無人化、職員減らし、合理化、新入社員採用せず・・・というリストラクチャリングなんですよ。当時みんな職場では、

「便利になってきたけれど、将来 人が減らされる 自分で自分の首を絞めている 自分で自分の仕事を減らしている・・・ようなものだよ」

と言っていましたねぇ。しかし、技術的にはすごいことをしているんですよ。神奈川県横須賀市の電気通信研究所から名古屋市内の電話局の無線設備の監視をしていましたし、遠隔操作でアンテナを動かしたり、同様に通信衛星の状態を監視していたのですから。
[ 2008/07/15 13:57 ] [ 編集 ]
Re : 遠隔操作
そうですねぇ。。。
管理する人は配置されますが、職員は減少しますよね(^^; まぁ、どこでも、無人化が進んだ時期でもありますね。
[ 2008/07/16 21:41 ] [ 編集 ]
そういえば
 駅の緑の窓口が無人化されてなんと消費者金融の「むじんくん」みたいな装置になっていて首都圏の駅でもオペレーターが東北地方から操作しているという話です。まあ、火星の表面に居るロボットを地球から操作できてしまうわけですからたいていのことはできてしまうようですね。予報の世界では最終的にはベテラン予報官なんでしょうけれど・・・
[ 2008/07/16 22:42 ] [ 編集 ]
冬ソノさんへ
首都圏のも東北地方から操作しているのですか?(・・)?
。。。それは、スゴイですねぇ(^^;

そうですね。一般的な予報はベテラン予報官が最終防衛ラインなのでしょうね。でも、さらに細かい予報では、地方に住んでいる私達であるように していきたいですね(^^)/
[ 2008/07/18 10:00 ] [ 編集 ]
遠隔監視は料金も
遠隔監視は制御系だけでなくあらゆる分野で活用されていますよ。

たとえば私が利用しているインターネットFAXは仙台に監視と料金センターがありますし、インターネットそのものは金沢です。

かつてはほとんどすべて、最寄の電話局で監視も料金もやっていましたが、いろいろなサービスが増え、それぞれのサービスごとに専門の部署が日本各地に分散設置してあります。料金明細書や領収書の発行住所は必ずしもお客様のお住まいの最寄の電話局の住所とは限らないんです。
[ 2008/07/18 17:27 ] [ 編集 ]
そうですね(^^)
今は あらゆる分野で活用されていますよね(^^)
でも、インターネットが普及した現在は プログラムが書きやすくなったと思います。ひよこぴよさん達が作成された頃は かなり大変だったのでしょうね(^^;
。。。面倒さが、ケタ違いですよね。
[ 2008/07/23 18:19 ] [ 編集 ]
エアコン故障
主題とは関係ないですが、本日(7/24)我家の百葉箱で日最高気温が41.3゜になりました。すでに7/20にも41.1゜、また39゜以上も数日続いています。

7/14、エアコン不調、その後7/19にもエアコン不調。2006/7にも故障修理していただいたが、工事してから既に13年経過していることから各部に老朽化発生し始めている。

本日、大変暑いが7/27に新品取替工事をしてもらう予定。私は室内での熱中症の経験が何度もあることから、工事当日は図書館へ避暑に出かける予定です。

これまでは、1976/4、1996/4といずれも4月に工事していただいたが、今回は故障とあって涼しくなるまで待つわけにもいかず。毎日 解熱鎮痛剤を飲んで体温上昇を抑えながらの生活です。室内は冷房していますけれど、終日28゜以上ですから体が疲れ、毎晩眠ることもできない毎日が続いています。v-521
[ 2008/07/24 17:13 ] [ 編集 ]
エアコン工事完了
7/27にエアコンの工事が完了しました。私は予定どおり愛知県図書館へ避難していましたが、たまたま図書館も空調設備の故障で「29゜設定にしています」と看板が出ていた。29゜でも涼しいです。

夕方帰宅。室内の最高温度計は37゜を示していた。やはり図書館へ避難していてよかった。

本日で新しいエアコン使用6日め。まだ操作方法になれないために、暑かったり、冷えすぎたり、除湿しなかったり・・・しかし前のエアコンは晴れた盛夏の昼間は29゜までしか冷えなかったですから新しいものはよく冷える。ところが除湿能力は前のエアコンのほうが桁違いによかった。

「冷房が苦手・・・」という人をよくみかけるが、ひょっとしたら よく冷えるものの除湿の効果が弱い ためではなかろうか。

設定温度を高めにしても冷えすぎるのは、窓を少し開けておけば多少は解消可能。新しいために冷えやすい(老朽化してきますと冷媒が漏洩してだんだん冷えにくくなります)ということはありうる。

本日、かかりつけの医院の待合室で
「エアコンとマイコンポットを買ったけれど、操作ボタンが多くて複雑で使い方がよくわからん・・・」
と言っている老人がいた。私同様長年通院しているからよくお話しますが、
「最近の家電製品は便利な機能がつきすぎていて操作が複雑・・・昔の製品は簡単でよかったのにねぇ~」
私も全く同感です。私も我家の洗濯機は父しか操作できない。炊飯器は母しか操作できない・・・など操作が複雑すぎて操作を分担している。
[ 2008/08/01 13:23 ] [ 編集 ]
こんにちは(^^)
ひよこぴよさんへ
暑い日が続いていますね。エアコンの設置によって快適に過ごされているでしょうか。
操作が複雑になってきたのは、私も感じています。でも、それ以上に「リモコン」が無いと動かせない機器にも困っております(^^;
個人的には、冷房は苦手なので、除湿機能を活用しています。十分、涼しいんですよね(^^)ok
[ 2008/08/13 08:29 ] [ 編集 ]
エアコンは性能向上なるも 外は異常な暑さ
7/27に取替工事が終り、2週間たち新しいエアコンの操作方法にも慣れてきました。

メーカーの技術者用の仕様書を電器店の人からいただき、比較してみましたら、性能は2倍以上の向上です。

冷房は、設定をさげれば昼間でも簡単に25゜以下にまで冷えます。実際には28゜で十分ですが、以前のエアコンは設定を下げても29゜までしか冷えなかったですから、今回はよく冷えます。

ただ よく冷えるために除湿はしているものの相対湿度はそれほど下がらずせいぜい45%とまりです。以前は冷えが悪かったために相対湿度としては30%まで急速に除湿していました。

こちらの我家のこの夏の気温を紹介します。( )は我家の平年値です。

7/12~8/12までの32日間のデータですが、

日平均気温の32日間平均値 32.1゜(28.2゜)
日最高気温の32日間平均値 39.3゜(33.2゜)
日最低気温の32日間平均値 26.9゜(24.7゜)
この期間中の最高気温の極値 42.3゜
この期間中の最低気温の極値 24.5゜
この期間中の日最高気温35゜以上の日数 32日間
この期間中の日最高気温40゜以上の日数 13日間

通常、この期間中は梅雨の後半も含んでいますから盛夏(梅雨明け~9月上旬)より涼しいのですけれど、ごらんのとおり今年の当地は後半が空梅雨でほとんど雨が降らないために猛烈な暑さが続いています。曇りでなければほとんど毎日38゜以上になります。

当地は名古屋市の北部の住宅地でして、名古屋地方気象台(名古屋市千種区日和町の、小高い丘の上にある)よりも晴れれば昼間は5゜ぐらい暑くなります。v-521
[ 2008/08/13 11:33 ] [ 編集 ]
残暑お見舞い申し上げます(^_^;)
こんにちは、ご無沙汰しております。
毎日、本当に暑いですね(^_^;)
台所にいると「火あぶりの刑」か「釜ゆでの刑」
を受けているような状況です。

昨日早朝、アメダスで6mmの雨が観測されていましたが、その降雨の直前、いつもなら鳴いている蝉が妙にシーン・・・としているのが、不思議でしたが、もしかして降雨を予知できるのかしら?っと勝手に思いめぐらせて「お主なかなかやるな!」っと思っていました。

気象予報士の受験は完全に諦めて、今は少し
目標未達成への自己嫌悪からは、解消されています。
難しい話は、今の私にはできませんがまたお邪魔しますね♪

暑い日が続いていますが、お体にお気をつけて(^_^)/~

[ 2008/08/13 12:28 ] [ 編集 ]
台所熱中症
青空さん 台所作業は非常に熱中症になりやすいですから油断なさらないでくださいね。毎年熱中症に数回かかる私が言うのもおかしなことですけれど、我家では冷房は朝食時間帯には既に運転していますし(ほぼ24時間連続運転・換気は適宜します)、台所では換気扇を回し、さらに反対側から扇風機でガス台付近の熱気を追い払って調理します。私は調理が好きなんですよ。

母(74)は今年、熱中症にかかりました。私も軽い熱中症の症状は常時ありまして、微熱(37~38゜)が1ヶ月も継続していますから食欲も低下し、消化器系も衰弱しているようで、毎朝 下痢が続いています。

あまりの暑さで全身が疲労しっぱなしでして、冷房運転しても早朝は27゜ぐらいまでは下がりますけれど、室内でも常時それ以上の気温が2ヶ月は続きますから大変辛いです。

在職中は冷房の効いた通信機械室での作業でしたから、今思えば在職中の働いていたときのほうが暑さでは楽でした(仕事はきつかったが)。家庭ではいくら高性能のエアコンとはいえ産業用空気調和機にはかないません。

気象予報士国家試験や他の試験は、私も健康上の都合から仮に名古屋で実施されても受験困難な体調になってしまい、また来年あたり入院・手術になりそうでして、今年年末の自動車運転免許の更新は もうやめて免許証を国家へ返納しようかと思っているほどです。

試験は受験できなくても、また免許の更新ができなくても、在職中に業務命令でとった20種ぐらいの免許もすべてもう利用することはなくなってしまいましたけれど、合否を問わずその受験勉強で得た知識は意外と日常生活で役に立つものです。

先月、我家のエアコンに不具合発生したときも、在職中に取らされた「高圧ガス製造保安責任者(第三種冷凍機械責任者)」の資格の知識が活用できて、メーカー技術者と意見交換したほどです。

我家近所の大形犬は・・・人間が雷に気がつく前に吠え出します。犬の声を聞いてレーダーを確認しますと我家から100km先で発生している強い降水エコーが見られ、犬は雷による空振や電波を人間よりはるかに敏感に感じとっているようです。v-521
[ 2008/08/13 21:04 ] [ 編集 ]
お暑うございます
 連日の35度前後(気象台の観測数値)の気温でまあ、よくこれだけ毎日汗が枯れずに出てくるものだと感心しております。今年から職場が変わって日影が少ない外作業が多くなり服を脱ぐとまだTシャツを着ているような日焼けになっています。(笑)

 ひよこぴよさん、名古屋は相変わらずの猛暑ですね。エアコンを取り替えられたのですね。3冷をお持ちなのですね。私もビル管理業に従事していた頃この時期暑い中講習会に言った事を覚えています。当時業務用の冷凍機は三菱重工を使っていたため我が家にもなぜか三菱重工製が入っていたりします。比較的シンプルな製品です。3畳程度のパソコンルームに6~8畳用が入っているので物凄く効きます。昼間は外に居るのでせめて夜くらいは涼しいところに居たいと思います。

 青空さん、予報士試験断念ですか・・・
私も15年夏から毎回チャレンジしていますが再び学科免除がなくなり俗に言う負のスパイラルに陥っています。統計的に受かっている人は3回目くらいで受かっているらしいですが私はすでに3倍以上やっていますがまだダメです。今年もそろそろですが足踏みをしているうちに転勤になったり不利な要因が出てきています。しかし、毎年大浴場付きホテルに泊まり受験をしてくるという行為自体が夏祭りの感覚になってきました。逆に受かってしまって小旅行ができなくなるのも寂しいかも知れません。負け惜しみですが・・・ひよこぴよさんが言われるようにこの5年間蓄積したものは無駄にはなっていないと思っています。
[ 2008/08/13 22:24 ] [ 編集 ]
「3冷募集」
私が小学生時代の1960年代、我町内のいたるところに「3冷募集」という看板が掲示されていました。もちろん当時はその意味は知りませんでしたが、1981年に赴任した当時の日本電信電話公社・名古屋統制無線中継所へ着任の挨拶回りをしているとき、所長や上司から、

「第一級無線技術士、危険物取扱者、3冷、ボイラー技士を取ってくれ」

と言われ、無線は既に2級を持っていましたから業務には支障なかったですけれど、そのほかは初耳の資格でしたから、これは大変だ とばかり帰宅してからも勉強の毎日でした。

当時は、
「3冷」の受験資格には1年以上の実務経験が必要

「ボイラー」の受験資格にも確か1年以上の実務経験又は3日間の講習会が必要

「危険物」の受験資格にも半年以上の実務経験が必要

という時代でして、ボイラーは1年間待っているわけにはいかないので3日間の講習会に参加、3冷は日常業務が無線設備のほかビル管理の業務であることから1年間実務経験を積んで受験、危険物は以前の職場(当時の日本電信電話公社・名古屋都市管理部)で電気通信線路工事で日常のように電話線工事でトーチランプを使い、油倉庫の清掃をしていたことから既に6年の実務経験があり無線局に赴任してからは地下タンクの保守を経験して受験しました。

現在はボイラー以外は実務経験は不要だと思います。その後、第一級無線技術士、第三種電気主任技術者・・・など転勤するたびに新しい資格が必要になり免許証も20個ぐらいたまりました。

業種によっては本当に退職するまで受験勉強の連続でして学生時代のように周りに学術的な質問する人もおらず、受験の方法などは上司や同僚が助言してくださりますが、理論的なこと、数学は自分でせねばならず大変でした。もともと理工学系の勉強には興味がありましたから続けられたと思いますが、命令されても断念したり、その後 転勤してその資格を受験する必要がなくなったものも数種あり、一例として、

二級土木施工監理技士、消防設備士、・・・などがありました。あのときはあれもこれも複数の学問を勉強している余裕もなく転勤して受験不要になり、ホッとしたものでしたよ。いくら好きな分野の勉強でも時間はかかりますから。v-521
[ 2008/08/14 08:58 ] [ 編集 ]
こんにちは(^^)
ひよこぴよさんへ
本当に、暑いのですね(^^; ここも山形の中では暑い方なのですけど、それ以上ですね。
犬が空振を感じとって、ですか。面白いですね、それ(^^) 雷による振動数って、そう言えば どのくらいなのでしょう? 検索しても出てこなさそうですね(^^;

青空さんへ
こちらこそ、です(^^)/
台所は まさに、ですよね。あまり頑張りすぎないように気を付けてください。たぶん、青空さんのことですから、休憩しすぎくらいがちょうど良いのかもしれませんよ?(・・)
なるほど、蝉ですか。またまた 興味深い話ですね。誰か 調べていたりは。。。しないのでしょうね(^^;

冬ソノさんへ
冬ソノさんも転勤されたのですね。大変ですよね転勤って、やっぱり。私も まだ なかなか余裕を作ることができません(^^;
[ 2008/08/14 13:29 ] [ 編集 ]
こんばんは!
貴樹さん、ひよこぴよさん、冬ソノさん、お気き付かい 頂いて有難うございました。
負のスパイラル、気持ちとてもわかります。
人生そのものもそうかも???(汗っ!)

冬ソノさんは、どうか、悔いを残されませんように!!
[ 2008/08/14 19:38 ] [ 編集 ]
こんにちは
青空さんへ
負のスパイラル、ですか。。。 そういうときってありますよね。
私も、環境が変わってしまったことで、流れもかわってしまったようです。いろいろと 焦りすぎていましたが、足もとを もう一度踏み固めて見ようかと思っています(^^)
[ 2008/08/18 08:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。