コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

積雪深

アメダスのデータを見ていたら,

北海道:
[宗谷(稚内市)・留萌(留萌市)]
[石狩(札幌市)・後志(倶知安町)]
[空知(岩見沢市)]

本州:
甲信地方 [山梨](甲府)

の場所に「積雪深」の項目が加わっていることに気づきました.
でも,なんで 甲府?
良く分かりません.
[ 2005/10/26 18:30 ] 天気日記 | TB(0) | CM(4)
そろそろ雪の季節
v-521貴樹さんからすれば関東地方以西で「積雪深」があるのは異様に感じられるかもしれませんね。

これから少しずつ増えていきます。もちろん東京、横浜も、そして私の住む名古屋も・・・まだまだ増えてきます。

いつも「積雪深」の項目は全国(積雪を観測している官署)一斉に追加しないようで、私もこれが追加されると自動受信の表計算ソフトを「冬用」に変更しています。

私の個人的意見では、このデータを自動受信して利用している人は結構いますから、一年中変更しなくてもいいと思います。

日本で 雪は降っても積雪しないところは沖縄県、小笠原諸島、南鳥島ぐらいでしょう。

甲府は南岸低気圧のとき よく積雪します。私の住む名古屋は、早ければ11月下旬にも「初雪」になります。

1983/11~1984/4の冬はすごかったですよ。名古屋でもこの期間中に45日間雪が降りましたし、降雪量の合計は90cm近かったです。v-276
[ 2005/10/26 19:16 ] [ 編集 ]
自動受信
そうですよね(^^) 自動受信をすることを考えると,書式の変更はとても困ります.私も,結局 自動受信していますので.

甲府は よく積雪するのですか.でも,名古屋でも11月下旬に初雪! なのですか.ちょっと,驚いてしまいます(^^;
[ 2005/10/27 10:36 ] [ 編集 ]
様式変更つらいね
v-521毎日、名古屋地方気象台、御前崎測候所、富士山測候所の毎時データを自動受信して、地上・高層実況を描いてますけれど、11/30で旧様式が廃止されるため、昨日から新様式に変更作業を進めています。

ところが新様式では富士山測候所の「気圧」が省略されたために、これまで御前崎測候所のデータを活用して 850hPa 500hPaの推定値を計算することができなくなり残念です。

高層推算値の算出はあきらめるか、気象庁にお願いして再度新様式でも気圧を追加してもらうか・・・もっとも高層では気温と気圧の変化のしかたが並行していますから、気温を監視していればいいわけですが。

名古屋も初雪の平年日は12月中~下旬ですけれど、早い年ですと11月下旬に降ることもあります。また終雪は3月中旬頃ですが、4月上旬(当地で「桜」が満開の頃)に降ることもよくあります。

最後の桜の花が散ったのが5月の連休中という寒い春もありましたね。こちらの桜の平年の開花日は3月下旬後半です。私の体調が一年で一番不調な時期でもあります。(宇宙遊泳してるみたいな体調が2~4月の約3ヶ月間続きます。これも幼児時代から続く)

最近気がついたことで、私の体調の不調はもしかしたら「シックハウス症候群」ではなかろうか。

壁に気象図が40枚ぐらい掲示してありますが、化粧ベニヤ板に接している気象図で長年にわたって掲示したままの「気候図」が、壁に接しているところだけ変色して、壁の模様が気象図に写っている。つまり壁から放出されてる微量な有害物質と気象図の紙質の化学変化ではなかろうか。

しかも私の病気が一段と悪化したのが1977年で、家屋を増築した時期と一致している。もっとも私は窓を開放しておくことが好きな性格だから (空も雲もよく見えるため) 換気不足ということはまずありえないも、冬季の就寝中はよく頭痛が発生します。

それで数年前から冬季の就寝中も隙間風が入るようにはしていますが・・・本当の私の病気の原因は何だろう。

私の利用している有料気象情報、まもなくさらにバージョンアップの予定。気象図のFXFE502/504 FXFE5782/5784 FXJP854が1時間間隔で表されるイメージになるそうです。

ところが、私にはパソコン操作が不慣れなこともあってせっかくの便利な機能も使いこなせない恐れが出てきました。

富士山データが縮小されたものの、この有料気象情報を受信すれば地上から100hPaまでの高度・気温・湿度・露点・湿数・相当温位・鉛直P速度・風向・風速、SSI、凝結高度、雲量などが受信できる予定です。
[ 2005/10/27 11:42 ] [ 編集 ]
様式変更つらいです
はい.旧様式は 11/30 までなのですね.地衡風速の計算は 旧様式のデータを用いているので 面倒です.

でも,シックハウス症候群ですか.十分に考えられますね.職場でも,朝 出社したときに換気をするようにしたり,家でも ですね.気を付けています.普通の家屋だったら,何らかの 有害物質は含まれているでしょうから.先日,新聞か雑誌か忘れましたが,有害物質を一切含まない家が 売られていました.でも,すごいとしかいいようがない 家でした(^^;

高層では,気圧と気温が連動しているのですね.もう少し したら, 高層データにも チャレンジしてみます.
[ 2005/10/27 12:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。