コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

pdftk による PDFの連結

グラフを作成するのに便利なツールですよね、GMTって(^^)
でも、「便利だね」って言えるまで、長かった。。。かも(^^;

今日は、Vine3での pdftk コマンドのインストールを行いました。

まず、参考にしたHPです。
1.説明が書いてました。
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/928splitpdf.html
2.pdftk の HPです。
http://www.accesspdf.com/pdftk/index.html

で早速 最新版の pdftk-1.41.tar.gz をDL♪
コンパイルは
gcc-java をインストールされていることを確認してからです。
$ make -f Makefile.RedHat
。。。でも、エラー(^^;

で、再度検索しました。
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/linux/?pdftk
見つけたのが、コレ↑。
Vine3.1とほぼ同じ環境です。

どうやら、この方は pdftk-1.12 を使った様子。
HPをみると、Version History の所に、古いものが 置いてありました(^^)

で、コンパイルは成功♪

参考にさせていただいたHPの方、ありがとうございます(^^)/
# ちなみに、 Vine4では コンパイルされたものがあるらしいので、apt-get が synaptic で
# インストールが出来るようです。
[ 2009/04/12 20:00 ] リナックス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。