コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ディスクの追加(mke2fs)

さて、今日は ext3でフォーマットし、マウントして行きたいと思います(^^)
もちろん、まだ、マウントはしていません♪

1。mke2fs -j コマンドで フォーマット。

2。e2label コマンドでラベルをつける。

3。e2fsck コマンドでファイルチェック。

4。mkdir コマンドでマウントポイントを作成。

5。/etc/fstabを編集する 。
    LABEL=/usb /usb ext3 defaults 1 2

6。mount -a コマンドでマウントすることを確認。
(1)
# mke2fs -j /dev/sda1
mke2fs 1.35 (28-Feb-2004)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
979200 inodes, 1957878 blocks
97893 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
60 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
16320 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632

Writing inode tables: done
Creating journal (8192 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 28 mounts or
180 days, whichever comes first. Use tune2fs -c or -i to override.

(2)
# e2label /dev/sda1 /usb

(3)
# e2fsck /dev/sda1
e2fsck 1.35 (28-Feb-2004)
/usb: clean, 11/979200 files, 38945/1957878 blocks

(4)
mkdir /usb

(5) vi /etc/fstab で以下を追加。
LABEL=/usb /usb ext3 defaults 1 2

(6)
# umount /usb
umount: /usb: マウントされていません
[root@delta root]# mount -a
[root@delta root]# df
ファイルシステム 1k-ブロック 使用中 空き 使用% マウント場所
/dev/hda5 5036284 3937584 842868 83% /
/dev/hda7 12310264 11042996 641940 95% /home
none 252816 0 252816 0% /dev/shm
/dev/sda1 7708560 32828 7284160 1% /usb

//////////////// usbHD を追加 /////////////////
よって、/etc/fstab は以下となった。
LABEL=/ / ext3 defaults 1 1
none /dev/pts devpts gid=5,mode=620 0 0
LABEL=/usb /usb ext3 defaults 1 2
LABEL=/usbHD /usbHD ext3 defaults 1 2
/dev/hda7 /home ext3 defaults 1 2
none /proc proc defaults 0 0
none /dev/shm tmpfs defaults 0 0
/dev/hda6 swap swap defaults 0 0
/dev/cdrom /mnt/cdrom iso9660 noauto,owner,kudzu,ro,iocharset=euc-jp 0 0
[ 2009/04/15 20:00 ] リナックス | TB(0) | CM(4)
貴樹さんすみません
 貴樹さんには申し訳ないのですが、ひよこぴよさんにどうしてもお願いしたいことがあり、この場をお借りいたします。

「tebra」さんへの私のコラムへのコメントは、自慢話ですか?
 あれだけのことをお書きになれるなら、ご自身でコラムを投稿してみてください。私は下ります。
 ひよこぴよさんはこちらのブログでも、コメントに対する認識の相違というのを書かれていましたが、結局時流に合わせようとはなさらないのですね。あんなに長いコメントは、非常識に思われますよ。

 私はtebraさんには何年にもわたりお世話になっている上に、初めて私が書いた文章に報酬をくださった方なので、とても感謝していてご迷惑やご不快になるようなことはしたくないのです。(貴樹さんにも同じ思いですがe-459
 tebraさんへは私の方からもお詫びを入れておきますが、できればひよこぴよさんからもお詫びのコメントを追加していただければと思います。

長くなってすみません。
貴樹さん。失礼いたしました。
[ 2009/04/17 16:28 ] [ 編集 ]
気象庁からお聞きした内容です
「コメントした内容は1980年代に「JMA-80型地上気象観測装置」が導入さた頃、従来のような水銀温度計と自記温度計による百葉箱での気温観測のような極端な高温は今後は少なくなるだろう・・・と言われました。

ところが今度は、1990年代初めに国連の「世界気象機関」の勧告により、より高感度(時定数の短い)の気温センサーにする・・・と採択され、日本も1995年頃から「JMA-95型地上気象観測装置」が導入されました。

さらに、統計方法を数年前から観測時間の間隔を短く変更しましたから「時間分解能が上がってより細かい気温変化が見つかるようになった・・・」という意味です。

観測機器のデジタル化によりかえって観測時間ステップが粗くなり、それでは国連の勧告に合わないですし、それならば統計処理で対処しよう・・・という考え方でもあります。デジタル化は便利ですが、タイムインターバルが粗いと細かい変動を見落とし(記録漏れ)てしまうんです。

1970年代までの観測者によるマニュアル式の測器は「連続記録」でしたから極端な高温なども忠実に記録できたわけです。

このあたりの観測・統計方法の変遷までは気象庁ホームページで知ることは困難でして、昔の気象測器取扱指針、統計指針などをご覧になるか方法がないと感じます。

私は仕事柄(通信は気象と連携しています)職場や、気象台、気象学会・気象協会から情報が入ったり、自分で気象台へ質問したりして知りました。在職中に気象台へ公用で出向いたり、郵便で問い合わせたりしたことは数知れず。それでいろいろと国連の資料などの話も聞いたもので全て気象機関から教えていただいたことで、私の自慢話ではありません。私はまだ やっと人生の半分で52歳。仮に100歳になったとしても自慢できることなどないと思いますよ。v-521
[ 2009/04/17 17:29 ] [ 編集 ]
貴樹さんすみません(再び)
ひよこぴよさま。

論点がいつも食い違いますね。
以前も申し上げましたが、ひよこぴよさんがお伝えしたいことは、書かれていることの3分の1の量で理解できます、恐らく誰でも。つまり冗長なのです。
ましてやひとさまのブログへのコメントなのですから、端的に書くことを心がけていただきたいのです。
今回のお返事も、ひよこぴよさんほどの頭脳がおありなら、時系列にもっと端的に書くことはできたはずです。それを素人ではわからないようなことまで詳しくていねいに書いている(場合によってはそれは確かにとても重要で良いことだと思います)ので、私のようなほとんど素人のような人間には自慢話に感じられるのです。tebraさんのところへ集まる人たちは私よりももっと素人ですから、どう感じられるかわかりませんよ。
少なくとも、私は今回のことでtebraさんに謝罪のメールをしました。不義理をしたと感じています。

正直申し上げて非常に不愉快で気持ちの遣り場がありませんが、これ以上貴樹さんのブログを荒らすのも失礼かと存じますので、ひよこぴよさん、この件はもうおしまいにしてください。

最後になりましたが、貴樹さん。
「荒らし」のようなことをして失礼いたしました。一連のやりとりが終わったと思われたら、これらのコメントは、勝手に荒らしておきながら恐縮ですが、削除してください。

それでは失礼いたします。
[ 2009/04/17 22:49 ] [ 編集 ]
本日閉局
プリンタが再び調子が悪くなり、今年中に買い替えねばならなくなりました。それで少しでもOA機器の消費電力を節約させるため公共機関のホームページ受信以外、しばらくインターネットを閉局します。
本日、母に次期プリンタ購入予定と、しばらくはカラー印刷できない旨を伝えました。(母は私に印刷をよく依頼するため)

それでは皆さん

 「いつまでも夢と希望を 成功を祈る!」

http://www.youtube.com/watch?fmt=18&feature=related&v=DIl1FCohotw&gl=JP

http://www.youtube.com/watch?v=B_YWPf7LGhM&feature=related&fmt=18
[ 2009/04/18 21:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。