コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

農家の霜防止

知ってましたか(・・)?
農家の敵にがあるということを。。。

特に「遅霜」は果樹農家の大敵らしいです。
4、5月の遅霜被害で、収穫が半減することも。

でも、どうやって、対処するんだろ???
そう思っていたら、基本に忠実な方法でした(^^;

そう!!
燃やして、暖かくする、のだそうです。

2009年5月13日の朝日新聞によると、従来型の3倍の燃料容器が開発されたそうで、
燃焼時間は6時間。
これで、徹夜をしなくて済むと書かれていました(^^;
# 霜が降りる時間帯は、真夜中から午前5時頃。
# 眠い時間帯、ですね(^^;;

つまり。。。
今までは、徹夜作業だった、ということなのですね。
農家の皆さん、お疲れさまです<(..)>

この燃料容器ですが、以下のURLに作り方が書いてあるそうです。
特許出願中らしいですが、自作するのは自由だとか。

やまがたアグリネット http://agrin.jp
霜対策「燃焼容器」
[ 2009/06/02 07:00 ] 新聞記事 | TB(0) | CM(8)
知っています
本文の全文に対してすべて知っていますよ。しかも私が小学2年生以前から。

なぜ「霜」のこと、対策、農業・・・のことを知っているかといえばそれは私の世代ですと小学2年生ごろに学校の「理科」「社会」で習うからです。

さらに私の場合は母の故郷が三重県北部で「伊勢茶」の産地・農家でしたから私は理由を除けば幼稚園児以前から母や農家の叔父さん・叔母さんから聞いて知っていたわけです。

昔の農機具はほとんど木製でしたよ。あぁ懐かしき。母の兄弟には「かいこ(生糸)」の農家もありました。学校で習う前にたいていのことは見ていました。

我家の近くの名古屋環状1号線には私の小学生時代にトラクターや馬が通行していましたし、私の町内には牧場もありました。名古屋市のような大都会でも農家はあります。
[ 2009/06/02 18:25 ] [ 編集 ]
お茶畑にある扇風機もそうですね。地表付近の空気を撹拌して葉に霜がつかないようにしているようですね。燃やすのは「北の国から」でもドラマ中に出ていました。扇風機なら自動化は簡単だが燃やす方は大変ですね。私の近くではよく網みたいなものが作物の上に張ってあります。
[ 2009/06/03 08:03 ] [ 編集 ]
Re: 知っています
ひよこぴよさんへ
σ(・・)も知っていたのですが、ここまで被害が大きくなるとは思ってませんでした。
対策方法については、初めて知りました。
農家の土地は広いので、さぞかし大変なのでしょうネ(^^;
[ 2009/06/03 08:48 ] [ 編集 ]
Re: 霜
え?(・・)
お茶畑に、扇風機があるのですか?
それは。。。見たこと無いです。
今も、まだ、設置されてるんでしょうか。。。 見てみたいなぁ♪
[ 2009/06/03 08:50 ] [ 編集 ]
防霜ファン
お茶畑の扇風機は電柱などの上に設置していますが、あれを「防霜(ぼうそう)ファン」と呼びます。知らなくても恥ずかしいことではありません。私はたまたま母の故郷がお茶農家でしたから知っていただけです。
[ 2009/06/03 11:45 ] [ 編集 ]
Re: 防霜ファン
電柱の上などに設置しているんですか。
お茶畑自体、見たこと無いのですσ(・・)
どのくらいの大きさなのか、設置個数など、知りたいことはたくさんありそうです(^^)
[ 2009/06/03 13:50 ] [ 編集 ]
防霜ファン
防霜ファンの解説がwikipediaにありました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%B2%E9%9C%9C%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3

また、今やっているドラマ「夫婦道」でも劇中で埼玉県入間市の茶畑が出ていてファンも映っています。

また防霜ファンメーカーでフルタ電気という会社があります。

http://www.fulta.co.jp/
[ 2009/06/03 22:23 ] [ 編集 ]
Re: 防霜ファン
冬ソノさんへ
調べていただきありがとうございます<(..)> wikipediaにもあったのですね。
ちょっと見てみたいと思います(^^)
[ 2009/06/05 06:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)