コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

画像の編集

こんにちは(^^)
画像の編集作業、皆さん、どのソフトを使用していますか?(・・)

σ(・・)は、Gimpというフリーソフトを使っています。
はい。
Linuxのソフトです(^^;

でも、Win用もあるんですよ♪

今回は、lssという画像を編集することになったのですが、Gimpで
開けなかったので検索しまくりました。そのメモを追記に書いておきます。

Gimp。
その使い方は

GIMPフォトレタッチ完全ガイド2010 (アスペクトムック)GIMPフォトレタッチ完全ガイド2010 (アスペクトムック)
(2009/10/26)
不明

商品詳細を見る

GIMP徹底活用ガイド2010 (インプレスムック エムディエヌ・ムック)GIMP徹底活用ガイド2010 (インプレスムック エムディエヌ・ムック)
(2009/12/04)
MdN編集部

商品詳細を見る


のような本が出ているので、それらを参考にしています。

lssファイルの場所:/usr/share/mol/isolinux/splash.lss
・lssからppmへ変換
 lss16toppm < hoge.lss > hoge.ppm
・ppmからlssへ変換
 ppmtolss16 < hoge.ppm > hoge.lss
変換コマンドは以下を参考にしました。
 http://shiremono.com/?p=93

以下も参照したのですが、大きさ変更ファイルは見つけられませんでした。
 http://linux-life.seesaa.net/article/102309627.html
[ 2010/12/20 20:20 ] コンピュータ一般 | TB(0) | CM(2)
天気図色塗り
私は毎日、受信した気象図に色塗り作業しています。通信教育でもその手法がありましたが、私の場合は1970年代に名古屋地方気象台・予報課へ行ったときに予報官が気象無線ファクシミリで受信した[A1番]ぐらいの巨大な気象図に色塗り作業しているところを見て、

「そうか こうすればもっと気象図が見やすくなり、前日との比較がしやすいんだな」

と感心したもので、それ以来 ずっと続けています。

現在はインターネット受信していますが、受信した気象図を「ペイント」を使って加工しています。もっともプリンタはモノクロレーザー式なので「濃・淡」識別の方法です。

私が加入しているNTT退職者の会のホームページには各種のソフトが紹介され、先週、「GIMPフォトレタッチ完全ガイド」が紹介されました。

皆さん定年退職されて60~90代の方々ばかりですが、高齢になってもますますの向学心には感心させられます。

私なんか まだ54歳(12/30で)。もっとも私の場合は療養中なのでパソコン操作も困難な日があります。この本は高齢者にもわかりやすいという評判ですので私も読んでみようかと。
[ 2010/12/21 11:28 ] [ 編集 ]
Re: 天気図色塗り
> ひよこぴよさん

> ...先週、「GIMPフォトレタッチ完全ガイド」が紹介...
> ...この本は高齢者にもわかりやすいという評判ですので私も読んでみようかと。
σ(・・)は、PhotoShopから入ったので、はじめは戸惑いました。
もう10年以上前なのですが、個人では購入できる金額では無かった
ですね。。。
Linuxの世界に入り、このソフトを知りました。
「フリーなのに、ここまで 出来るんだ」って思ったソフトの一つです(^^)ok
[ 2010/12/22 10:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)