コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

並列数値計算環境の構築

こんばんは(・・)

FEMを使用することが多いのですが、職場の性能があまり良くなく、
自作しようかなと考えています。
CADデータをそのまま使えて便利なんですけどネ(^^;

産業総合研究所というものがあってKNOPPIXもそこで作成されて
いるのですが、そこから並列数値計算環境に移行するためのプログラム
があると聞きました。

今は時間が無いのですが、そのうち試したいと思ってます。
# 試したいことが増えていく一方で、まとめ切れてません(^^;

PCPというそうです。
http://www.ibase.aist.go.jp/infobase/pcp/
とりあえず、必要なソフトのダウンロードをしました。

並列計算環境として lam7.1.4 をダウンロードしてコンパイル。
$ ./configure --with-fc=ifort
σ(・・)だけかもしれないのですが、mpichのコンパイル、失敗します(^^;
インストールは checkinstall で。

次に、metisのインストール。
これは、マニュアル通りで 大丈夫でした(^^)ok

で、次は、Intel社のフォートランコンパイラの導入。
導入方法は、別の日記で。

最後に、PCPのコンパイル。以下を忘れなければ、大丈夫(^^)
$ export PCPHOME=`pwd`

無事、サンプルも動作しました。
ただし、lamを使ったので、サンプル実行の前に lamboot か lamrestart を
実行しました。
以下から metis-4.0.tar.gz をダウンロード
http://glaros.dtc.umn.edu/gkhome/metis/metis/overview

並列計算環境として lam7.1.2-1 を synaptic でインストール
しかし、PCPのコンパイル中、mpif77 でエラーが起きた。
試しに mpich をインストールしてみる。ダウンロード先は
http://www.mcs.anl.gov/research/projects/mpi/mpich1-old/
から mpich2-1.3.2p1.tar.gz をいただいたが、gcc3.3.3ではエラー。
検索した結果、以下から mpich-1.2.1.tar.gz をダウンロード。
http://ftp.mcs.anl.gov/pub/mpi/old/
結局 エラーだったので、lam7.1.4をダウンロードして、
./configure --with-fc=gfortran-4.0.2
ダメ、かぁ(^^; やっぱり、ifcが必要かな。
http://www.obihiro.ac.jp/~suzukim/masuda/ifc90_install.html
[ 2011/02/24 22:22 ] リナックス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)