コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

OS丸ごとバックアップ (Windows Recovery操作編)

さて、バックアップ作業が終了したら、復活作業(Recovery)を試したいですよね。
たぶん、コレかなぁ? と思ったのが Toolメニューにありました。
ですので、試して見ます(^^)

9。Toolsメニューから「Recovery Media Builder」を選択します。
09_recovery_media.jpg

10。設定がスタートしました。「Next」をクリックします。
10_rec_media_builder.jpg

11。私のPCは USBメモリからの起動はできないので、「CD/DVD」を選択しました。
 はい。このソフトは、CDなどから起動して 復旧作業ができるようです(^^)ok
 で、「Next」をクリックします。
11_cd.jpg

12。今回は、標準の起動ディスクを作成します。
 で、「Next」をクリックします。
12_typical.jpg

13。起動ディスクを直接CDに書き込むようです。
 ブランクのCDRメディアを挿入して、作成しました。
 で、「Next」をクリックします。
13_emu_cd.jpg

14。書き込み速度ですね。このまま「Next」をクリックします。
14_write_cd.jpg

15。無事、終了しました。
 この起動ディスクをPCに入れて起動してみたところ、起動しました。
 どうやら、確かに、復旧作業ができるようです。

16。この画面から「Restore」するとファイル単位で復活作業ができるようです。
00_startup.jpg

備考:「P2V Copy」を行うと、仮想化ソフト用のイメージファイルが作成できるようです。
 そのうち作成して、VMWareから起動するかを試したいと思ってます。
 製品版では、バックアップデータから変換することもできるようです (^^)
[ 2011/02/28 01:01 ] コンピュータ一般 | TB(0) | CM(2)
操作方法の詳細、ありがとうございます
こんばんは、21SPです。
「OS丸ごとバックアップ (Windows インストール編)」
「OS丸ごとバックアップ (Windows BackUp操作編)」
「OS丸ごとバックアップ (Windows Recovery操作編)」
以上の3項目、詳細に解説してくださいまして、誠にありがとうございました。
この3項目の内容は、全てプリントアウトして活用させていただきます。
HDDがクラッシュする前で、本当に良かったです。
助かりました。ありがとうございます。
- 以上 -
[ 2011/03/01 21:52 ] [ 編集 ]
Re: 操作方法の詳細、ありがとうございます
> 21SPさん

こちらこそ、ありがとうございました(^^)
間に合ったのなら、こちらとしてもウレシイ限りです。
[ 2011/03/03 19:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。