コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

dvipdfmxで日本語を埋め込む

久しぶりに、TeXを使っています(^^;
環境をVine4からVine6に移行し、整えている所です♪

さて、フォントの埋め込みにlxgothicを使っていました。
Vine4は使わないので、フォントを移動したいと思います。
ttcフォントを、/usr/share/fonts の下に TrueType-lx ディレクトリを作成して
コピーしました。
さて、一応、再起動。。。で、leafpadでフォントを選択してみると。。。うん、使える♪

便利になりましたね(^^)ok

で、次は、dvipdfmxです。
フォントの埋め込みには、以下のコマンドを使っていました。

dvipdfmx -o hoge.pdf -f lx.map hoge.dvi

実行すると、次のエラーが(^^;
** WARNING ** Could not locate a virtual/physical font for TFM "gbm".
** WARNING ** >> This font is mapped to a physical font "lxgothic.ttc".
** WARNING ** >> Please check if kpathsea library can find this font: lxgothic.ttc
** ERROR ** Cannot proceed without .vf or "physical" font for PDF output...

今回は、こちらのHPを参考にさせていただきました。
http://tauros.ams.eng.osaka-u.ac.jp/mt/jp/archives/000076.html

なるほど、pdffonts hogehoge.pdf で埋め込み状況を確認できるのですね(・・)
あとで、確認したいと思います。
それから
> その他のフォントでも、*.ttf、*.ttcなどのあるディレクトリを
> /usr/share/texlive/texmf-dist/fonts/truetype/public
> あたりに、シンボリックリンクでも張っておいて、mktexlsrで覚えさせればOKです。
とのことです。
早速、試して見たいと思います。
cd /usr/share/texmf/fonts/truetype/
ln -s /usr/share/fonts/TrueType-lx/lxgothic.ttc ./lxgothic.ttc
ln -s /usr/share/fonts/TrueType-lx/lxmincho.ttc ./lxmincho.ttc
mktexlsr

うん、エラーはなくなりました(^^)
分かっていますよ。プレビュー&印刷用フォントですよね♪
で、埋め込み状況を確認します。
普通にPDFしたのが
 GothicBBB-Medium-Identity-H  CID Type 0   no no no   5 0
 INUWZD+NimbusRomNo9L-Regu  Type 1C    yes yes no  6 0
 Ryumin-Light-Identity-H     CID Type 0   no no no   8 0
 JIYHRJ+rtxr          Type 1C     yes yes no  9 0
 HLZTNS+NimbusRomNo9L-Medi Type 1C     yes yes no  10 0
 KRUHFU+rtxb          Type 1C    yes yes no  11 0
 RCVMYN+txsy         Type 1C     yes yes no  12 0
で、埋め込み操作をしたのが、
 ZYGRHX+LX-Gothic       CID TrueType  yes yes no  5 0
 MICAKP+NimbusRomNo9L-Regu  Type 1C    yes yes no  6 0
 OZODSX+LX-Mincho       CID TrueType  yes yes no  8 0
 IILXIA+rtxr           Type 1C    yes yes no  9 0
 TNQUBL+NimbusRomNo9L-Medi  Type 1C    yes yes no  10 0
 LCLTVS+rtxb          Type 1C     yes yes no  11 0
 QKRGPL+txsy          Type 1C    yes yes no   12 0
ファイル容量は、埋め込んだ分、ちょっと大きくなったのかな(・・)
埋め込み操作した方は、全部yesになってますね(^^)
[ 2014/02/05 06:33 ] Latex | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。