コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人工知能ライブラリ 「TensorFlow(テンサーフロー)」

先日、また人口知能の本を購入しました。
  人口知能と産業・社会
で、ずいぶん進んできたなぁ、と(・・)

自分で、人口知能プログラムを作成するのは、この前、あきらめました(^^;
完全に分野外でしたし、なにより、知識ベースの基礎だけで精いっぱいと感じたからです。

でも、この本を読んで考えたのは、「これだけ進んできたら、オープンソースかライブラリでの配布があるかも?」でした。
すぐに検索してみたら、ホントにあってびっくりでした。
  TensorFlow
どうやら、ラズパイでも使える Python 言語で利用できるらしい。

ということで、インストール、試してみます(^^)
参考にしたHPは、以下です。
[1] http://blog.btrax.com/jp/2015/11/29/tensorflow/
[2] http://okuzawats.com/python-20140917
[3] https://github.com/samjabrahams/tensorflow-on-raspberry-pi

1.Python2.7をつかうようです。まずは、バージョンを確認。
  python -V
2.Pythonのパッケージ管理システムのpipを用いてインストールできるらしい(^^;
  pip、苦手なんですよね。
  sudo pip install --upgrade virtualenv
  virtualenv --system-site-packages ~/tensorflow
  cd ~/tensorflow/
  source bin/activate
  ここまでは、大丈夫そうです(・・)ok
  pip install --upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/mac/tensorflow-0.5.0-py2-none-any.whl
  ここで、エラーが! どうやら、numpyが入ってないらしい(^^; ということで、Numpyのインストール。
  sudo apt-get update
  sudo apt-get install python-scipy
  じゃ、あらためて、もう一度(^^)
  pip install --upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/mac/tensorflow-0.5.0-py2-none-any.whl
  
  。。。
  。。
  。

  サンプルを動かそうとしても、エラー(^^;アレ?
  もう一回、あちこち検索。
  で、みつけたHP[3]
  これは、仮想環境では。。。ないのかな?(・・)

  じゃ、もう一回。
  sudo apt-get install python-pip python-dev
  wget https://github.com/samjabrahams/tensorflow-on-raspberry-pi/archive/master.zip
  unzip master.zip
  cd tensorflow-on-raspberry-pi-master/archive/
  sudo pip install tensorflow-0.8.0rc0-cp27-none-linux_armv7l.whl
  
  。。。もう少し、調べてみます(・・)
[ 2016/05/15 13:15 ] RaspberryPi | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。