コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

アンチウイルスソフトの導入(VineLinux

まずは、vinelinuxのバージョンの確認からですね(・・)
久々すぎて、もう覚えてないです。

$ cat /etc/vine-release

Vine Linux 6.3と表示されました(^^)
そっかぁ、ちゃんと Vine6 にはしていたのですね。
じゃ、以下の記事を参考に、アンチウイルスソフトのインストールを行っていきます(・・)

 http://everidea.info/?p=1421
 http://mkserver.dip.jp/vinelinux/perform/install/0101.html

1.「clamtk」をSynapticでインストール
2.設定ファイルの変更
 # vi /etc/clamd.conf
  Exampleの前に「#」を追加
 # vi /etc/freshclam.conf
  Exampleの前に「#」を追加
3.さらにVine6.2以降では、以下のように変更
 clamd.confの以下の3行について、コメントアウトを解除
  FixStaleSocket yes
  TCPSocket 3310
  TCPAddr 127.0.0.1
 # freshclam
4.ウイルススキャナを実行
 メニュー:アプリケーション > アクセサリ > ウイルススキャナ
 スキャン > ホーム(再帰的)

ヘルプメニューからパターンファイル・プログラムのアップデート確認もできるらしいです(・・)

RaspberryPiの場合も、Clamがあるようです(・・)
http://nofx2.txt-nifty.com/it/2013/08/raspberry-pi-cl.html

[ 2017/05/31 21:32 ] リナックス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)