コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

くもり

秋田における気象データ(20060104-1200UTC)

850hPa...西29KT、気温-10.7度、湿数0.9度
700hPa...西19KT、気温-21.5度、湿数0.8度
500hPa...西北西21KT、気温-41.5度、
300hPa...西142KT、気温-48.3度

強風帯の北に位置しているため、300hPaから強風となっているようにみえますが、500hPaより上から風速が増しており、400hPaで91KTとなっているようです。

今日9時現在の天気はくもりですが、今は太陽が見えています。5分経ちましたが、もう太陽は見えません...今日の予報はくもりかな? 確認したところ、「雪のちくもり」でした。

秋田における気象データ(20060105-0000UTC)

850hPa...北西16KT、気温-12.3度、湿数1.0度
700hPa...西北西14KT、気温-23.7度、湿数0.7度
500hPa...西43KT、気温-38.9度、
300hPa...西119KT、気温-50.7度

風速は弱まってきているようですネ。
[ 2006/01/05 09:11 ] 天気日記 | TB(0) | CM(4)
いゃ~まいったよ・・・「この寒さ」
v-276この寒さ! 冬が好きな私でも先月の2005/12の名古屋の寒さは格別でした。

お久しぶりです。なかなかコメントするタイミングがつかめず、約40日ぶりか。

先月の名古屋は1891年名古屋地方気象台創立以来、12月としては第3位の寒さ。平年の1月よりも寒かったです。また名古屋地方気象台が現在の場所で観測開始した1923/1/1以降では12月としては過去一番の寒さでした。名古屋地方気象台は1923/1/1に移転しています。

雪の多さは私としてはそれほどびっくりする量ではないのですが、寒さと日照不足、これで洗濯に困りました。もともと雪の多い日本海側に住んでいらっしゃる方々は冬の洗濯をどのように工夫されているのでしょうか。

我家は、温風暖房機を全力運転しながら換気扇と小窓で外気を取り入れ、雪が降って外気の湿度は高くても混合比は小さいから室内に外気を取り込んで暖房すれば室内の湿度は40%以下になって洗濯物がよく乾きます。

私の住んでる名古屋北部(西区)は気象台のある東部(千種区「ちくさく」)よりも雪が降りやすくて、先月の雪日数は13日間 降雪量は63cm 最深積雪は32cmでした。ただ数日にわたって降り続くことはないので道路の雪は1~2日で融けますが、路肩にはまだ12月中旬の雪が残っています。v-276
[ 2006/01/05 19:41 ] [ 編集 ]
今年もよろしくですm(_ _)m
お久しぶりです(^^) 約40日...そんなになるのですね。それも全てわたしが更新しなかったためですね。すみませんでした(^^;

さて、冬の洗濯ですが、我が家では空気乾燥機(あれ? こんな名称だったかな?)を使用しています。これがないと、2,3日は乾きません。

でも、この寒気はすごいですネ。名古屋もですが全国的に、ですからね。これこそ、演習問題にはうってつけだったのでしょうが、あいにく、休養していました(^^;
[ 2006/01/05 23:22 ] [ 編集 ]
被服乾燥機
v-277やはり乾燥機ですよね。それしか考えつかないです。

こちらは太平洋側としては比較的雪が多い といいましても数日間も降り続いたり、曇り・雨が続くことはないため一般家庭で乾燥機を持っている家はまだ少ないです。

雪が積もるほど降っても、たいてい翌日には晴れることが多いので、屋外に干しますが、今回ばかりは・・・3~4日雪が降り続いたり、また降らなくても晴れず・・・それで両親と私でいろいろ工夫しました。

近所アチコチに「コインランドリー」がありますけれど、我家はマイカーがないため洗濯物の運搬もできず、それでなんとか工夫しました。

先月の雪日数は私の住んでるところで14日間でした(昨日13日間と書き間違えました)。v-521
[ 2006/01/06 13:00 ] [ 編集 ]
乾燥機
あ、被服乾燥機。そうですね、それが一番かも。
でも、我が家にあるのは、ふつうの空気乾燥機です(^^; なにせ、クーラーと言うものがないものですから...
洗濯物を干してある部屋の中心に、ドンと、乾燥機を置いて使用しています。梅雨の時期や、冬場に重宝です。
[ 2006/01/06 16:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)