コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

実技のための勉強方法

今回は実技試験のみということで張り切っていましたが、年末年始の風邪や結膜炎などによって、試験勉強ができない日々を送っていました(^^;

わずかな試験勉強時間を有意義に用いるため、以下のような勉強方法を採用しました。メインのテキストはナツメ社の資格試験らくらく合格塾気象予報士実技試験です。

1.総観規模スケールを把握するため、基本的に問1(穴埋め問題)を全て行う
2.問1と問1に関連した記述問題を行う
3.以後、前回の復習をかねて問1から順番に解いていく

現在、2の工程に入ったところです。
理解度の確認のために、できるだけ毎日、各天気図をみて、自分なりの予想をたてています。答え合わせは、気象庁の天気予報をみればいいですからね(^^)v

今週中に2を終了させて、実際の過去問題に少しだけ着手してみたいです。来週には、局地的な問題へと ... いければいいですね。
[ 2006/01/11 12:47 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。