コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

最近、休みがないので(^^;

気象庁さんの天気予報です(^^)
村山:北東の風、後、東の風くもり、昼前から雪:最高気温2度
置賜:東の風、後、西の風くもり昼前から雪:最高気温1度
庄内:東の風、後、北西の風やや強くくもり、昼前から雪:最高気温3度
最上:南東の風、くもり、昼前から雪:最高気温1度

で、今日は関東の天気も見てみます。
東京:北の風やや強く、雨

ふーん、極大値は海上なので大雨注意報や警報が出てないのかな。でも、強風、波浪注意報は出ているようです。


さて(^^;
週末に気象予報士試験を受けたかた、疲れませんか?
私は眠くて眠くて、朝に起きるのがとても辛いです(^^;
実は、先週末は試験だったのですが、先先週末は土曜日に出張、日曜日は看病と休みがほとんどありませんでした。去年も似たような感じだったのですけど、ネ(^^;

現在9:20ですが、昼前ですね、もう雪が降ってきているようです。小粒の雪なので、まだ大丈夫でしょう(^^)

--- 秋田における高層気象データ(20060130-1200UTC) ---
850hPa...西16KT、気温-8.9度、湿数5.0度(風速が弱く)
700hPa...西29KT、気温-14.1度、湿数6.0度(湿数が小さく)
500hPa...西93KT、気温-24.1度、湿数14.0度(風速が強く)
300hPa...西111KT、気温-53.1度
(もうすぐトラフ)

--- 秋田における地上気象データ(20060122-1200UTC) ---
天気...晴れ、雲量2(積雲1,高積雲1)
現在天気...晴れ
風向...北東、風速...5ノット
気温...-1度
気圧変化...-0.2hPa

--- 山形/新潟の日本海海面温度...11度 ---

--- 実況データ ---
オホーツク海上に1012hPaの低気圧がほとんど停滞
日本の東海上に1028hPaの高気圧が東に10KTで移動中
九州の南に停滞前線つきの低気圧[SW]が発達中!! 関東南岸へ。1014hPa低気圧は東北東に20KTで移動中、最大風速は30KT-50KT。
東シナ海、黄海、太平洋に海上濃霧警報。

--- FXFE5782 ---
本州は全体的に上昇流域で覆われており、四国、関東南岸に極大値(12H)。
24Hでは、新潟以北の日本海側と関東以北の太平洋に上昇流が解析され、関東南岸と三陸沖にさらに強い極大値。
850hPaの気温は山形で-3から-6度(12H)、24Hでは-6から-9度と冷え込む。
山形は、湿潤域(12H,24H)。

--- FXFE502 ---
12H、24Hでは10mm以下の降水。

--- 天気予想 ---
山形「東のち北の風やや強く、雨、夕方から雪」
...しまった(^^; 雪降るの、もっと早かったか...
東京「東のち北の風次第に強く、雨」
[ 2006/02/01 09:19 ] 天気日記 | TB(0) | CM(2)
19年間 ご苦労さん
私は病気で退職(もっとも2001/8から病気で休職)しまして「毎日が日曜日」なのですが通院・リハビリで午前中(雨天中止)は忙しいですね。

岐阜大学の気象予報は去年の夏でしたか、こちら地元ではNHK名古屋ニュースで紹介されました。

昨日、いつも利用している全世界の気象情報のホームページが行方不明になっていることに気がつきました。「お気に入り」の整理でうっかりミスクリックしたようで削除してしまったようです。また探すのに1年ぐらいかかりそうです。

ここ数日、オーストラリア大陸に熱帯低気圧が停滞したままになっており、大陸の上でもなかなか衰弱しないところをみると温帯低気圧とブロッキング現象かもしれないものの、全世界の気象図が見られるホームページが行方不明で確認できず。

数年前から一部の機能が故障していたデジタルマルチメーター(デジタルテスター1987/7/10購入)を本日撤去しました。この機器で気圧の拡大表示と微分気圧を出力してペンレコーダーで記録をとっていたのですが、測器老朽化でレンジ切替不能になってしまい撤去しました。

計測機器はその性質上、現在も生産されていても購入後7年以上経過した機器の修理サービスはないので(測器としての信頼性・トレーサビリティの関係上)まあ19年も使えば上等と思って撤去しました。

我家で一番寿命が長い測器は昔ながらの「自記気圧計」「自記温湿度計」です。電源不要で時計機構は無電源で使用することを前提としているので「ぜんまい駆動」です。今年で30年めです。

昔ながらの「自記○○計」は 標準になる測器と比較しながら使用する という手間はありますが、やはり抜群の耐久性ですね。しかも測器メーカーは50年経っても仕様を変更しないからありがたいです。困るのは測器を買い替えようとすると、30年もたてば昔から利用していた理化学機器店の店長は世代交代または閉店してしまうことですね。

私が利用している理化学機器店も1977年から利用していますけれど、当時の店長は20年近く前に他界、現在は息子さんの世代なるも現在既に70歳前後。先代の店長のお孫さんは当時小学3年生だった女の子(現在の店長の娘さん)が、現在当店の事務員さん。

時代の流れと、自分もそれだけ年とったわけで、測器も老朽化しますよね。今思えば当時安い給料で月給の3~5倍もするような測器をよく買ったものだと・・・それだけ意欲が強かったわけで、今後は観測方法は変更するにしても意欲だけは持ち続けたいです。ここ1週間で撤去した計測用信号ケーブル、通信用ケーブルは、50m以上v-521
[ 2006/02/01 11:58 ] [ 編集 ]
岐阜大学
岐阜大学の気象予報は最近だったのですね。大学で気象予報も行うというのは、とても大変そうです。

(^^)気になることがあります。
大学は研究機関なので、研究のための気象測器は検定品でなくて良いのですよね。あ、でも発表することを前提なら検定合格品ですか。
それから、事業所には気象予報士を配置しなくてはならないので、...そうか、どなたかが資格を取得したのですネ。
それにしても、思い切ったことをしたものです。
[ 2006/02/01 13:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)