コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

関東地方の降雪

昨日はアチコチで、関東地方の降雪について話題が出たようです(^^)
珍しく、アメダスデータを用いて検証してみたいと思います。

[東京]
2/6,18時:気温3.0度、降水量0.0mm、湿度68%
2/6,21時:気温2.9度、降水量0.0mm、湿度73%
2/6,24時:気温1.5度、降水量0.0mm、湿度83%
2/7,01時:気温1.0度、降水量1.5mm、湿度86%
2/7,02時:気温0.9度、降水量2.0mm、湿度87%(積雪2cm)
2/7,03時:気温0.6度、降水量1.5mm、湿度85%(積雪1cm)
2/7,04時:気温0.5度、降水量1.5mm、湿度86%
2/7,05時:気温0.7度、降水量0.0mm、湿度85%

なるほど。
2月6日21時舘野での850hPa気温は-5.7度。高さは1500mなので6度/kmとすると9度プラスで地上での予想気温は3度程度となるのですが、地上では気温の日変化が大きいのですよね、うん。
結局、気温は1度以下となって、降雪、ですか。

うん(^^)
勉強になりました。


--- 秋田における高層気象データ(20060206-1200UTC) ---
850hPa...西南西10KT、気温-9.3度、湿数25.0度(風速弱く、乾燥)
700hPa...西南西25KT、気温-15.5度、湿数5.0度
500hPa...西76KT、気温-28.5度、湿数2.6度
300hPa...西111KT、気温-50.1度
(渤海にトラフ)

--- 秋田における地上気象データ(20060202-1200UTC) ---
天気...曇り、雲量8(層積雲1、高層雲)
現在天気...曇り
風向...東南東、風速...5ノット
気温...-1度
気圧変化...-1.3hPa
四国南岸に発達中の1012hPa低気圧[SW]、7日21時には三陸沖へ。

--- 山形/新潟の日本海海面温度...9度 ---

--- 実況データ[ASAS] ---
関東南海上の発達中1012hPa低気圧[SW]が東北東に30KTで移動中。
黄海の1012hPa低気圧が東北東に10KTで移動中。

--- FXFE5782[山形] ---
12H:850hPa気温-3度、上昇流、湿潤。
24H:850hPa気温-5度、上昇流、湿潤。500hPa等温度線が集中。

--- FXFE502 ---
12H:東10KT、降水10mm未満、関東南海上で55mmの極大値。
24H:北10KT、降水なし。

--- 天気予想 ---
山形「東のち北の風、曇り」

--- 気象庁さんの天気予報 ---
「南東の風やや強く、後、南西の風、雪か雨、所により夕方から雷を伴う」「最高気温7度」
[ 2006/02/07 09:02 ] 天気日記 | TB(0) | CM(2)
地上気温
貴樹さん、おはようございます。

地上気温の予想の仕方って
850hpa(1500m)の気温から
下降させて求めるんですね!
そういうことだったんですか!!
気温の予想なんてどうやって求めているんだろうって思っていました。
(かなりセンスがないか天然的かも・・汗)
でも、下降させる時は、気温減率6.5℃で
いいんですか?
乾燥断熱減率や湿潤断熱減率を気にしなくても
いいのですか?
[ 2006/02/07 10:16 ] [ 編集 ]
Re : 地上気温
計算に使った値、6.0度/kmは、実技演習問題かどこかのHPでみたか...ちょっと記憶が定かではないのですが、自分なりには以下のように理解しています(^^;

地上の気温を乾燥断熱減率で持ち上げ、その後、湿潤断熱減率でさらに上昇させますよね。ですので、正確には、どちらも使って計算した方がより正しくなると考えられます。ただ、この方法だと、エマグラムを用いなくてはいけないので、簡易的に5.0度/kmや6.0度/kmなどの値が用いられているのではないでしょうか。

そうですねぇ...(考)
850hPaの湿数からおよその値を推測して決めた方が良いのですよねぇ。ちょっと、考えてみます。なんだか、面白そうです(^^)
[ 2006/02/07 11:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。