コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

36、48時間降水予想図もDLすることにしました

今回の関東地方の降雪の話題から、36時間と48時間の予想図を入手したくなりました。で、今日から早速、同時にDL(ダウンロード)することにしました(^^;
HBCさん、ありがとうございます<(_ _)>

さて、入手したことにより、明日の天気予想も楽しめるのと同時に、最高気温と最低気温の予想も可能になりました。「1粒で2度おいしい」とは、まさにこのことです(^^)

でも、気象庁さんとの天気予想比較は勉強になるのですが、本当は「予想の結果」の方がもっと重要なのですよねぇ...
ま、これはそのうち、ということで(^^;

--- 秋田における高層気象データ(20060207-1200UTC) ---
850hPa...南西12KT、気温-4.9度、湿数0.0度(下層暖かく)
700hPa...南西14KT、気温-13.5度、湿数0.4度
500hPa...西南西27KT、気温-32.5度、湿数2.2度
300hPa...南西93KT、気温-46.3度
(渤海にトラフ、成層安定)

--- 秋田における地上気象データ(20060202-1200UTC) ---
天気...曇り、雲量8(層積雲8)
現在天気...曇り
風向...東、風速...?ノット
気温...1度
気圧変化...-0.6hPa
輪島付近に1000hPa低気圧[GW]が北東へ25KTで移動中。
三陸沖に発達中の992hPa低気圧[SW]が北東へ35KTで移動中。

--- 山形/新潟の日本海海面温度...8度 ---

--- 実況データ[ASAS] ---
北海道東海上の発達中988hPa低気圧[SW]が北東に30KTで移動中。

--- FXFE5782[山形] ---
12H:850hPa気温-8度、上昇流、湿潤。
24H:850hPa気温-11度、日本海側上昇流、乾燥。

--- FXFE502[山形] ---
12H:北西20KT、降水10mm未満。
24H:北西20KT、降水10mm未満。

--- 天気予想 ---
今日:山形「北西の風やや強く、雪で吹雪く」

--- 気象庁さんの天気予報 ---
「北西の風、後やや強く、くもり昼前から雪でふぶく」「最高気温3度」(アメダス最低3度)

--- FXFE5784[山形] ---
36H:850hPa気温-15度、日本海側上昇流、乾燥。
48H:850hPa気温-12度、下降流、乾燥。

--- FXFE504[山形] ---
36H:北西25KT、降水10mm未満(10mm等降水量線行方分からず)。
48H:西20KT、降水10mm未満。

--- 天気予想 ---
明日:山形「北西のち西の風やや強く、雪で吹雪く」
前日との気温差:最高気温-1、最低気温-7

--- 気象庁さんの天気予報 ---
「北西の風やや強く雪でふぶく」「最高気温0度、最低気温-3度」

[ 2006/02/08 09:18 ] 天気日記 | TB(0) | CM(9)
監視カメラ
私も毎日
FXFE502/504/5782/5784 ASAS AUPQ35
の6枚をFAX又はインターネット受信しています。もう27年目に入りました。

私の場合は気象が好きなことと、一番の利用方法は、通勤、通院、買物、洗濯に利用することですね。両親は毎日私に翌日の天気を聞いてきます。しかし冬季の愛知県西部は北陸型の天気になりやすくて、テレビの天気予報とは正反対になることが多いです。私はそれを知って気象図を見ますからほとんど自分の予想が的中します。

本日、国民年金の手続きのついでに、10年ぶりに市内の電子部品商店街(名古屋市中区大須商店街・ラジオセンター)へ行ってきました。12年前の頚椎症手術以降体調が悪くて行けなかったので久しぶりでした。

10年もたつと以前はアマチュア無線一色だったラジオセンターも、現在はほとんどパソコンショップに変わっていました。パーツセンターもかつては電子部品の店でしたが、現在は自作パソコンのためのパソコンパーツセンターになってました。

また防犯グッズが多くなってるのには驚きで、私が以前から考えていた百葉箱の中の自記温湿度計を自分の観測室内から遠隔モニターできないだろうか・・・という考案は、最近の防犯カメラ・監視カメラで可能でして、それがなんと新聞の文字まで鮮明に読み取れるほどの解像度で、しかも無線伝送して家庭用のテレビモニターのAV入力端子に接続するだけ という簡単な構成の商品が多く発売されてました。商店で実演してもらってあまりの高解像度には驚きました。

「商品のごく一例です」
http://www.apa-direct.com/camera/image/pro-2400cdw/2.jpg

価格はやはり私の希望仕様となると1セット10万円のレベルになってしまいますけれど、このような商品が発売されていることに驚いたものです。つまり監視・観測カメラはもはや業務用・観測用から一般家庭の防犯用にもなり始めてるようです。これを応用すれば新規に新たな気象測器を導入するより便利で安価になりそうです。v-521
[ 2006/02/08 13:09 ] [ 編集 ]
ひよこぴよさんへ
「場所によって天気予報が外れる」のはしょうがないですよね(^^) でも、私も家庭内の天気予報を担当することになりそうです(^^;
職場にくると、朝のチェックを忘れず行うのですが、どうも休日になると...(^^;

監視カメラ、解像度はかなり良いですよね。でも、あまりに手軽で安価なので、犯罪にも多用されているようです。盗聴や盗撮、ひどい話ですよね。個人的には、車の後ろにつけて、バックするときの確認に使いたいな、と思っています(^^)

[ 2006/02/08 13:22 ] [ 編集 ]
盗聴や盗撮
私も現役時代は同僚・上司からよく天気予報を聞かれたものです。電気通信と気象は密接な関係があるためその日の天気が通話量に影響したものです。
事故や災害が発生したり、台風接近のときは通話量が平常時の数倍~百倍にも達したものです。

それで自宅で受信した気象図を、翌日職場へ持参して監視室に掲示したものです。気象の専門的知識がなくても図面は中学理科の学力でも概要はわかるため、結構みなさん よく見ていましたよ。

FEFE19などの週間天気予報図は、みなさん行楽のために利用していたようで、その気象図が一番人気がありました。もう20年以上前のことです。

監視カメラの悪用 まったくこまったものです。私もその監視カメラの商店を見ましたら

「お宅のセキュリティーはだいじょうぶですか」

というメーカーのポスターが掲示してあり、買うのを迷ってしまうほどです。たまたま私はいつも開店(10時)と同時に商店に入る習慣があるので、まだ他のお客様はほとんどいらっしゃらず、店員の技術者に非常に詳細に商品説明をしていただきました。

カメラレンズから、わずか10cmという接写もできるため、記録計の温度・湿度目盛まで鮮明にモニターに表示できます。まだこの商品を買うかどうするかは決めていませんが、この方法で遠隔観測可能ということがわかりました。買うとしたら百葉箱の中に入れて使用するわけですから耐久性(高温・高湿など)を検討する必要があります。

また、まだ他にも観測手段があるかもしれないのでそれも検討中です。v-521
[ 2006/02/08 16:14 ] [ 編集 ]
通話量
事故や災害のときは分かる気がするのですが、台風のときも通話量が増えるのですか。大変ですネ。

...通話の接続って、自動ですよね(^^; 通話量が増えて大変になるというのは、回線がこんでくるとパンクするからその保守などが忙しくなる、というような考えで良いのでしょうか。

カメラレンズから10cmの接写も可能だったのですか。ずいぶんと、進歩したのですネ。良い買いものができると良いですネ。
[ 2006/02/08 17:06 ] [ 編集 ]
災害見舞い電話
地震・火山噴火や事故のように突然発生する場合や、それがニュース報道された直後(わずか1分後ぐらい)はものすごい通話量が交換機に殺到します。台風のときは事前に数日前から予報でわかっていますけれど、災害が発生し始めると、災害地への通話量が増えていきます。

これがニュースで報道されるとさらに増えます。私も経験ありますけれど、雲仙普賢岳の大火砕流発生した日、夕方19時のNHKニュースで第一報が放送された直後、名古屋から九州へ向かう市外電話回線の通話量が急増して、名古屋~長崎方面の市外中継回線が全話中になりました。これを社会一般の人々は回線がパンクした と呼んでいるようですが、我々本職の現場ではパンクという言葉は使わず(機械が破裂するわけではないから)「ルートオールビジー(root all buzy)」と呼んでます。

私がその市外交換機を監視していた時代は、ただ通話量が少なくなるのを待つより方法がなかったです。回線が混んできますと自動的に他のルートで迂回中継しますけれど、大規模災害の場合はそれでも通話をさばききれないのです。

同じことが正月の1/1 00:00に発生します。年号が変わった瞬間に お客様が「新年あけましておめでとう」と電話されますから、市外中継回線は通話をさばききれなくなってしまいます。最近はこれが携帯電話のメールでも発生しています。

本当にすごいですよ。秒読みしているように正確に急激に通話量が激増します。電話局で勤務していますと国民の皆様の行動がわかります。
キーワード 「輻輳 トラヒック 発信規制 迂回中継・・・」通信関係の専門書にも解説されていますから企業秘密ではありませんのでご心配なく。


[ 2006/02/08 19:35 ] [ 編集 ]
企業秘密では無かったのですネ
疑問に思ったのですが、企業秘密とか守秘義務にあたるのではないかと思っていました。
災害があったときは、そうですよね、心配になるのでやっぱり電話したくなりますよね(^^;
# root all busy 、勉強になりました(^^)

新年のメール、聞いたことがあります。すごいらしいですよね。私は面倒なのでそんなことはしていませんけど。あ、もしかしたら、指定した時間にメールを出せるのかな?
あまりケータイを使っていないことがバレてしまいますネ。
[ 2006/02/09 10:53 ] [ 編集 ]
守秘義務
昨日、スペルを間違えてました。正しくは

「route all buzy」

です。直訳でも意味が通ると思います。

私が現役時代の電気通信研究所資料などは「極秘」でしたが、現在は一般書店に売っている「通信の○○」「通信の常識」・・・というような本に一杯紹介されてます。

私が仕事で苦労して勉強したことが現在は公開されてますから、「私の苦労はなんだったのか」 ということが書店へいくとたくさんあります。

これも公社から株式会社になったこと。しかも通信は公共性が高いために一般企業の特許などよりも情報公開せねばならないようです。

携帯無線電話通信システムは、私が設計・施工していた当時は極秘だったのに、現在は「携帯電話のつながるしくみ」 が一般向けの本に解説してあります。まことにガックリしちゃいますよ。特許の公開と考えればそれもまたヨシ とする でしょうね。元本職の私は、今だ携帯無線電話を持っておらず。仕事では工事や回線試験用に使っていたので私用では欲しいとも思わなくなってしまうこともあります。

電話機も今はFAX付コードレス電話を使ってますが、我家で最初にコードレス電話機を欲しいと言い出したのは なんと私の父です。それから5年たってFAX付コードレス電話機に変更しました。仕事で使ってると自宅では「黒電話」が一番と感じたものです。

守秘義務はどの業界でもあります。退職した私にもありますけれど (電気通信事業法で退職者にも守秘義務が定められています) 守秘することを ひとつ ひとつ覚えていられる分量ではないため、これも私には心配ないです。せいぜい作業中に3回命拾いしたことぐらいか・・・これは私個人のことで守秘義務にはあたらないかな。

みなさん気象予報士の勉強で法規のなかに気象警報の伝達経路が出てきますが、通信機関・放送機関もそれに含まれています。公共性の高い機関は企業秘密どころか、かなりの内容まで一般書籍に紹介されてますからご安心ください。かえって本職よりもお客様のほうが詳しいです。私も恥ずかしながらお客様から教えられたこと たくさんあります。
v-521
[ 2006/02/09 13:17 ] [ 編集 ]
気象図のサイズ
きょう、北海道放送さんの「専門天気図」を印刷してみました。これまで、ここのPDF版気象図だけが印刷不能でしたが去年の秋、原因不明で印刷可能になりました。

実は私が利用している有料気象情報の契約が4/30で満了になるため契約更新するか、無料の「北海道放送」さんにするか迷っているのです。これまではここのPDF版気象図だけが印刷不能でしたから迷わず有料気象情報を受信していました。

ところが驚いたことに、HTML版気象図とPDF版気象図では同じ気象図で同じA3印刷しても若干縦横比(アスペクト比)が異なっていたのです。もちろん気象図の読み取りには全く支障はありません。

FXFEシリーズは有料気象情報のHTML版気象図のほうがA3用紙フル印刷され、AUPQ35はPDF版気象図のほうがA3用紙フル印刷されます。

どちらも読み取りには支障もなく慣れの問題ですけれど、HTML版とPDF版で若干印刷が異なることがあるとは気がつかなかったです。

FAX受信では原図どおりの正規な縦横比(アスペクト比)になっています。HTML版やPDF版は画像処理段階で若干 縦又は横が伸び縮みしているようです。図面の左、右端付近の緯度線・経度線が直角に交差していないのに気がつかれていると思います。それが「縦又は横が伸び縮みしている」という原因です。

元・通信が本職で、ファクシミリの取付け工事もしていましたから画質が気になってしまうのは退職してもまだその精神が残ってしまってるのです。v-213
[ 2006/02/11 19:59 ] [ 編集 ]
気象図のサイズ
よく気がつかれましたネ。さすが、ひよこぴよさんです(^^) でも、A3用紙での印刷ですか。大きく印刷されているので、見やすいのでしょうネ。私は、A3のプリンタはあきらめているので、PDFで拡大してみることにします(^^;
[ 2006/02/13 12:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。