コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

すごいです(^^; 中層、下層には逆転層

今日の秋田のエマグラムは逆転層がたくさんあります。
露点温度も変化が大きく、下層で乾燥、中層あたりから湿潤なので、「前線性逆転層かな」と思いながら天気図を見てみました。

秋田2006,2,26


そしたら、ありましたヨ(^^)
「停滞前線」が。

でも、思っていたより、下の方(関東の南あたり)にあったのです。前線の位置よりも600kmほど北ですよね、秋田って。
温暖前線って、傾きが1/200くらいだから、3/600か。
ということは、3km程度上には暖かい大気が存在している。
(停滞前線では、傾きはもうちょっと、違うのでしょうネ)
うーん、だいたい露点温度から考えると、そんなものでしょうか。

-- 秋田における高層気象データ(200602015-1200UTC) ---
850hPa...西25KT、気温-4.5度、湿数8.0度
700hPa...西37KT、気温-9.1度、湿数35.0度
500hPa...西74KT、気温-20.7度、湿数3.9度
300hPa...西119KT、気温-47.1度
(900hPa付近、780hPa付近、750hPa付近、700hPa付近、620hPa付近に逆転層)
前線性のもの

--- 山形の日本海海面温度...7度 ---

--- 秋田における地上気象データ(ASAS,20060215-1800UTC) ---
天気...曇り、雲量7(層積雲2)
現在天気...曇り
風向...北北東、風速...5ノット
気温...1度
気圧変化...-1.6hPa
北海道西部に1020hPa高気圧が東に20KTで移動中
日本海上に1016hPa低気圧[GW]が東北東に15KTで移動中
四国に1012hPa低気圧が東北東に20KTで移動中
東シナ海に海上濃霧警報[W]

--- 鉛直p速度/湿数[山形] ---
12H:850hPa気温-8度、上昇流、湿潤。
24H:850hPa気温-5度、下降流、乾燥。
36H:850hPa気温-15度、海上上昇流、乾燥。
48H:850hPa気温-16度、下降流、乾燥。

--- 降水と風[山形] ---
12H:東10KT、降水10mm未満。
24H:西15KT、降水なし。
36H:北西25KT、降水10mm未満。
48H:北西25KT、降水10mm未満。

--- 天気予想[山形] ---
今日「東のち西の風、朝方に雨、昼頃から晴れ」
明日「北西の風やや強く、雪で吹雪く」

--- 気象庁さんの天気予報 ---
今日「東の風、後、西の風、雪か雨。朝晩くもり」
明日「北西の風やや強く曇り、時々吹雪く」
[ 2006/02/16 11:05 ] 天気日記 | TB(0) | CM(2)
沈降性逆転層?
上のエマグラム拝見しましたけど、前線性だと湿潤(湿数が小)でなくてはならないので、その層で乾燥している(湿数が大)こと、700hpaが下降流域であったことから前線性ではなくて沈降性逆転層だと思いますけど、どう思われますかぁ?地上天気図も拝見しましたが、あまりにも前線が離れすぎています。それよりも秋田付近は西からの高気圧エリアと考えた方がいいんじゃないかナ~?
[ 2006/02/19 10:21 ] [ 編集 ]
沈降性逆転層でした
星の金貨さん、はじめまして(^^)

早速の御指摘、ありがとうございます。お蔭様で、逆転層について不十分だった所を補うことができました。わざわざ、過去の天気図も見ていただいたのですネ(^^) また、何か気づかれましたら教えていただけるとうれしいです。

[ 2006/02/20 09:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。