コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

館野のエマグラムエラー

朝、気が向いたので、5地点のエマグラムを全部みてみました。すると、館野の図だけがおかしいことに気がつきました。あれれ?

早速、元データを確認してみたところ、なんと、館野だけが400hPa面までしかデータがありませんでした(^^;
こんなこともあるのですネ。

-- 秋田における高層気象データ(200602020-1200UTC) ---
850hPa...南西16KT、気温-3.3度、湿数11.0度
700hPa...西南西12KT、気温-11.7度、湿数2.2度
500hPa...西25KT、気温-27.1度、湿数1.3度
300hPa...西南西58KT、気温-50.3度
(東北以南はトラフヘ)
(1000hPa付近:接地逆転層、660hPa付近:逆転層、470hPa付近:沈降性逆転層)

--- 山形の日本海海面温度...8度 ---

--- 秋田における地上気象データ(ASAS,20060219-1800UTC) ---
天気...晴れ、雲量2(巻層雲)
現在天気...晴れ
風向...南南東、風速...5ノット
気温...0度
気圧変化...-0.4hPa
日本海、北海道南東海上に海上濃霧警報[W]
黄海に1024hPa高気圧が東北東にゆっくり移動中
関東から九州の南海上に停滞前線

--- 鉛直p速度/湿数[山形] ---
12H:850hPa気温-1度、下降流、乾燥。
24H:850hPa気温+1度、下降流、乾燥。
36H:850hPa気温+3度、上昇流、乾燥。
48H:850hPa気温ー1度、上昇流、湿潤。

--- 降水と風[山形] ---
12H:南5KT、降水なし。
24H:南10KT、降水なし。
36H:南西10KT、降水なし。
48H:南東10KT、降水なし。

--- 天気予想[山形] ---
今日「南の風、晴れ」
明日「南西のち南東の風、晴れ、夕方からくもり」

--- 気象庁さんの天気予報 ---
今日「南東の風、日中北西の風、晴れ」
明日「南東の風、のち、南の風、晴れ。夕方からくもり。所により夜、雨」
地形性の降水でしょうか(^^; 降水はないと解析されていたはずなのに。
[ 2006/02/21 08:54 ] 天気日記 | TB(0) | CM(8)
気がつきませんでした
意外と気がつかないものですね。

それと、勘違いされているのかな・・

「館野」ですよぉ~(^^ゞ
[ 2006/02/21 10:15 ] [ 編集 ]
(^^; 間違えていたようですネ
そうですネ。「館野」でした。
良く見たら、グラフ集の名前も...(^^;
aozoraさん、いつもありがとです(^^)
[ 2006/02/21 10:37 ] [ 編集 ]
エクセルで作図
私もマニュアル操作ながら 表計算ソフト「エクセル」で館野のエマグラムを作図してみました。

エマグラムというより、状態曲線でして乾燥断熱線等までは作図できませんが、
----------------------------------------
http://weather.uwyo.edu/cgi-bin/sounding?region=seasia&TYPE=TEXT%3ALIST&YEAR=2006&MONTH=02&FROM=2100&TO=2100&STNM=47646
----------------------------------------
館野のデータを受信し、CSV型式に変換し、それをエクセルで読取り作図させます。

縦軸に気圧の対数目盛で下を1000hPa 上を100hPaにとる、横軸に気温・露点目盛をとって作図させます。

ここまでは以前からしていましたけれど、これを自動受信したり、さらに乾燥断熱線を挿入するとなりますと、熱力学方程式などを使って計算させねばならず、かなり大変です。

高層データは、冬季は上空の低温・低湿で露点が算出困難になったり、センサーの測定限界のため露点のデータは日によって途中で打ち切られます。現在のレーウィンゾンデに変更されてから冬季の上空300hPaより高い空のデータが入らないことが増えました。以前それを気象庁・天気相談所へ電話して質問したことがあります。もう10年以上前からです。

本日、通院帰りに私が観測した自記紙の一部(1993~1996)の4年分(重さにして約25kg)をリサイクル業者に出しました。業者もびっくりされてましたよ。先週は(1997~2004)の8年分(重さにして約35kg)を処分しました。

まだ(1982~1992)の11年分(重さにして約65kg)残っていますし、これを綴じているファイルの処理があります。4月には全て処分完了予定ですが、別の測器に使っている 自記紙の型式の違うものが(1977~現在)の30年分あり、こちらはしばらく保管しておく予定です。v-521
[ 2006/02/21 13:30 ] [ 編集 ]
csv形式
あのデータをCSVに変換されたのですか。
もしかして、手作業でしょうか。

以下は、まだ、ためしていなければ、お試しください(^^; WEBページをテキストファイルで保存「*.txt」した場合を想定しています

1.Excelを起動
2.ファイルメニューから「開く」を選択
3.ファイルを選択(すべての種類)すると、ウィザードが出てくるので「カンマやタブで区切られた...」を選択
4.区切りに「空白」を選択

こんな感じで、EXCELに読み込ませることができます。
[ 2006/02/21 14:49 ] [ 編集 ]
ここまでは できるのですが・・・
v-521貴樹さん
-----------------------
1.Excelを起動
2.ファイルメニューから「開く」を選択
3.ファイルを選択(すべての種類)すると、ウィザードが出てくるので「カンマやタブで区切られた...」を選択
4.区切りに「空白」を選択
-----------------------

これです。この作業で作図しています。本日00UTCの一例を私のホームページに掲載しました。

「状態曲線一例(高層気象台).GIF」

このファイルです。

ここまでは手作業でも数分でできるのですが、これを自動化したり、乾燥断熱線を入れたり・・・これが大変です。

CSV変換作業は現役時代に市外電話中継装置の保守で、電源盤のメンテナンスをデジタル電圧計と当時の 腕が肩から抜けるような重いノートパソコンを、RS-232Cケーブルでつないで収録し、事務所に帰ってからデータの編集作業で「CSV変換作業」をしていました。

当時はその意味も知らずにパソコンに詳しい同僚に教えてもらって作業したものです。1995年のことです。

「データ整理できればいいから、そのCSVとやら なんとやら・・・の操作を教えてぇ~」

という調子でしたよ。当時ものすごくソフトウェアに詳しい同僚がいて助かったものです。

「ひよこぴよ君 何でもいいから 作りたいグラフ、データベースあったら その仕様書書いてくれよ すぐ作ってあげるから・・・」

大変ありがたかったです。

対数目盛は、私は工業高校・電子工学科(1972入学)出身ですし、仕事でも毎日が対数の世界でしたから日常的に使っていました。もちろん当時は「セミログ」グラフ用紙にプロットしたもので、パソコンで作図し始めたのは、1996年からです。v-216
[ 2006/02/21 15:29 ] [ 編集 ]
GIFファイル、見ました(^^)
おじゃまして、見せていただきました。
EXCELでも、「ここまでできるのか」と、かなり驚いています。

良い同僚の方がいらっしゃったのですネ。同僚や上司に恵まれないと、仕事って、さらに大変になりますからネ。
[ 2006/02/21 18:46 ] [ 編集 ]
合格おめでとうございます。
合格おめでとうございます。
まったく遅ればせになってしまいました。
貴樹さんは、私の頭の中に、どこで間違ってしまったか、青森県にお住いの人という刷り込みがあって失礼していました。ここでお詫びさせてください。

気象上の特異な現象を見つけるとそこの地を訪ねたくなる性分でもあるので清川や大井沢などへも行ってみました。その点で山形県にはまだたくさんの興味津々の場所があります。
今後ともよろしくお願いします。
**************kurotyuu

[ 2006/03/14 12:40 ] [ 編集 ]
kurotyuuさんへ
ありがとうございます。
青森県ですか。遠いと言う意味では、ほぼ同じですネ。山形の方が田舎という説もありますし。

清川は「だし」で有名な場所ですよね。
大井沢は、...どのような現象があるのでしょうか。ちょっと、興味があります(^^)
興味津津の場所、もし、よろしければ教えてくださいネ。
こちらこそ、よろしくお願いいたします<(_ _)>
また、気軽にお立ちよりくださいネ。
[ 2006/03/14 13:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。