FC2ブログ

コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

GrADSによる気象データ取得システムをVine6.1で復活(8) -降水量グラフ-

さて、降水量と気圧の図ですが、作成できました(^^)
今まで、更新した日付がなかったので、いつのデータかわからなかったのですが、今回、挿入することができました♪
# 右下に UTC と JST の初期時刻を入れました。

20130822kosui_rsm

20130822kosui_gsm

思ってたより、後半は楽に作業できたようです(・・)
なんだか、他の気象図にもチャレンジして見ようかな♪って気になってきます(^^)ok
[ 2013/08/23 20:57 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)

GrADSによる気象データ取得システムをVine6.1で復活(7) -GrADSの起動-

さて、GrADSを起動してみます(^^)
以前使っていたスクリプトの一部を使いました。
こんな感じです。

open HECB88.ctl
set lat 25 50
set lon 120 150
enable print tmo
set gxout shaded
set clevs 0.5 5 10 20 30 50 80 120 200
set ccols 15 5 4 3 7 8 6 2 9
set csmooth on
d apcpsfc.1

あれ?(・・)
日本が表示されない。。。
エラーメッセージがでてますね(^^;

Open Error on Map Data Set: /usr/local/lib/grads/lowres
Error opening stroke character data set
Data set names = /usr/local/lib/grads/font0.dat ; font0.dat
Error opening stroke character data set

どうやら、地図データやフォントが、見つからないようです(^^;
ls /usr/local/lib
で調べてみましたが、gradsフォルダー自体が無いようですね。
インストールを行ったフォルダーにdataというフォルダーがありました。
この中に、フォントなどが入っているようです。
このフォルダーを、/usr/local/libにgradsというフォルダーとしてコピーします。

もう一回、チャレンジです。スクリプトを実行します。

成功です(^^)ok
ちょっと、90度回転してますが、大丈夫そうです♪
GrADS降水量20130822
[ 2013/08/22 20:20 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)

GrADSによる気象データ取得システムをVine6.1で復活(6) -DLスクリプト-

DLするスクリプトを考えていたのですが、wgetで取得するとして(^^;
ファイル名の後半に、規則性がないんですよね。
こんな感じです。

A_HHCA50RJTD201200_C_RJTD_20130820153431_20.grib
A_HHCB50RJTD201200_C_RJTD_20130820153445_57.grib
A_HHCC50RJTD201200_C_RJTD_20130820153504_10.grib
.
.
.

ワイルドカード(*)は使えないし(^^;
さて、どうしよう?(・・)
PDFを読んでいたら、サンプルのスクリプトを提供しているようです(^^)
(PDFファイル: Subscription_Guide_for_DDBusers.pdf)

どうやら、このスクリプトでは、一定のフォルダ内のファイルをDLするようですね。
つまり、Forecastの時間指定は、できないようです(^^;
まぁ、しようがないかな。
試してみます。
.
.
.
あれ?(・・)
DLされない。。。
Vine6.1だからか、その他に原因があるのかは、現在わかりませんが、動作しないことは分かりました(^^;

じゃ、力技でいきますか(・・)

dd=`date --date '1 days ago' +%y%m%d`
webp_Sf=www.wis-jma.go.jp/d/o/RJTD/GRIB/Global_Spectral_Model/Latitude_Longitude/1.25_1.25/60.0_-20.0_60.0_200.0/Surface/20$dd/120000
wget -r -nH -P wis-jma --cut-dirs=8 http://$webp_Sf/

とりあえず、DLはできました(^^)
でも、SurfaceフォルダをすべてDLしてしまったようです(・・)まぁいいか♪


[ 2013/08/22 07:35 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)

GrADSによる気象データ取得システムをVine6.1で復活(5) -データ書式-

表を見ていたら、少し、分かって来ました(・・)
ということは、今まで作成していたGrADS画像の種類を考えると♪

・降水量("FT"はForecastTime)
 Index of /d/o/RJTD/GRIB/Global_Spectral_Model/Latitude_Longitude/1.25_1.25/60.0_-20.0_60.0_200.0/Surface/20130820/120000
 A_HEC"FT"88RJTD201200_C_RJTD_20130820153417_73.grib
 A_HEC"FT"88RJTD201200_C_RJTD_20$dd*.grib(shell ver.)
・地上気温
 A_HTCA98RJTD201200_C_RJTD_20130820153417_83.grib
 A_HTCA98RJTD201200_C_RJTD_20$dd*.grib
・東よりの風
 A_HUCA98RJTD201200_C_RJTD_20130820153417_78.grib
・北よりの風
 A_HVCA98RJTD201200_C_RJTD_20130820153417_80.grib
 
・海面気圧
 Index of /d/o/RJTD/GRIB/Global_Spectral_Model/Latitude_Longitude/1.25_1.25/60.0_-20.0_60.0_200.0/Mean_sea_level/20130820/120000
 A_HPC"FT"89RJTD201200_C_RJTD_20130820153417_71.grib
 A_HPC"FT"89RJTD201200_C_RJTD_20$dd*.grib(shell ver.)

・850hPa湿数
 Index of /d/o/RJTD/GRIB/Global_Spectral_Model/Latitude_Longitude/1.25_1.25/60.0_-20.0_60.0_200.0/850hPa/20130820/120000
 A_HRCA85RJTD201200_C_RJTD_20130820153430_8.grib
・700hPa湿数
・500hPa
・300hPa

まだまだ必要だけど、とりあえず、この辺りでGrADSの作図にチャレンジしてみようかな♪
[ 2013/08/22 06:59 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)

GrADSによる気象データ取得システムをVine6.1で復活(4) -新GrADSサイト-

PDFファイルを見ると、DLするファイル名には、一定の規則をつけているらしい(^^;
使うのは、こんなところかな?(・・)

Table1:Forecast Time(1.25x1.25)

-----------------------------------------------------------------------------------
hour | _12_ | _18_ | _24__ | _30_ | _36_ | _42_ | _48_ | _54_ | _60_ | _66_ | _72_ |
-----------------------------------------------------------------------------------
asia | H??C | H??D | H??E | H??F | H??G | H??H | H??I | H??Y | H??J | H??Z | H??K |
-----------------------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------------------
hour | _24_ | _48_ | _72_ | _96_ | _120_ | _144 | _168 | _192 | | | |
-----------------------------------------------------------------------------------
asia | H??E | H??I | H??K | H??M | H??O | H??Q | H??S | H??X | | | |
-----------------------------------------------------------------------------------

Table2:Forecast Parameter
・Z:ジオポテンシャル高度
・U:東寄りの風
・V:北よりの風
・T:温度
・D:湿数 
・H:相対湿度
・ω:鉛直速度
・ζ:うず度
・Ψ:流れ関数
・X:速度ポテンシャル
・P:海面気圧
・R:降水量
[ 2013/08/21 22:07 ] 気象予報士 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)