FC2ブログ

コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

GMTの基本(2)

じゃ、とりあえず、地図を表示させていきたいと思います。
今回、参考にさせてもらったのは、コチラです。

http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~nmaeda/labo/gmt/gmt_4.shtml

で、実際に実行したプログラムは下の方(ex01.sh)に置いておきます。
実行するときには、

$ bash ex01.sh

としました。結果は、以下のように出力してくれました(^^)

地図作成
[ 2008/02/20 06:00 ] GMT | TB(0) | CM(0)

GMTの基本(1)

いろいろなHPなどをチェックしたのですが、初心者には以下の組合せが分かりやすいと思います。つまり、

(1) 渡邊さんという方が作成されたGMTの日本語マニュアル(PDF)を参考にして、
(2) Kurosakiさんという方のHPのGMT例題を考える

のが、はじめの一歩としては良いのではないでしょうか?
それぞれのアドレスは以下の通りです。

(1) http://www-seis.planet.sci.kobe-u.ac.jp/~kakehi/GMT/watanabe/watanabe_gmt.pdf
(2) http://higu.cr.chiba-u.jp/%7Eykurosak/GMT/GMT_00contents.html
[ 2008/02/19 06:00 ] GMT | TB(0) | CM(0)

GMTのインストール(3)

さて、GMT3のインストールは失敗したと思っていたので、次の参考HPをさがしました。
で、決めたのが、こちら。

http://rain.hyarcnagoya-u.ac.jp/~kato/work/GMT/index.html#install
http://rain.hyarcnagoya-u.ac.jp/~kato/work/GMT/GMT.html

こちらを参考に、GMT4.2.0をインストールしました。
ホントに、このままです。あ、正確には、ここに記載されていないものも全て解凍してインストールしました(^^)

確認は、
http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~nmaeda/gmtpk/
のHPから地図の作成を参考にして、
pscoast -JU54/10c -R125/148/30/46 -Ba6.0f6.0g1.0/a4.0f4.0g40mWSne -Df -G240 -A1 -W1 -P -V -X4c -Y4c > ni54.ps
を実行しました。

で出力できたのが、こちら。

日本地図
[ 2008/02/18 06:00 ] GMT | TB(0) | CM(0)

GMTのインストール(2)

さて、失敗したと思ったので、次のインストール方法を模索しました。
見つけたのは、以下のHPです。

http://www5.plala.or.jp/kashima/gmt/gmt_install_linux.html

前回入手したGMT3のファイルはあるので、それを利用することにしました。ただ、NetCDFは、スクリプトの中で[Y]を選択し、ダウンロード & インストールしてもらうことにしました。

たぶん、この方法だと、日本語パッチは入らないんでしょうネ(^^;

でも、現在、GMT4.2.0をインストールしてしまったのですが、以下のようにして確認してみたところ、とりあえずインストールは成功していることが確認できました。

$ GMTHOME=~/GMT3.4.6
$ PATH=$GMTHOME/bin:$PATH

とすると、GMT4.2.0よりもパスが先行されるので、GMT3が起動できます。

$ GMT

とすると、GMT3.4.6のロゴが表示されました。
[ 2008/02/17 06:00 ] GMT | TB(0) | CM(0)

GMTのインストール(1)

はじめにGMT3をインストールしようと思いました。
理由は、古いバージョンだと参考HPが多いと思ったからです(^^)

前回の参考HPでなく、以下のHPを参考にはじめました。
http://higu.cr.chiba-u.jp/tips/GMT

使用しているLinuxもVineだったので、イケルかなぁと(^^;

この通りに進めたのですが、私がインストールしたバージョンは GMT3.4.6 でした。
ただ、netCDF3.6.2をインストールした後だったと。。。思います(たぶん)。
[ 2008/02/16 06:00 ] GMT | TB(0) | CM(0)
プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)