コンピュータさんとの共同生活

コンピュータさんに手伝ってもらってシミュレーションを行っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Android端末を探す「Android デバイス マネージャー」

こんばんは(^^)
携帯端末をなくした知人がいたので、記憶をたどり、この記事を探しました(・・)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1308/08/news037.html
電源OFFでも、最終現在地が確認されると良いのですが(^^;
とりあえず、調べてみます。

--- 以下、本文より ---
Googleアカウントにログインした状態でWebサイトにアクセスすると、まず端末の現在地データがGoogleに送信されることを承認するダイアログボックスが表示され、承認するとそのアカウントで登録しているAndroid端末がすべて表示される。
https://www.google.com/android/devicemanager

この機能は、端末の着信音をリモートで鳴らしたり、地図上に端末の位置を表示したり、リモートで端末を出荷時設定にリセットできる。しかし、端末の電源が入っていない場合と電源が入っていてもネットワークに接続していない場合はとこれらの操作はできないが、音声がオフになっていても着信音を鳴らすことはできる。着信音は最大音量で5分間鳴り続ける。音を止めるには、端末の電源ボタンを押す。
[ 2016/02/01 23:41 ] Android | TB(0) | CM(5)

RaspberryPiにTeX環境を構築

ずっと、VineLinuxを使ってきました(・・)

でも、最近は、RasPiがお気に入り♪
なんといっても、安いから(o^^o)
バックアップも、SDカードのイメージを取るだけ、だしね(・・)ウン

RasPiをメイン環境としたとき、一番気になるのは、TeX。
ということで。
今回は、RasPiのTeX環境を調べてみます。
# 処理性能がUPしたRasPi2をターゲットとします

参考HPの一つ目。
https://skalldan.wordpress.com/2013/02/18/raspberry-pi-%E3%81%A7%E9%81%8A%E3%81%B6-1-latex-%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6/
どうやら、TeXLiveというものが入るらしい。コマンドは、
$ sudo apt-get install texlive-lang-cjk xdvik-ja latexmk
705MBをDLし、1.2GBのファイルを展開するようですね(・・) 16GBのSDカード使ってて、空きは10GBほどあるようです。
以下でバージョンチェックかな
$ ptex -v

インストールは無事成功のようです(^^)
# ログは追記

じゃ、ちょっと試してきます(^^)/
[ 2016/01/27 07:38 ] RaspberryPi | TB(0) | CM(0)

NAS、2台目

さらにバックアップするため、2台目を準備したいと考えました。

で、せっかく1台あるので、丸ごとコピーしたあと、設定変更できたら便利♪ですよね(^^)
試してみます。

1.SDカードのコピー
 RasPIのOSが入っているSDカード。OSはLinuxなので、winで読み書きできないファイルシステムなのですが、
 きちんとコピーできました。手順は、以下のHPを参考にしました。
 http://blog.o24.me/?p=305
 使用したソフトは、win32diskimager です。
2.ディスプレイ
 今回、なんとか7インチのタッチディスプレイを入手することが、できました。
 以下の製品です。
 https://www.switch-science.com/catalog/2459/
 以下の手順通りに接続し、sudo apt-get update; sudo apt-get upgrade することで、再起動後に表示されました。
 http://docs-asia.electrocomponents.com/webdocs/1446/0900766b81446707.pdf
3.設定変更
 コピーしたSDカードでRasPIを起動し、winから TeraTerm でログインし、以下の設定を変更します。
 ・IPアドレス
  sudo vi /etc/network/interfaces → xxx.xxx.xxx.124
 ・PCネーム
  sudo raspi-config
  Advanced Options > Hostname > raspiNAS

さて、と。
これで、終了かな?(・・)
[ 2016/01/06 07:24 ] RaspberryPi | TB(0) | CM(0)

wifiをコマンドから設定

危なかったです(・・)ホント
GUIのパネルからwifiの設定がうまくできなくなってしまって(><)
なんとか、今、設定できたところです(^^)ok

参考HPは、以下です。
http://takuya-1st.hatenablog.jp/entry/2015/05/17/155229
大変、助かりました(^^) ありがとうございます。

σ(・・)の行った手順は、以下でした。
1.SSID のスキャン
 sudo iwlist wlan0 scan
 これで、SSIDがスキャンできていることが、わかりました。
2. SSIDの設定
 sudo iwconfig wlan0 essid SSIDhoge key s:keyhoge
 SSIDhogeが、設定したいSSIDの名前、keyhogeがパスワードです。
3.wifiをONにする
 ifup wlan0
 σ(・・)は、UPになっていたので、関係なかったです。

で、確認するために、
$ ifconfig
とすると、ちゃんとwifiが認識されていました(^^)
[ 2015/12/07 07:38 ] RaspberryPi | TB(0) | CM(0)

Win7でリモートデスクトップ環境(2)

やっと、動作しました(^^)/

結論ですが、freerdpを削除して、xrdpをインストールしました(・・)
では、手順です♪

1.synaptic で freerdp を検索して削除。
2.xrdpのHPへアクセスして、ダウンロード
 http://www.xrdp.org/
3.以下のようにして、解凍、インストールしました。readme.txtとinstall.txtに記述してあります。
 $ tar xvzf xrdp*.tar.gz
 $ cd xrdp*
 $ ./bootstrap
 $ ./configure
 $ make
 $ sudo make install
4.xrdpを起動します。
 $ cd /etc/xrdp
 $ ./xrdp.sh start

あとは、winな環境から、リモートデスクトップでアクセスすればOKでした(^^)ok
[ 2015/12/03 12:23 ] コンピュータ一般 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

貴樹

Author:貴樹

最近、SolidWorksという便利なCAEツールが広がっています。 天気予報も数値予報が重要ですよね(^^)ok
コンピュータを利用したシミュレーション技術が重要になってきているのですが、理解するためのキホンを知るために、この場をお借りしたいと思ってます。
久しぶりに、CAEのキホンである有限要素法でプログラム作成してみようかなぁ(・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。